「きのう何食べた?」ついに登場ジルベール役磯村勇斗、実は「今日俺」&朝ドラの彼でした

「きのう何食べた?」ついに登場ジルベール役磯村勇斗、実は「今日俺」&朝ドラの彼でした

(画像:「きのう何食べた?」Instagramより)

 今夜、第6話が放送される『きのう何食べた?』。西島秀俊演じるシロさんこと筧史郎と、内野聖陽演じるケンジこと矢吹賢二の心温まる日常を食卓を通じて描いている本作。

 よしながふみの原作マンガのファンからも支持を得ており、今期ドラマの中でもトップクラスの注目作となっています。

◆ついに“ジルベール”登場!小日向さんの恋人役を演じる磯村勇斗って?

 そんな中、満を持しての登場となるのが、山本耕史演じる芸能プロダクションマネージャー・小日向大策の恋人である“ジルベール”こと、井上航。第3話ではシロさんの妄想の中で金髪の美少年として再現されていましたが、今度こそ本物の小日向さんにとっての“ジルベール”が初お目見えとなります。

 原作マンガでの“ジルベール”は、小柄な体型でシロさんやケンジより若いものの、無精ひげで人の良さそうなごく普通の青年です。その割に性格は小悪魔系で、帰りの遅くなった小日向さんを締め出したり、クリーニングに出したお気に入りの服をとりに小日向さんを早朝に店へと向かわせるなどなかなか傍若無人。発する言葉もなかなか辛辣です。

 この“ジルベール”を演じるのが、今人気急上昇中の若手イケメン俳優、磯村勇斗。

 原作の小日向さんと山本耕史がビジュアル的にはイメージが違うと囁かれていましたが、こちらはパーフェクトと言ってもいい再現っぷり! 童顔なのに無精ひげ、もっさりヘアスタイル、微妙なファッションセンス……すでに公開されている予告動画や先行カットの数々に「これぞまさに“ジルベール”!」と原作ファンも大納得で期待が高まっています。

 もちろん、演技面でも期待度は満点。何しろ磯村勇斗と言えば、若手でも随一の幅広い役柄をこなす俳優として高く評価されている存在なのです。今回は、過去に彼が演じた代表的な役柄とその演技力について紹介したいと思います。

◆朝ドラ『ひよっこ』でヒロインに恋するヒデ役で大人気

 彼の名を全国的に知らしめたのは、2017年に放送された連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)の「ヒデ」こと前田秀俊役ではないでしょうか。

 有村架純演じるヒロインの谷田部みね子の勤める洋食店「すずふり亭」の見習いコック。彼女に恋心を抱きながらも、仲間としてみね子を温かく見守り、時には恋の応援もする、劇的にイイ奴という役どころ。

 ドラマ終盤になると、押しが弱い奥手なヒデのじれったさにヤキモキしたり、それでも「頑張れ!」と祈らずにいられませんでした。

 ドラマ終了後、しばらく視聴者たちから「ヒデロス」の声が聞こえたことも頷(うなず)けます。

 また、料理シーンは全て吹替えなしで行ったそう。もともと調理場でのアルバイト経験はあったようですが、プロのシェフからの指導の元、手際をマスターした上で撮影に挑んだとか。努力が一面がうかがえますね。

◆『今日から俺は!!』でケンカが大好きな狂犬役

 しかし、その役1年後。磯村勇斗は今度はあの爽やかなヒデとは対極とも言える姿でお茶の間に登場します。

 2018年に放送された『今日から俺は!!』(日本テレビ系)。不良ドラマですから当然、磯村勇斗も不良役。

 しかも金髪オールバックに薄眉というかなりインパクト強めなビジュアルで、主人公の三橋たちと敵対する悪の巣窟・開久高校のNo.2相良猛を演じていました。

 相良は「ケンカは強くはないが卑怯」であり、ケンカが大好きな「狂犬」。しかし、リーダーシップのあるNo.1とは力の差が歴然としている役どころ。

 主人公を鉄パイプで後ろから殴りかかって大喜びしているシーンもありましたが、基本はドロップキックを喰らって気絶したり、ワンパンで速攻負けたり。残念なタイプの狂犬を見事に演じていましたね。

 爽やか純情ボーイの「ヒデ」と卑怯な不良の「相良」。これに加えて小悪魔ゲイの「“ジルベール”」が加わるとなると、磯村勇斗の演技の幅の広さが改めて実感できると思います。ぜひ、今夜から登場する磯村勇斗の“ジルベール”をお楽しみに!

<文/もちづき千代子>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

関連記事(外部サイト)