大学生との不倫が夫にバレた!「どっちとも別れられない」30代妻の本音

大学生との不倫が夫にバレた!「どっちとも別れられない」30代妻の本音

※画像はイメージです(以下、同じ)

夫と離婚する気はない。でも、不倫相手と関係を終わらせることもできない……。そんな葛藤を抱え続けている吉田みなみさん(仮名・34)は、長年に渡る不倫関係にどんな決着を付ければいいのか悩んでいます。

「夫の気持ちや彼の未来を考えたら、別れるのが一番いいと思う。でも、離れようとしても、気づけば、また彼と連絡を取りたい、会いたいって願ってしまいます」

◆マッチングアプリで大学生の彼と出会って

 4年前、みなみさんはマッチングアプリで20歳の大学生と知り合いました。当時、みなみさんは結婚したばかり。しかし、ドアの閉め方や洗濯物の干し方、食器の洗い方など、夫の些細な行動にストレスを感じていました。

「新婚生活って、もっと幸せなものだと思っていたけど、実際はこれまでの生活環境の違いでイライラすることばかり。だから、気分転換も兼ねて、マッチングアプリで他の人と話してみようかなって」

 大学生の彼は自分よりはるかに年下であるのに、考え方が大人。家庭の愚痴を聞いてくれ、「いつでも味方だ」と言ってくれました。そんな優しさに触れ、彼の人柄を知っていくうちに、みなみさんの中には恋心が芽生えます。けれど、「既婚者」という事実を噛みしめ、彼への気持ちを抑えていました。

◆「一度だけ」のつもりで彼とデート

 しかし、ある日、彼から電話で「会いたい」と言われたことで自制心が崩壊。一度会うだけ……と自分に言い聞かせ、待ち合わせの場所へ。若々しい見た目の彼を目にし、みなみさんは10歳差の重みを痛感しました。

「でも、彼は私に綺麗だ、隣を歩けるのが嬉しいと言ってくれました。夫がこれまでに一度も言ってくれなかった言葉をくれた。私、女だって思われてるって感じて、何とも言えない気持ちになりました」

 心を掴まれたみなみさんは、いけないと思いつつ、その後も何度か彼とデート。手すら握ってこず、「これ、喜ぶかと思って」と笑顔でプレゼントをくれる彼の誠実さと優しさを感じるたび、恋心はどんどん大きくなっていきました。

◆スマホを見られて夫に不倫がバレた!

 それから2年ほど経ったある日、予想外の出来事が。いつものように彼と駅で待ち合わせをしていると、目の前に夫が現れました。

「私の様子がおかしいと感じて、スマホを見たみたい。彼と鉢合わせてしまい、不倫していたことがバレました」

 3人は近くにあったカフェへ。彼が学生だったため、夫は慰謝料などの請求はせず、「今後一切、会わないと約束してほしい」とだけ求めたそう。彼はその場で深々と謝り、「もう二度と会わない」と約束。お互いの連絡先も、その場で削除しました。

「帰宅後、夫は私に『何か不満があったら言ってほしい。離婚する気はない』と言ってくれました。その寛大さに触れて、改めて、この人を裏切ったことの重さを実感しました。これを機に、ちゃんとした妻になろうって思いました」

◆マッチングアプリで彼と再び出会ってしまった

 しかし、それから半月ほど経った頃、些細なことで夫と喧嘩をしたみなみさんは再び彼と出会ったマッチングアプリを使用。もしかしたら彼とまた出会えるかもしれない、という淡い期待も抱いていました。

 画面をスクロールしていると、真夏だったにも関わらず、イルミネーションをアイコン設定している男性が。その写真は、2人で初めてイルミネーションを見に行ったときにみなみさんが撮影し、彼に送ったものに見えました。もしかして……と思い、男性のプロフィールを見てみると、「この光景を一緒に見た人にまた出会えますように」との言葉があったのです。

「それを見たら、もうダメでした。すぐに連絡を取り、また元の関係に戻ってしまったんです」

 それからも何度か彼と離れようとはしてみたものの、結局、決別することはできず……。

「テレビで芸能人の不倫謝罪会見を目にするたび、こんな関係はやっぱりいけないと感じて別れを切り出したこともありましたが、彼から嫌だと言われたり、連絡が来たりすると、やっぱり離れられない」

 しかし、自分と付き合う先に幸せはないと分かっているからこそ、彼のためにもきっぱり別れるべきだとも感じています。

「正直、夫にはもう恋愛感情はありませんが、経済力があり、一緒に暮らしていくパートナーとしては最高なので、離婚する気はありません。それでもいいと彼は言いますが、彼が幸せになるには独身の子を見つけたほうがいいし……とも思います」

 もしかしたら、私はどちらのことも都合よく使っているだけなのかもしれない――。そう語るみなみさんが曖昧な関係にピリオドを打てる日は、まだまだ遠そうです。

<取材・文/古川諭香>

【古川諭香】

愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291

関連記事(外部サイト)