スカーフ、大きめピアス…小物ひとつでおしゃれ認定されるコツ

スカーフ、大きめピアス…小物ひとつでおしゃれ認定されるコツ

スカーフ、大きめピアス…小物ひとつでおしゃれ認定されるコツの画像

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。普段のコーディネイトを格上げしてくれる存在の小物。みなさんは日頃から小物アイテムを取り入れていますか?

 実は組み合わせが難しく感じることもあってか定番のネックレスをつけるだけ……といったシンプル派の方が多いとのこと。確かにどの服装にどの小物を合わせれば良いのか、洋服の着こなしバランスだけでも大変なのに小物のことまで考えられませんよね。でも、だからこそおしゃれな小物使いをしている人は注目の的にもなるんです。

 そこで今回は、誰でも簡単におしゃれさん認定される小物コーディネイトのコツをご紹介します。

◆本当に重宝するビッグピアスorイヤリング

 昨今、大ぶりなアクセサリーが主流となっています。みなさんも街中のショップでデザイン性の高いアクセサリーを目にしたことがあるのではないでしょうか。そんな時「こんな主張の強いアクセ、どうやってつければいいの?」と敬遠してしまう人こそ、ぜひ大ぶりのアクセサリーに挑戦してみていただきたいです。

 大ぶりのアクセサリーは確かに主張が強く個性的ですが、そのぶん全体のファッションコーディネイトをオシャレに見せてくれる効果を持っています。例えば、シンプルなTシャツにGパンのスタイル。普通に着ているだけだと、近所に出かける手抜きファッションに見られますがそこにデザイン性の高いピアス・イヤリングをONするだけでシンプルなカジュアルファッションに見られるのです。

 普段のお洋服が定番アイテムばかりでコーデがマンネリ化している人ほど、大ぶりなアクセサリーを取り入れて。

◆スカーフはネックかバッグが主流

 数年前からスカーフを使ったアレンジコーデが流行して今やスカーフコーデは定番化していますね。一時期はペイズリー柄のバンダナがブームとなっていましたが、そのブーム自体はすでに落ち着き、現在は再びシルクスカーフの人気が浮上しています。

 また、ヘアアレンジやベルトアレンジ、ブレスレット代わりと変化球の楽しみ方もあるいっぽうでやはり強く支持されている取り入れ方は、首まわりもしくはバッグチャームとしてのアレンジです。

 より今っぽいアレンジのポイントは細めのスカーフで首にフィットさせるように巻くスタイル。とくにチョーカー巻きもしくは、ねじり巻きは首にボリュームが出すぎないのでシンプルかつ華やかさ表現することができます。スカーフを首に巻くことに抵抗がありがちな首短めさんは、大きめのシルクスカーフをバッグの取手につけて全身スタイルにオシャレ感をプラスさせましょう。

◆全身鏡で小物のバランスをチェック

 小物コーディネイトのバランスは、全身鏡を使ってチェックすると良いでしょう。バランスが良くまとまりやすいのは、耳〜首元に1点、手元に1点、腰まわりもしくは足元に1点と離れた部位に小物が配分されていることです。

 例えば、ヘアアクセ・ピアス・ネックレスを中心にゴテゴテとコーディネイトをすると顔まわりがちょっとうるさい印象になってしまい、アンバランスさが生じます。

 大きめのピアスをしたら、ネックレスはしない。その代わりブレスレットはつけるなど、トゥーマッチになり過ぎないよう足し算・引き算を考慮してコーディネイトをしましょう。難しく感じるかと思いますが、全身鏡でバランスをチェックしながらコーディネイトすると失敗が少なくなるのでぜひ、鏡を見ながら小物の付け足しバランスを考えてみてくださいね。

<文&イラスト/角 侑子>

【角 侑子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

関連記事(外部サイト)