V6坂本昌行、「女性は可愛い」というセリフにファン卒倒

V6坂本昌行、「女性は可愛い」というセリフにファン卒倒

V6坂本昌行、「女性は可愛い」というセリフにファン卒倒の画像

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 先日、坂本昌行さんのソロコンサートを観てきました。Bunkamuraオーチャードホールの大舞台。フルオーケストラを背負って歌い、「女性というのはなんて可愛く、なんて素敵で、ときにわがままなんでしょう? つかみどころのないところも、女性がチャーミングな理由のひとつだと思います」と語った坂本さん。

 そのまなざしは大人の慈愛と包容力に満ち、うっとりして倒れてしまいそうでした。ファンのみなさんもおだやかで、彼に愛されるにふさわしいレディの振る舞い。この域に達する女性にファンを磨き上げられる人は、そうそういないのではないでしょうか。

 そんな折。「鑑賞マナーを守らない人を注意したら、“こわい”と言われてしまった」というご相談をいただきました。特に、相手が慣れていない場合は、「見逃してあげなよ」と言う人もいると。

◆マナー違反者には、優しく声をかけてあげよう

 客席で前のめりになる、うちわを高く上げる、おしゃべりをするなどは、本人が“マナー違反だと知らない”ケースも多々あります。だとしても、あなたやまわりの人がグッとがまんする必要はないと思います。ただ優しく声をかければいいだけのこと。

 私もよく「お背中、背もたれにつけていただけますか?」「見えないので、うちわは胸の前でお願いします」というように声がけします。大抵の方は「あ、そうなんだ!」と対応してくれますし、おそらく次からは同じことをしないように思います。

 これがもし、「見えないんですけど!!」とケンカごしだったり、「これだから新規は」とあざけって仲間と顔を見合わせたりしたら、先方もこわいだろうし素直に聞けないかもしれません。

 タチの悪そうなルール違反者はスタッフに注意を頼んだほうがいいですが、そうでなければ普通に話せばいいのでは。

◆自担を30年後も輝ける男にするために…

 そうやって客席の雰囲気がよくなれば、アーティストの活躍の場も広がっていくのだと思います。自担に、「客席の平和はまかせて!思い切り歌ってください!」と言えるようになるといいですね。

 カッコいい男子が女子にキャーキャー言われるのはたやすいこと。けれど、彼が女性をもてなせる男に成長するとは限りません。坂本さんは47歳ですから、今、十代のジャニからしたら、30年くらい先輩です。

 自担を30年後も輝ける男にできるかは、本人の志、そしてファンの心意気にかかっているのではないでしょうか。

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

関連記事(外部サイト)