脇毛を剃り忘れた…。貸切温泉でピンチの彼女に、彼氏がかけた言葉とは

脇毛を剃り忘れた…。貸切温泉でピンチの彼女に、彼氏がかけた言葉とは

脇毛を剃り忘れた…。貸切温泉でピンチの彼女に、彼氏がかけた言葉とはの画像

 ファッションやメイクで失敗した黒歴史は誰でも持っているもの。でも、もし失敗が、恋人との初旅行で起きてしまったら――。

 そんな黒歴史を話してくれたのはA美さん(27歳)。付き合って半年の彼氏から泊まりがけの旅行に誘われ、その日を楽しみにしていたそうです。行先は海。昼間は水着で泳ぎ、夜は旅館で2人きりという計画を立てていました。

「久しぶりに出来た彼氏だったので、何をするにも新鮮でした。特に彼氏との旅行は実は一度も経験したことが無かったので本当にドキドキ。その日から肌のお手入れも毎日欠かさず、一週間前からは高いパックも惜しまず使っていました」

◆下半身のムダ毛を処理して、準備バッチリと思ったら…

 そしてA美さんは、以前から少し気になっていた下半身のムダ毛の処理も思い立ちました。とはいえ、自分で剃るのは不器用なので避けたい。永久脱毛をするほどお金は無い……。そこで辿り着いたのは「ブラジリアンワックス」でした。ブラジリアンワックスとは、ワックス脱毛のこと。A美さんは専用のサロンでV.I.Oラインのムダ毛を抜いてもらうことにしたのです。

「痛いと聞いていたのですが、実際にやってみると悶絶するほどではなく、仕上がりもスベスベツルツルで大満足。旅行の出発を3日後に控え、ずっとワクワクしていました」

 ところが、運の悪いことでA美さんはその翌日から風邪をひいてしまいました。高熱が出てすっかり寝込んでしまい、よもや旅行もキャンセルかと思われました。しかし、どうしても行きたかったA美さんは気力で何とか復活。予定通りに彼氏と初旅行に出かけることになったのです。

「でも私の体調を考慮して海に行くのは中止になりました。その代わり、早めに旅館にチェックインして2人でゆっくりイチャイチャしよう、と」

 ドライブをしながら目的の旅館に向かい、広めのオーシャンビューの部屋に大喜びだったA美さん。貸切家族風呂もあると聞き、さらにテンションは上がります。ちょうど貸切風呂の予約が空いていたので、海の幸たっぷりの夕食を前に2人でお風呂に入ることに。しかし、そこで事件は起こりました。

◆脇毛を剃り忘れた!

「脱衣所で私、ようやく気が付いたんです。風邪で寝込んでたせいですっかり忘れてたんですけど、脇の毛を剃ってなかったんですよ! 出発の朝に剃るつもりで、けっこう放置した状態で、かなりのボーボー具合でした」

 A美さん、顔面蒼白。しかしそんなことには全く気づかず、既にムードを作ってくる彼氏。マゴマゴしているA美さんに「恥ずかしいの? 脱ぐの手伝おうか?」なんて甘い声で囁いてくる始末です。

「もう、やめてくれー!! っていうのが私の正直な心情ですよね。結局、下半身はツルツルなのに、脇はモジャモジャという情けない姿を彼氏に晒す羽目になってしまいました」

◆爆笑&優しい言葉

 その時の彼の反応はというと……なんと、爆笑。でもそれは小馬鹿にするような笑いではなく、とても大らかに彼女の乙女心を受け止めてくれるようなリアクションだったそうです。

 「『まず、そうやってキレイにしようって思ってくれたことが可愛いし、自分のうっかりを恥ずかしがってるのも可愛い。全然問題ない』って言ってくれました。お陰でその後は終始ラブラブ。もちろん、今も付き合いは続いていて秋には結婚する予定です」

 A美さんの失敗は、2人の仲を急速に深めてくれた模様です。幸せいっぱいといった表情のA美さん。でも、これは黒歴史とは言えないのでは…?

「確かに今となっては笑い話なんですけど。彼から何かにつけて、この話を蒸し返されるので、私の中では黒歴史なんです(笑)」

―ファッション・メイク“黒歴史”エピソード―

<文/もちづき千代子 イラスト/やましたともこ>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

関連記事(外部サイト)