不倫相手のSNSに信じられない投稿が…「トイレで吐きました」

不倫相手のSNSに信じられない投稿が…「トイレで吐きました」

不倫相手のSNSに信じられない投稿が…「トイレで吐きました」の画像

 既婚者との不倫に溺れていた女性が別れを決断する理由は様々ですが、彼の誕生日がきっかけで別れたという女性がいます。都内でOLをしている奥原泉さん(仮名・30歳)。不倫に走ってしまった理由は、両親の不仲が原因だったかもしれないといいます。

◆結婚願望はなし、不倫を謳歌

「うちは父親が寡黙な人で、母親との会話がほとんどない家庭で育ちました。今でも実家に帰ると父が話すのは『飯』か『お茶』ぐらい。そんな両親を見ていたので、結婚にまったく興味が湧かなかったんです。20代後半になってまわりが結婚したり婚活を始めたときも、なんでそんなに結婚がしたいのだろう? と不思議で仕方なかったですね」

 高身長で美人な顔立ちの泉さん。そのせいか、昔から年上の男性にモテたといいます。

「不倫は20代の頃からしていました。というより、既婚者の男性以外の人と付き合ったことがほとんどないんです。友達はみんな同世代の男性と付き合っていましたが、同世代なんてお金もないしデートでも割り勘だしつまらないんですよね。

 不倫だったら全部おごってもらえるし、たまにワガママ言えば海外旅行とかにも連れていってくれる。それに今まで付き合った人は、私に夢中で家庭には最低限の生活費だけ入れて、私に貢いでくるような人ばかりでしたね」

 そんな泉さんが、ある男性と出会ったのは今から1年前のことでした。

◆出会いは異業種交流会

「その彼とは異業種交流会で出会いました。異業種交流会って意外と出会いを求めている人が多くて、男性は経営者などのお金持ちがよく来るんですよ。不倫相手を探したい人にはピッタリですね(笑)。彼はコンサル会社の代表をしていて年齢は41歳。

 すぐに誘われて、何度かデートをしたあとに『実は結婚しているんだ』と打ち明けられました。私からすればそっちのほうが都合良かったので特に気にしてませんでしたね。で、彼の口癖は『嫁とは不仲ですぐにでも離婚したい』。まぁ不倫する男の常套句なので、そのときは軽く聞き流していたんです」

 初めは、いつものように割り切った交際をしていたという泉さん。だが、泉さんのほうから彼にのめりこんでしまったのです。

◆彼のSNSを監視する日々

「今までの不倫相手は私を追いかけてくる人が多かったんですが、彼は付き合いだした瞬間、全然マメじゃなくなったんですよ。釣った魚に餌をやらないというか……向こうから『会いたい』とか絶対に言ってこないし、基本仕事が忙しいのか私から誘ってもスルーされることもしばしば。そんな人初めてだったので、気づいたら私のほうがドップリハマってしまっていたんです」

 それまで恋愛にのめりこんだことがなかったという泉さんですが、友達に相談することもできず一切まわりが見えていなかったといいます。

「彼と少し連絡が取れないだけで『他の女と遊んでいるんじゃ』と疑うようになったんです。彼のSNSを探しては、しょっちゅう監視するようになっていました。そんなときに彼の友達リストの中から、彼の奥さんのアカウントを発見してしまったんです。載っているのは子供ばかりで彼のことは一切出ていなかったので、それを見て本当に仲悪いんだと安心していました」

◆仲睦まじい家族写真を見てしまい…

 すっかりハマってしまった泉さんは、ことある毎に彼をSNSでストーキングしていたそうです。しかし、別れは突然やってきました。

「彼から直接聞いたわけではないんですが、SNSで誕生日をチェックしていたんです。そこでさりげなく、誕生日にデートに誘ってみることにしたんです。当然、私に祝ってほしいと思うなら誘いに乗ってくるはずじゃないですか。彼は普段から仕事といって私と外泊もしていましたし。でも誕生日の当日、デートどころか彼とまったく連絡が取れなかったんです」

 それでもいつ連絡が来ても良いように、サプライズで予約した高級ホテルに1人で泊まったという泉さん。そして彼のSNSをチェックしているとき、信じられないものを見つけたといいます。

「投稿に彼をタグ付けした写真が載っていたんです。そこには『パパ、ハッピーバースデー!』と書かれていて、投稿元は彼の奥さんでした。写真には仲睦まじそうな家族写真が写っていました。私には『嫁と別れたら結婚しよう』と言っていたのに……。

 今まで私が信じていなかった、幸せそうな家族像。しかもそこに写っているのは生まれて初めて好きになった人。色んな思いが巡って、その瞬間、急に気持ちが悪くなって気づいたらトイレで吐いたんです」

◆結婚に前向きになれた

 それを機に彼と別れた泉さん。今ではきっぱりと不倫はやめたといいます。

「彼は最後まで追いかけてきませんでした。それでますます、私とは遊びだったんだなと思い知らされましたね。でも彼の家族写真を見て、もしかしたら私の両親にも夫婦の絆があったんじゃないかなと思うようになったんです。今は婚活とまでは行きませんが、少しだけ結婚に前向きになれたような気がするんですよね」

 夫婦の形は本人達にしか分からないもの。大分遠回りをしてしまった泉さんですが、これからは良いパートナーと巡り合えることを願います。

―私が不倫をやめられたワケ―

<文/結城>

【結城】

男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

関連記事(外部サイト)