能町みね子&サムソン高橋が語る<磯野貴理子は意外と策士?/10歳の不登校YouTuberに乗っかる茂木健一郎って…>

能町みね子&サムソン高橋が語る<磯野貴理子は意外と策士?/10歳の不登校YouTuberに乗っかる茂木健一郎って…>

左から、サムソン高橋さんと能町みね子さん

 契約結婚を前提に夫婦(仮)として一緒に生活している、コラムニストでありイラストレーターの能町みね子さんと、ゲイライターのサムソン高橋さん。

 社会に対して鋭い観察眼を持つおふたりに、ここ最近世間を騒がせている様々なニュースや出来事についての見解を自由にトークしてもらう、当対談。まずはこの話題から――。

◆磯野貴理子は離婚で意外とさっぱりしてるんじゃないか説

 磯野貴理子が、フジテレビ系レギュラー番組『はやく起きた朝は…』で、24歳年下のバーテンダーの夫と離婚したことを発表。

 離婚に至った経緯について、磯野は「理由聞きたいじゃない。待ってたら『自分の子供が欲しいんだ』って言われて。『そうだよね、うんうんうん、分かった分かった』って。『自然なことだよ、当たり前じゃないの』って言って、別々の道を歩くことになって、そういう報告です」と話しました。

能町:私もいろいろ、この夫のこと調べましたけども……。

サムソン:旦那、一般人なの?

能町:バーテンダーで、貴理子さんがお金を出してバーをオープンしたんですよね。貴理子さんは脳梗塞になったときに発見してくれた命の恩人って言ってるんですけど、入院してる間に飲みの席で女の子を口説いていて、それを注意した別の女の子のことを殴って重傷を負わせているというすごい経歴の……。内々に済んでたはずが後でばれて、女性セブンに書かれてました。

サムソン:エピソード聞くとクズね。

能町:ただ、いろいろ考えた結果、貴理子側もある程度策士なんじゃないかという気がしてて。あの番組であんなことを言ったら、旦那が100%悪になるじゃないですか。旦那に弁解する機会はないので、良い復讐になるよね。

サムソン:松居直美を利用して!

能町:松居直美さんは本当にいい人だと思うよ。松居さんのブログを見たけど、毎日本当に犬のことしか書いてない(笑)。

サムソン:松居直美が悪人だったらちょっと世の中信じられないもんね。

能町:茨城出身だし。

サムソン:みね子は北海道出身の茨城育ちだもんね。

能町:私は茨城のことを馬鹿にしますけど、他の人が馬鹿にするのは許しません(笑)。松居さんは、貴理子さんの話を聞いてすぐ泣いたんだよね。

サムソン:いい人だからね。

能町:「私離婚したのよ」って言ったその2ターンぐらい後にもう顔を覆って号泣。あの流れ、いいんですよ。本当に貴理ちゃんのことを考えてるいい友達なんだなって。

サムソン:だから昔から結婚を反対してたのに〜って?

能町:あの時ちゃんと言っておけばよかった…とか思ってたかもしれない。でも、貴理子さんはもうちょっとしたたかだから、意外とさっぱりしてるんじゃないか……という説です、私は。

◆貴理子は一筋縄じゃ行かない!?

――1回目の離婚のとき『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で発表しています。今回『行列』ではなく『はやく起きた朝は…』での発表を選んだのも変にイジられたくなかったのかもしれません。

能町:『はやく起きた朝は…』で発表した方が、旦那が「絶対悪」になるし。旦那のバーのインスタのコメント欄が大荒れになっちゃって、インスタ閉めたんだよ。

サムソン:あら(笑)。Twitterで知ったんだけど、貴理子が飲食店で、注文が遅れたか何かで飲み物が来るのが遅れて、店員が運んできた飲み物を奪い取ったら、貴理子の服にびしゃってかかっちゃって、その従業員を問い詰めて土下座&辞職まで追い詰めたっていう……。

能町:本当なの(笑)?

サムソン:Twitter情報だからわからないんだけど、貴理子は一筋縄じゃ行かないとは思ってる。

能町:そういう適当なこと言うと訴えられるかもしれませんよ(笑)。

サムソン:あくまでTwitterで書かれてることだから! 離婚の理由は旦那が子供がほしいからなんでしょ。

能町:でも、本当かどうかは本人たち以外は分からないよね。

サムソン:そんな理由を公表したら、世論は貴理子の味方をするしかなくなっちゃうよね。したたかな女(笑)。元々アイドルのチャイルズだしね。

能町:そこは別に(笑)。

サムソン:まあ、芸能界であの位置で何十年もやってるんだからそりゃ策士ですよ。恐ろしい女! 磯野貴理子!

能町:私はそこまで言わないですよ(笑)。

サムソン:恐ろしい! 関わりたくない!

◆10歳不登校ユーチュ―バーの父ちゃんに既視感のあるキャラ要素が

 自由を求めて学校に通わない選択をした、10歳のユーチュ―バー「少年革命家 ゆたぼん」。いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信していると『琉球新報』に取り上げられ、一躍有名になりました。

 しかし、彼が不登校を決意した理由のひとつが「宿題をやりたくないから」で、「ただのわがままでは?」「義務教育なのに行かなくていいのか」との声が殺到し、炎上。

 心理カウンセラーという肩書で自己啓発本を出している、ゆたぼんの父親にも世間の関心が寄せられるようになり、その家庭環境や教育方針に対して賛否の意見が飛び交い物議を醸しました。

能町:ゆたぼんの父ちゃんが、ビッグダディと絵本作家のぶみと亀田父(亀田史郎)あたりを混ぜて100倍薄めたような人なんですよ。

サムソン:あ〜強力だね! 3人ともこれ以上いるの? ってくらいのキャラじゃない。

能町:まあ、別に父ちゃん自体はそんなに前に出てこなくて、あくまでも子供を出してるだけなんだけど……。そもそも大阪の人なのに、縁のない沖縄に一家で移住してる時点でちょっとビッグダディ感あるよね。子供が5人いるところも。確か、中卒だっけ?

サムソン:ファッション中卒じゃなくて?

能町:そうかも。東大を名乗って、東大じゃないことがバレたから中卒だって告白したけど、本当は文京学院大学だって言われているあの人(経歴詐称で話題になった起業家の塚本廉)の血も混じってる感じがする。

サムソン:いろんな要素入ってる!

能町:奥さんも奥さんで、パソコンの調子が悪くなったとかで、iMac がほしいけどお金がないので、クラウドファウンディングで募集しますって言ってて(笑)。

サムソン:それぐらいの心の図太さ欲しいよね。

能町:長女もユーチューバーなんですよね。

――フリーハグをしたり、ヒッチハイクで活動していて、最近はあまり更新していないみたいですね。

◆10歳にして尾崎豊を歌うのはお父ちゃんの英才教育

サムソン:ゆたぼんはユーチューバーとして儲かってるの?

能町:儲かってるどうか分からないけど。ゆたぼんって、不登校の理由が、いじめとかじゃなくて、宿題をやりたくないからでしょ?

サムソン:そうなの?

――琉球新報によると、宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意したそうです。

能町:しかも琉球新報は、ゆたぼん側しか取材していなくて、学校側の話は聞いてないんですよ。私、別のユーチューバー(へずまりゅう)が琉球新報に電凸して「あの記事ってどういう風にできたんですか」って聞くという動画を観たんですけど、本人からの売り込みだったみたいです。さらに「これで不登校の子供が励まされたっていう連絡が来ましたか?」って質問したら「今のところ1件もない」って(笑)。

サムソン:そのユーチューバーいいセンスしてるわ〜。YouTubeでも、そういうジャーナル的なのあるんだね。

能町:そう。ゆたぼんって、学校に行かないでいろんなことしたい、ロボットにはなりたくないとか言ってるけど完全にお父ちゃんのロボットになってるんだよね。お父ちゃんの英才教育を受けてるから、10歳にして尾崎豊を歌うし(笑)。 

サムソン:あら〜いいわねえ。

能町:ユーチューバーとしては、関西弁でまくしたてる生意気なガキ、みたいな感じでけっこうサマにはなってるんですけど、内容が「今いじめられてる子に、俺は言いたい!」みたいな感じで……。

サムソン:10歳というより、頭の悪い20歳みたいな。

能町:「死んだらあかん! 生きてるだけで丸儲けや!」とか、全部輸入された言葉で(笑)。しかも、お父さんが輸入してきたものをさらに直輸入してるから、“生きてるだけで丸儲け”って言葉がたぶん明石家さんまさんの言葉だと知らずに使ってる。 

サムソン:なかなかすごい10歳ね。定点観測したい。

◆10歳YouTuberに乗っかる茂木健一郎って…

能町:しかも、茂木健一郎さんが ここに乗っかっちゃって、家族に会ってみればわかることもある、なんて言い出して。あの人もピュアだから……(笑)。

サムソン:税金を払い忘れた(2009年に東京国税局から約4億円の所得申告漏れを指摘)のもピュアだからでしょう。

能町:ピュアだから税金ってものを知らなかったのかもしれない。ゆたぼんは、今後学校にいかずにどうするのかな。

サムソン: 5年後、10年後にちょっと 思い出してまた検索してみたいですけどね 。

能町:落合さんの息子の福嗣くんみたいに、まともになってるかもしんない。

サムソン:『カメラを止めるな!』の監督とかね。

――上田慎一郎監督は10年以上前、ミクシイの岡本太郎コミュニティーで「自分、岡本太郎超えます」みたいな痛い書き込みを連発して、ヒッチハイク中の自身の写真をアップしていたみたいですね。

サムソン:やっぱりグレるんだったら早めにグレといた方がいいのよ。

能町:ゆたぼんも、お父さんにやらされたんだってことを後々に語れるようになったらいいですね。今井メロだって、あのラップは人にやらされたって言ってるし。……彼女は絶対自分でやったんだと思うけど。

サムソン:10歳ですからね。40年とか50年生きてる人にボロクソに言われることはないよ、まだ。

能町:そう、10歳の子には罪はない。父ちゃんがダメなだけで。

サムソン:あと、茂木が10歳児なだけでね。

※後編は近日公開予定

<文/満知缶子 写真/山田耕司>

【満知缶子】

ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。

関連記事(外部サイト)