オシャカワな「雨の日用シューズ」4選。パッと見ふつうの靴なのに…

オシャカワな「雨の日用シューズ」4選。パッと見ふつうの靴なのに…

(画像:FAXU PAS PARIS公式Instagramより)

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。今年もとうとうやってきました、梅雨の時期。雨に濡れることを考えるとお気に入りの靴を履く機会も少なくなりますが、だからこそ可愛いレインシューズを手に入れたいと思うものです。

 昨今では、バリエーション豊かなオシャレレインシューズがかなり多く販売されています。そこで今回は、オススメのレインシューズブランドをご紹介いたします。

◆FAXU PAS PARIS (フォーパパリ)

 フランス発のファッションブランド、フォーパパリは雨の日でも使えるPVC素材のフラットシューズや撥水加工のあるワンピースを展開している、実用性とオシャレさを兼ね備えた人気ブランドです。絶妙な色合いが可愛いフレンチシックなカラーリングと、シューズアクセのカスタマイズができるところが魅力的ですでに日本でも多くの固定ファンがいます。

 個人的に非常に使いやすく、品のあるデザインとしてオススメしているのがHUGO(ヒューゴ)です。ヒールにはミラー加工されています。つま先はエッジの効いたポインテッドトゥなので足のラインがとても美しく見えます。シューズアクセサリーのJAM(ジャム)はNINE JAMにすると通勤服にもマッチするので良いですね。

 カラーはLatte、Black、Light Blueの3色があります。ここはあえてホワイトを選んでみるのはいかがでしょう。梅雨の時期に白い靴なんて、誰も挑戦しないものです。だからこそ、雨の日に制限なくオシャレを楽しんでいる姿を見せつけて。ラバーシューズだから汚れも落ちやすく通常の白い靴よりもお手入れしやすいはずですよ!

◆HUNTER(ハンター)

 レインブーツの王道的存在といえばまさにハンター。1856年にイギリスで誕生した老舗中の老舗ブランドですね。ただ見た目がオシャレというだけではなく、防水性の高さと履きやすさに定評があるため、世界中でもっとも愛されているレインブーツと言っても過言ではないでしょう。

 そんなハンターから今季オススメするレインブーツは、シャドープリントのチェルシーブーツ(足首丈レインブーツ)爽やかなミントとパステルピンクのカラーリングが雨の日を楽しませてくれますね!

 このようなカラフルなレインブーツを取り入れるさいは、ブーツの色をメインに見せたいのでお洋服は落ち着いたダークネイビーやブラックのワンピースなどでシックにまとめたり、真っ白なシャツワンピースでシンプルにまとめたりすることで上手な着こなしに仕上がるでしょう。

 アンクルブーツなので、抜け感を出すためにもボトムの丈は膝丈か膝より少し隠れる程度の丈感がベスト。

◆ORiental Traffic(オリエンタルトラフィック)

 手頃な価格帯、豊富なサイズ展開、トレンド性の高いデザインが豊富なオリエンタルトラフィックは年代問わず女性に人気の高いシューズブランド。定番のレインブーツも多く取り揃えていますが、レインブーツやレインシューズっぽさが出てしまうのが苦手……という方には、レースアップタイプのレインシューズがおすすめです。

 メンズライクなフォルムなので、キレイめのセンタープレスパンツやワイドパンツ、ロングスカートなどとの相性も良いですね。小雨の日や雨が降りそうだけど、レインブーツを履くほどでもないといった微妙な天候の日には、晴雨兼用できるラバーシューズがあるととても便利です。

◆mayla classic(マイラクラシック)

「出会った瞬間、体温が2℃上がる靴」というなんとも洒落たブランドコンセプトを持つマイラクラシック。フェミニンなデザイン展開が豊富で主に20代の女性に人気の高いシューズブランドです。若い世代の支持が中心とはいえ、安っぽい印象はなく、大人の女性にもオススメできるアイテムがかなり多いですね。

 とくに「ラ フォルテ」というレインシューズは、従来のレインシューズデザインとは一線を画す美しさ。甲浅に作られているため、履くと指の付け根がチラリと見えて色っぽいです。複雑に変形されたリボンデザインも大人的でキレイめコーデがお好きな方に最適なアイテムと言えそう。

◆雨の日だから楽しい足元コーデを

「雨だから靴が濡れてオシャレができない」という考えはもはやもう無くなりつつあります。それだけ、レインシューズデザインのバリエーションが豊富になってきていて、むしろ雨の日に喜んで履きたくなるようなアイテムが揃っているというなんとも良い時代になりました。

 とくに白い靴ってオシャレ好きからしたら積極的に取り入れたいところなのですが、汚れを気にして通常の靴だとイマイチ手が伸びにくいもの。レインシューズであれば洗いやすいので汚れを気にせず履けるという利点があります。

 捉え方一つで憂鬱な梅雨もオシャレを楽しむことができるので、ぜひお気に入りの一足を見つけて梅雨もオシャレを楽しんでくださいね。

<文/角 侑子>

【角 侑子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

関連記事(外部サイト)