給料は「全額引き出し→袋分け」。お金が勝手に貯まる家計管理術

給料は「全額引き出し→袋分け」。お金が勝手に貯まる家計管理術

お金は項目ごとに袋分けしている ※ののこさんInstagramより

「特に何かを買っているわけでもないのに、毎月お金が残らない」「いつも家事に追われている」そんな悩みを抱える女性は多いでしょう。子育て世代なら、さらに将来の学費も心配になってくるもの。

 できるだけ苦労せずに「貯金」して「家事をラク」にすることってできないの? そんな夢のようなワザを編み出したのが、『スッキリ家事でお金を貯める!』の著者であり、人気節約インスタグラマーの「ののこ」さん。お手軽な生活改善テクが反響を呼び、Instagramのフォロワー数は30万人を突破(2020年12月現在)。

 そんなののこさんに、第一回「掃除篇」、第二回「料理篇」に続き、節約&貯金のコツを教えてもらいました!

◆夫の借金発覚から、節約生活へ突入!

――ののこさんが節約に目覚めたきっかけは何だったのでしょう?

ののこさん(以下、ののこ):私も今の夫も、もともと貯金のできない浪費家で、結婚当初はお互いに月々のお給料から“このくらいかな?”って額の生活費を入れている程度の金銭感覚でした。お互いに相手の年収も知らなくて、まぁそこそこは稼いでるでしょと思っていたのですが、私が第二子の出産のために美容師の仕事をやめたタイミングで、夫の300万円の借金が発覚。そこから否応なしに節約生活が始まりました。

――マイナスからの貯金スタートだったのですね。節約のためにまず何から手をつけましたか?

ののこ:夫の借金は、恥ずかしながら義両親に一旦肩代わりしてもらって、毎月返済しています。そして、家計管理のためにまずやったのは、1か月の収支を知ること。そこから支出を減らして貯金に当てる、という寸法です。

 当時は何にいくら使っているかを把握していなくて、給料前はとにかくお財布にお金がありませんでした。いざ収支をつけてみると、毎月4〜5万円の赤字。子供2人分の児童手当を合わせてギリギリで生活している感じでした。

――まず無意識の無駄使いに気付くことが先決なんですね。

ののこ:はい。当初はどうやって節約すればいいのかわからなかったので、まずSNSで節約や家計管理系の投稿をしている人をフォローして真似しはじめました。見直すと効果が大きいのは、固定費です。固定費は毎月支払うので、一度減らすと年間でけっこうな額が浮きます。

 それと、毎月の使用額の大きいものは1年間で換算してみてください。例えば、我が家の場合は、夫のゲーム課金がひどかった。夫は毎月スマホ代を7〜8万払うのがフツウだと思ってたようなのですが、「1年で100万円近く使ってるんだよ。毎月我慢したら軽自動車だって買えちゃうよ」と言ったところ、だんだんと自分の無駄遣いを自覚してもらえました。

――確かに、お金を使うときはちょっとした出費だと思っていても、年間で計算すると高額になりますね。コンビニ菓子を平日に毎日300円分買っていたら1年間で7万円ほど、服を毎月2万円分買ったら1年間で24万円です。

◆お金は使う項目ごとに袋に分けて管理する

――無駄遣いを確認したら、具体的にどのように節約していけばいいのでしょう?

ののこ:1か月のお給料を全額引き出して、使う項目ごとに予算を振り分けて、袋に入れて管理します。各項目の残高を可視化することで、使いすぎを防ぐんです。予算を振り分けるときに、一部は「先取り貯金」してしまいます。

 お金をまとめて持っていると使いすぎに気付けないし、毎日レシートをチェックして家計簿をつけるのはズボラな私には無理だと思った結果、このやり方に落ち着きました。今は、1か月12万円ほど貯金に当てられるようになりました。

――う〜ん、その貯金額は大きい! 袋に入ってる金額だけを使うんですね。ちなみに、どんな袋に入れていますか?

ののこ:無印良品のリフィールクリアポケットに「食費」「日用品費」などのシールを貼っています。それを同じく無印良品のパスポートケースにセットして、通帳やカードも入れて買い物に行きます。特に食費は残高計算が面倒なので、1週間分ごとにさらに袋分けしてあります。そして、1か月の終わりにそれぞれの袋に残っている金額を家計簿につけて収支を把握します。

――すごくシステマチックに管理されていますね! 現金を袋分けするために、自分に適正な金額分担はどうやって編み出せばいいでしょうか?

ののこ:最初からあまり高い目標を立てずに、各項目で今使っている金額より少しずつ減らしていくのがいいです。我が家も今は外食費0円ですが、節約を始めた当初は外食費の項目を用意していました。皆さんにも趣味の出費があると思うので、そういうものに関しては、少しずつ減らしていくと無理なく節約できると思います。

◆クレカで使ったお金も“とことん可視化”

――そういえば、カード派はどうやって袋分けすればいいのでしょう?

ののこ:カードはポイントが貯まるので私も活用しています。最近の支払いは半分くらいカードです。先ほどのパスポートケースにカード用の袋を用意しておいて、カードで支払った分のお金はすぐにそちらに移動しておいて、時間のある時にまとめて引き落とし口座に移動させます。

――カードで支払ったお金もとことん可視化することが、無駄使いを防ぐコツなんですね。

ののこ:カードは1枚にまとめるとポイントを貯めやすいです。我が家は「楽天カード」を使っていていますが、貯まったポイントで私と娘の携帯料金を支払っているので、2人分の携帯料金が実質0円になっています。

 それと、最近は「ポイ活(ポイント活動)」にも取り組んでいて、ポイントサイト経由でお買い物をするとWポイントが貯められたりしてお得です。ポイントサイトには「ハピタス」や「ポイントインカム」など色々あるので活用してみてください。ポイ活専用アカウントをフォローしておくと、自動的に情報が入ってくるので便利ですよ。

――普段のお金の使い方について教えてもらいましたが、結婚式のご祝儀や賃貸の更新料など、不定期かつ額の大きい出費にはどう備えればいいのでしょう?

ののこ:毎月「予備費」を3〜4万ほど確保してあるのと、6月と12月のボーナスを「特別費」として高額の出費に当てています。ボーナスが振り込まれたら、次の半年間で必要になる出費をあらかじめ書き出しておいて、その分を特別費用の口座に入れておきます。

 節約を始めた頃は特別費を設けていなかったので、少しずつ貯めた金額が吹っ飛んでいました。口座を分けておいて、貯金額を可視化することも貯金のコツです。

◆口座は3つ。貯金口座からは絶対おろさない!

――お金を使うときも計画的! ちなみに、口座はどんなふうに分けていますか?

ののこ:主に使っているのは、@お給料が入金される口座、A引き落とし口座、B貯金口座です。ここにさらに、特別費を入れておく口座などがあります。貯金口座からは絶対にお金をおろさないようにすれば、貯金額が増えていくのが実感できて意識も高まります。

――残高があるとついつい無駄使いしそうになっちゃいますが、口座を分けておけばストッパーにもなりますね。そして、節約には家族の協力も不可欠ですが、自分以外の家族のお金の出入りを管理するコツはありますか?

ののこ:家族にも当事者意識を持ってもらうことが大切です。私は貯金額を夫に共有しているのですが、額が増えるのが面白くなってきたみたいで、最近は協力的になってくれました。あと始めのうちは、家計簿に「ゲーム課金」の項目をつけていました(笑)。自分がどれだけ無駄使いをしているかを数字で見せるのも効きますよ。

――それでは最後に、節約マインドを保ち続けるコツを教えてください。

ののこ:ひとつは、少額でも節約できたら自分をすごく褒めてあげることです。私は先月より1000円でも多く節約できたら「すごーい!やるじゃん!」って褒めまくります(笑)。

 もうひとつは、SNSを上手に活用すること。自分でアカウントを作って家計簿を投稿すると、モチベーションを保ち続けられると思います。私も中だるみしそうになったら「フォロワーさんも見てるし……」と自分に喝を入れています。一緒に頑張りましょう!

【ののこ】

兼業主婦&インスタグラマー。シングルマザーを経て現在の夫と再婚。夫の借金が発覚したのをきっかけに家計管理をスタートし、ファイナンシャルプランナー3級を取得。料理をはじめ掃除や整理・整頓など暮らしの中で工夫しながら節約する様子をつづったInstagramが人気を集める。

<取材・文/阿形美子>

関連記事(外部サイト)