深田恭子に杏…7月ドラマ、女性が楽しめる期待作ベスト5

深田恭子に杏…7月ドラマ、女性が楽しめる期待作ベスト5

(画像:「偽装不倫」公式サイトより)

 いよいよ7月の新ドラマが本格的に始まります。前評判では池井戸潤原作の『ノーサイド・ゲーム』(TBS系・毎週日曜21時〜)と、あの『のだめカンタービレ』(フジテレビ系・’06年10〜12月)以来、13年ぶりに“月9”に主演する上野樹里の『監察医 朝顔』が話題性、期待値ともに高いようです。

 が、この2作以外にも満足出来るドラマがあるはず。というワケで、数々のドラマ本に携わってきた筆者が、上記2作以外に“期待してもいいんじゃないか”作品5本を独断で選出しました。

◆第5位『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系・毎週火曜22時〜)

出演:石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳、勝村政信など

 石原さとみがお店を繁盛させる気のない“変わり者”のフレンチレストランオーナーに扮するコメディー。上から目線の女性ヒロインを石原さとみに演じさせたらハマりまくるのは『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系/’14年1〜3月)などで証明ずみです。

 そんなオーナーに振り回される従業員たちもフレンチ未経験者揃い。相当ぶっとんだ内容のようなので、登場人物個々のキャラクターをしっかり掘り下げて描いていけば面白くなりそう。ただ気になる点が一つ。同じフレンチレストランを舞台にした大傑作『王様のレストラン』(フジテレビ系/’95年4〜7月)と似たような作品にならないかという不安がありますね。

◆第4位『これは経費で落ちません!』(NHK総合・毎週金曜22:00〜)

出演:多部未華子、重岡大毅、伊藤沙莉、平山浩行など

 領収書や請求書から垣間見える、思わぬ人間関係を描くオフィスドラマ。多部未華子演じるヒロインは、恋には奥手だが、仕事ぶりは超クールな経理部員。「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、自分のところに回ってきた“ワケありな”伝票を精査していくコメディドラマ。

 まずタイトルからしてインパクトがあります。そして多部演じるヒラの経理女子が、大きな不正とまではいかなくても、様々な小ずるい手を使って“経費”として認めさせようとする社員たちとの丁々発止に期待出来ますね。

 また、このNHK金曜22時のドラマ10枠はコアなドラマファンの間で評判の高かった『トクサツガガガ』を筆頭に近年、秀作や傑作を連発しているので、今回も期待したいです。

◆第3位『ルパンの娘』(フジテレビ系・毎週木曜22時〜)

出演:深田恭子、瀬戸康史、渡部篤郎、小沢真珠など

 素性を隠して交際していた泥棒一家の娘と警察官一家の息子のラブコメディ。深田恭子演じる図書館司書(だが、他の家族は大泥棒“Lの一族”としての顔を持っている)と瀬戸康史演じる警視庁刑事の許されない恋の“障壁”をどの程度描く? 要はその困難を二人で克服して恋愛を敢行していく流れですから、そのハードル次第でかなり面白くなりそう。

 さらにミステリー的な要素も強い作品なので、その謎解きの完成度次第でさらに期待が高まります。そしてあの大ヒット映画『翔んで埼玉』の脚本家・徳永友一と監督・武内英樹が再びタッグを組んでいるので、もうそれだけでも期待作です。

◆第2位『凪のお暇』(TBS系・毎週金曜22時〜)

出演:黒木華、高橋一生、中村倫也、市川実日子など

 原作は、口コミで話題となり、累計部数200万部を突破、数々の賞を受賞しているコナリミサトの同名漫画。彼氏と別れて会社を辞め、心機一転。都心から郊外へ引っ越した28歳の元OLの“自分探し”を描いていく。縮毛が特徴的なヒロイン・大島凪に演技派の黒木華、その凪の元カレ役をこれまた演技派で女性からの好感度も高い高橋一生が演じます。

 さらに演出陣の一人にかつて黒木華主演の『重版出来!』(TBS系/’16年4〜6月)でチーフディレクターを務めていたTBSのエース・土井裕泰が参加。このキャストとスタッフなら、駄作に終わることはほぼないという安心感があります。

◆第1位『偽装不倫』(日本テレビ系・毎週水曜22時〜)

出演:杏、宮沢氷魚、瀬戸利樹、谷原章介、仲間由紀恵など

 人気漫画家・東村アキコの同名漫画が原作。たった一度の“ウソ”から始まった本物の恋を描くコメディタッチのラブストーリー。周囲に“思い込みの激しい重めの女”と思われ、32歳でいまだ独身なのに既婚者のフリをしてしまうヒロイン・濱鐘子を杏が演じます。

 水曜22時台の日テレドラマで主演が杏となれば『花咲舞が黙ってない』シリーズを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。杏にコメディをやらせたらハズレなしなのは、この『花咲舞〜』と『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系/’15年1〜3月)で証明ずみです。その鐘子を既婚者と思い込む若手フリーカメラマン役の宮沢氷魚の演技にも期待したいですね。

======================

 以上の5作品を選んでみました。今回はプライムタイム(19〜23時)の作品に絞ってみましたが、23時以降の作品も入れるとするなら『セミオトコ』(テレビ朝日系・毎週金曜23時15分〜)でしょうか。Hey!Sey!JUMPの山田涼介がセミを擬人化して演じるという難しい設定に興味がそそられます。

 また、この枠は前クールで放送された『家政夫のミタゾノ』シリーズなど深夜ドラマにしては意外にヒット作を連発している点でも期待出来そうです。

<文/上杉純也>

関連記事(外部サイト)