日焼けで老ける。日焼け止めクリームから日傘までUV対策まとめ

日焼けで老ける。日焼け止めクリームから日傘までUV対策まとめ

日焼けで老ける。日焼け止めクリームから日傘までUV対策まとめの画像

 いよいよ夏本番。ふりそそぐ夏の日差しにワクワクしたのも今は昔、紫外線に怯える日々がはじまります。そこで、マストの日焼け対策について、まとめてみました。

◆日焼け対策が必要な理由

 紫外線のなにが恐ろしいのかというと、日焼けをして色が黒くなるというだけでなく、肌の“老化”を進行させるから。紫外線による皮膚の老化(光老化)の研究の第一人者、神戸大学名誉教授の市橋正光先生も紫外線対策の必要性をこう解説します。

「地表に届く紫外線にはUVA(A波)とUVB(B波)の2種類があります。UVAはエネルギーが低めですが地表に届く量は多く、長期的に肌細胞にダメージを与えます。それがシミを濃くすることやシワの形成といった原因になるといわれています。

 一方、UVBはエネルギーが強いので遺伝子に直接傷をつけ、日焼けで肌が赤くなったり、水ぶくれの原因になるほか、細胞を傷つける活性酸素も発生させるんです」

 つまり、紫外線は直接肌を傷つけるだけでなく、活性酵素によって間接的にもダメージも与えるのです。

 しかも、「UVAはUVBに比べて曇り空を通過しやすく、その上窓ガラスを通過して室内にも入ってくる」そうで、曇天だろうと、部屋の中で過ごしていても、UVケアは手を抜けないのです!

 そこで今回はコスメから日傘など紫外線をガードするものから、体の中からケアする食べものまで、全方位で日焼け防止に役立つアイテムをご紹介しちゃいます!

◆日焼け対策@プラスαある日焼け止め

 日焼けケアといえば、まず真っ先に思いつくのが日焼け止めですよね。毎年、この季節になるとさまざな商品が出てきて、何を選ぶべきか迷ってしまうという人も多いのでは?

 そこで読者モデル出身のライター・鈴木美奈子さんに、「SPF50」「使い心地の軽さ」を大前提に、プラスαある優秀な日焼け止め・化粧下地を教えてもらいました。

1.くすみや色ムラ、毛穴を自然にカバー:アクセーヌ【スーパーサンシールド ブライトヴェール】

 高SPFの日焼け止めにありがちなキシキシ感や乾燥はゼロ。心地よい潤いが肌を包み、くすみや色ムラ、毛穴までも自然にカバーしてくれるというのが、《アクセーヌ》の「スーパーサンシールド ブライトヴェール」。

 肌にやさしく、ノンケミカルで無香料、紫外線吸収剤を使わず、アルコールやパラベンもフリー。しかも、色素が直接肌に触れない独自のコーティング技術で、かぶれやアレルギーの原因となりがちな色素の刺激から肌を守ってくれるのだとか。「2017年4月の発売以来、使用感の良さがSNSなどでも話題となっているのも納得です」。SPF50+・PA++++。

2.皮膚科医も選んだ日焼け止め:ラ ロッシュ ポゼ【UVイデア XL ティント】

《ラ ロッシュ ポゼ》は敏感肌のために開発されたスキンケアブランドで、そのアイテムは世界で25,000人以上の皮膚科医が採用しているのだそう。当然、日焼け止めも、肌へのやさしさが最大の特徴です。

 UVAをしっかりブロックしつつ、PM2.5や花粉からも肌をガード。ピンクベージュの下地が皮膚のくすみや色ムラをカバーしてナチュラルに補正し、顔色を明るく見せてくれます。SPF50・PA++++。

3.ミクロレベルでガードする:ビオレUV【アクアリッチウォータリーエッセンス】

 ウォーターカプセルが肌に優しくすーっとなじみ、強力な紫外線をしっかりカットする「ビオレUV アクアリッチウォータリーエッセンス」。しかも今年、リニューアルし、カプセルサイズが従来品の500分の1になって肌の凹凸によってできていたミクロレベルの塗りムラを防ぐことができるようになったとか。

 何度塗り直しても、何度塗り重ねても軽く、ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスなどの美容液成分も配合していて保湿力も十分。SPF50+・PA++++。

◆日焼け対策Aキレイ×UVガードを両立するコスメ3選

 化粧下地だけでなく、紫外線対策コスメはさまざまなアイテムが登場しています。20代〜30代のオトナ女子に向け、最新のビューティー情報を提供する「FORTUNE」からおすすめアイテムを3つ選んでもらいました。

1.「全顔用コンシーラー」でUV対策:KAKUSHIMUST(カクシマスト)【フルカバーコンシーラー】

 まずは、全顔用のコンシーラー、《カクシマスト》の「フルカバーコンシーラー #ナチュラル」。化粧下地としてはもちろん、気になる部分にだけ塗ったり、ファンデーションの上から化粧直しに使ったり、用途はさまざま。

 SPF50・PA+++とガード力は強いものの、3Dフィルター補正処方で、厚塗りになることなく気になる毛穴や色むらをカバー。また、ヒアルロン酸やスクワランなど、4種のうるおい・ハリ成分だけでなく、ハマメリス葉エキスとローズマリー葉エキスという毛穴ひきしめ成分もプラス。スキンケアをしながらしっかりUVカットできるのもうれしいですよね。

2.フェイスパウダーでメイク直し&強力UVカット:セザンヌ【UVシルクカバーパウダー】

 日焼けを防ぐにはマメに塗り直しが必要だというけれど、メイクのヨレや崩れも気になりますよね。《セザンヌ》の「UVシルクカバーパウダー」なら、これ1つでメイク直し&強力UVカットがOK。

 毛穴・小じわ・くすみなどをしっかりカバーしつつ、厚塗り感なく仕上げてくれる超優秀なフェイスパウダーで、メイク直しに使ってもパサつきはなく、なめらかなセミマットな肌に仕上げてくれるのだとか。しかも、紫外線ガード力は、SPF50・PA++++という頼もしさ。

3.忘れちゃいけない! くちびるも紫外線ガード:エテュセ【リップエッセンス(ディープモイスト)a 唇用美容液】

 くちびるの紫外線対策も忘れてはいけません。外部からの刺激に弱いくちびるは、日焼けをすると乾燥して皮がむけたり、赤く腫れたり。そうなる前に必要なのがUVケアと保湿なのですが、その両方を兼ね備えているのが《エテュセ》の「リップエッセンス(ディープモイスト)a」です。

「保湿効果」と「保湿の持続性」に優れた、濃厚リッチタイプの唇用美容液で、厳しい乾燥やあれをガード。SPF18・PA++の紫外線防止効果で、デリケートな唇を守ってくれるのだそう。

 縦シワが気になるくちびるも、ほんのりピンクの赤ちゃんみたいなピュアリップに。たっぷりと塗れば、ツヤのあるぷっくりとしたくちびるが完成です。

◆日焼け対策B日傘は「遮光率100%」で選ぶ

 夏のおしゃれ小物として女性には定着していた日傘ですが、環境省が熱中症対策として男性に向けても日傘使用を奨励。今夏はその機能にも注目が集まっています。

 Lisaさんも、「UVカット99%以上の日傘は多く出回っていますが、紫外線を完全にシャットアウトするためには遮光・UVカット率100%のものに注目」と実力本位の日傘選びを推奨。おすすめの3品を教えてくれました。

1.完全遮光日傘の代名詞「サンバリア100」

 まずは、Lisaさんも愛用しているという「サンバリア100」は、世界で初めて作られた完全遮光の日傘。独自開発の3層構造の生地を採用し、紫外線、赤外線、可視光線といったすべての太陽の光を100%カットしてくれるのだそう。肌や服に当たると暑いと感じる赤外線と可視光線も防ぐので、「サンバリア100」の日傘の下は、「心なしか涼しさを感じる」のだとか。

 しかも、生地の構造で遮光しているので、摩耗しても破れない限りは遮光率100%とのことで、長く使い続けられるのもうれしいですよね。

 折りたたみに長傘、サイズや色、デザインが豊富で、好みのものは必ず見つかるはず、なのですが……あまりの人気に入手困難な場合も。この人気が唯一の難点なのかもしれません。

2.強い日差しや雨風に強い「makez.(マケズ)」

「makez.(マケズ)」という変わったネーミングは、雨にも、風にも、夏の強い日差しにも“負けない”という意味なのだとか。

 生地に特殊コーティングが施されていて、遮光率はもちろん完全100%。撥水力が高く晴雨兼用で使え、反り返る耐風骨を採用しているため強風でも風を受け流してくれるので壊れにくいという特徴も。「過去には楽天市場の日傘ランキングで1位を獲得したこともある人気っぷり」だそうで、コスパを考えるとそれもなるほど納得なのです。

3.遮光率100%なのにリーズナブル!「TAIKUU」

 日傘「TAIKUU」も遮光・UVカット率100%。光を通り抜けない生地を使用し、フライパンにも使用されるデュポン社製のテフロン加工を施しているため撥水性も抜群。晴雨兼用で活躍。

 こちらの名前の由来は「耐用」「持続」だそうで、骨部分は航空アルミ合金傘骨を採用していて丈夫。それでいて本体の重さは約270gと軽いので携帯にも便利です。「最大の魅力は2,000円前後というリーズナブルなお値段」とLisaさん。

 戻り梅雨から真夏の日差し、そして秋雨と、この先もいつ出番が来るかわからない傘。このお値段&軽さなら、オフィスの置き傘、バッグの中の携帯傘としても手が出やすいかも。

◆日焼け対策C体の中からケア! 日焼け後に食べるべきもの

 最後は、日焼けケアに効く食べものです。管理栄養士の川村郁子さんによると、「日焼けした後は一種のやけど状態。そんな状況のまま放置しておくと、シミやシワ、タルミの原因になりかねません。でも食べものを少し意識するだけで、肌に栄養を与えられるんですよ」とのこと。

 日焼けしたあとにこそ、積極的に摂りたい食品を教えてもらいました。

1.緑茶で手軽にビタミンCを摂取しよう

 筆頭に上がったのが、やっぱり「ビタミンC」。「ビタミンCはメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの合成を助けるはたらきがあるので、日焼けした後は意識的にとってほしいんです」と川村さん。

 特にお茶を選ぶ際には、玉露の緑茶を選ぶようにすると手軽にビタミンCをとることができるそう。

「緑茶(抽出液)は100gあたりビタミンCを約38mg含んでいるので、500gのペットボトルですとその5倍とることができるんですよ」

2.ビタミンEでシミ・ソバカス対策

 抗酸化ビタミンであるビタミンEも、日焼け後、活性酸素が増えた状態のお肌にとって大事なのだとか。

「ビタミンEは新陳代謝を助ける働きがあるので、肌を潤しシミ・ソバカスの生成を予防する効果が期待できるんです」

 ビタミンEは脂溶性のビタミンなので、脂質と一緒にとることで吸収がアップするそうで、おすすめの食材はアボカド、ほうれん草、カボチャ、ナッツ類など。

「また、たらこにもビタミンEが多く含まれるので、コンビニでランチを買うなら、たらこおにぎりやたらこパスタがいいですね。また、おやつにアーモンドを選ぶようにすると、手軽にビタミンEをとることができます」

3.肌のハリ・コシにはシステイン

 システインは、美白系のサプリメントでよく目にする栄養素。聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

「メラニン色素の生成抑制効果が期待できますし、またコラーゲン合成や肌のハリ・コシにも関わっているので、日焼け後に是非とって欲しい」と川村さん。

 システインをとるには、お肉、お魚、卵などタンパク質を多く含む食品を食べるといいそうで、また、ビタミンCと一緒に食べるとそのメラニン抑制効果は発揮されるのだとか。

「たとえば、サンドイッチを食べるなら野菜サンドよりもたまごサンドやツナサンドを選ぶ。そこにビタミンCが含まれる、キャベツサラダを添えたり、デザートにパイナップルを食べるといいのでは」

 ビタミンCとE、そしてシステイン。普段から意識するのもよし、日焼け後の栄養補給として活用するのもよし。内側からの紫外線対策もぬかりなく!

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】

ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

関連記事(外部サイト)