夏の露出ファッションでスベった。オフショルの私についたアダ名は…

夏の露出ファッションでスベった。オフショルの私についたアダ名は…

夏の露出ファッションでスベった。オフショルの私についたアダ名は…の画像

 寒かった梅雨空があけていよいよ夏本番。今年はダブル高気圧の猛暑なんていわれていますが、この暑さでは何を着ていいのか困りますよね。しかし、夏だからといって普段と違うファッションをしてしまい失敗してしまうことも……。夏のファッションの失敗談を聞いてみました。

◆気づいたらチューブトップがずり落ちていた…

 まず話を聞いたのは野田エリカさん(仮名・26歳)。数年前、肩を大胆に露出するオフショルダーが流行しましたがインナーに何を着たらイイのか困った人も多いそう。野田さんもその1人だったそうです。

「ブラ紐が見えるのが嫌だったので、パット付きのチューブトップを購入したんです。その日は朝から友達とバーベキューをしていたのですが、ついチューブトップを付けているのを忘れていつものようにハシャいでいたら……知らない間にチューブトップがズレて乳首が浮いていたんです!

 そのとき着ていたのは生地の薄いオフショルダートップス。トイレに行ったときに男性陣の1人が付いてきたので何だろう? と思っていたらニヤニヤしながら『乳首透けてるよ(笑)』と言われて……もう気持ち悪いったらありゃしなかったです!(泣)」

 夏は露出の高い服も多いのでインナーに悩みますよね。筆者はカップ付きのレースのキャミソールを愛用していますが、見えても可愛いのでオススメです。

◆憧れの先輩につけられたアダ名は「僧侶」

 オフショルダーの次に夏に流行したのは、片方の肩だけを露出したワンショルダートップス。こちらもコーデによって失敗してしまったと語るのは大山アイミさん(28歳)です。

「うちはサーバー管理を行う会社なので服装は基本自由。夏らしいビタミンカラーのワンショルダーを会社に着て行ったら、なぜか社員ががクスクス笑っているんです。

 後から聞いた話によるとおじさん上司が私の格好を見て『大山さんの服装、タイのお坊さんみたいだねw』『ビルマの竪琴?』と噂して笑っていたそうなんです! 調べてみると私が着ているオレンジのワンショルダーにそっくりな服を着たお坊さんの画像が……。

 でも何よりショックだったのは、憧れていた先輩にまで影で『僧侶』というあだ名を付けられていたことです(泣)。そんなこと言う人じゃないと思っていたので一気に冷めてしまい、夏とともに私の恋も終わりましたね……」

◆気合を入れたデート服、彼氏に爆笑される

 女性が可愛いと思っていても、男性には理解できないファッションもあるようです……。続いて、韓国ファッションに憧れて大失敗してしまったと話すのは松本ミナさん(仮名・25歳)。

「韓国女優が着ていそうなヌーディーカラーのワンピースに憧れてネットで買ったんです。体にフィットしたデザインがすごくセクシーでなかなか着る機会がなかったのですが、ある日、彼が付き合った記念日にホテルのディナーに連れて行ってくれることに。

 気合を入れてそのワンピースを着て待ち合わせ場所に行ったら……私を見るなり彼が大爆笑! 東京出身の私には分からなかったのですが、大阪の吉本新喜劇で五十嵐サキさんという女芸人が着てる、裸に見えるワンピにソックリだったらしいです……。

 しかもその日はかなり熱くて脇には汗ジミが。レストランでは『ブランケットをお貸ししましょうか?』と聞かれるし、ブランケットを羽織って汗だくになりながら食べる料理はしょっぱかったですね……」

 トホホな思い出にならないよう、夏のファッションには十分に気をつけてくださいね……。

―シリーズ「夏に起きたトンデモ」エピソード―

<文/結城>

【結城】

男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

関連記事(外部サイト)