超簡単「レンジ飯」レシピ。レンジでオムライスができちゃった

超簡単「レンジ飯」レシピ。レンジでオムライスができちゃった

オムライス

 炒めたり、揚げたり、煮込んだり。面倒くさい料理の手順は、まっぴらごめん!という女性達の救世主が、『容器に入れてチンするだけ! ほぼ1ステップで作れるレンジ飯』。

 手近な食材で手間をかけず、1ステップでできてしまうレシピが101も掲載されているのです。著者は料理研究家のリュウジ氏。Twitterに投稿したレシピが注目を集め、『バズレシピ』シリーズでベストセラーを連発しています。

 本書に掲載してあるのは、「調理工程は容器でチンの1ステップ!」。これだけで「洗いものが減る」という利点があります。さらに火を使わないので、わずらわしさもないのです。

◆レンジ調理のコツ

 いくら楽々で便利とはいえ、レンジ調理を最大限に生かすためのコツがあります。覚えておきたいポイントを抜粋しますね。

☆調理に使う耐熱容器は、角型で少し深さのあるものを

この本で使う耐熱容器は、12.5〜13p角、高さ6.5p、容量630〜650ml。角型は素材を入れやすく、加熱ムラが少ないので調理しやすいです。汁気がこぼれないよう、ある程度、深さがあるものを選びます。スーパーや100円ショップで買える安いもので十分。

☆材料の切り方や分量は、なるべくレシピ通りに

電子レンジの加熱時間は、食材の切り方や分量により、変わってきます。加熱時間の誤差を少なくするためにも、まずはレシピ通りに作るのがおすすめです。

☆ラップのあり、なし問題

ラップをかけることで蒸されるため、肉や野菜に火を通したいときや、素材から出る水分やうまみを生かす料理のときは、ラップをして加熱します。ラップをかけるときは、少し余裕をもたせて、ふんわりとかけるのがポイントです。

☆レンジの加熱時間は600Wを基本にしています

この本のレシピは、600Wを基準にしています(ターンテーブル式を使用)。500Wの場合は加熱時間を約1.2倍に、700Wの場合は約0.85倍にしてください。

 コツをおさえたところで、さっそく実践に取りかかりましょう。まずは、ボリューム満点な一品が1ステップでできちゃう、驚きのメニューから。

◆「オムライス」だってできちゃう!

【材料(1人分)】

 ご飯(温かいもの)  200g

Aベーコン(角切り)  30グラム

 玉ねぎ(みじん切り)  1/4個

 ピーマン(みじん切り)  1個

 トマトケチャップ  大さじ3

 コンソメ(顆粒)  小さじ1/2

 バター  10g

 塩・こしょう  各少々

B卵(溶きほぐす)  1個

 マヨネーズ  小さじ1

 塩  少々

Cトマトケチャップ  大さじ1と1/2

 ウスターソース  小さじ1

<作り方>

 耐熱容器にAを入れて混ぜ、ラップをしてレンジで4分加熱し、ご飯を加えて混ぜ合わせる。耐熱性の平皿にラップを敷き、混ぜたBを流し入れ、ラップをして1分30秒加熱する。ご飯に卵をのせ、Cをかける。

 いかがでしょうか。休日のブランチやお弁当にも使えますよね。私も作ってみましたが、薄焼き卵がふんわり、色合いもきれいにできて感動しました。薄焼き卵だけでも、応用が利きそうです。

 お次は、みんな大好きカレーの登場です。

◆「無水キーマカレー」たった12分で完成!

【材料(2人分)】

 ご飯(温かいもの)  400g

A豚ひき肉  160g

 玉ねぎ(みじん切り)  1/2個

 おろしにんにく  1片分

 トマト缶  1/2個(200g)

 ウスターソース  小さじ1

 砂糖  小さじ1

 塩・こしょう 各少々

 カレールウ  2片

 バター  10g

 卵黄  2個分

<作り方>

 耐熱容器にAを入れ、トマトをつぶしながらよく混ぜ、カレールウとバターをのせる。ラップをしてレンジで12分加熱する。よく混ぜてご飯にかけ、卵黄をのせ、好みでパセリを散らす。

 カレーといえば、じっくり煮込むのが常識だと思っていませんか。さらに、カレーがこびりついた鍋を洗うのも一苦労でしたよね。

 これなら短時間でできる上に、作り置きしておけば様々な料理にリメイクできます。翌日、私はチーズをのせてグラタン風にアレンジしてみました。コクがあっておいしく仕上がりましたよ。

◆「鶏胸肉と白菜の塩蒸し」ダイエット中にも

 お次は、あっさりヘルシーな鶏肉を使った一品。野菜もたっぷり取れますよ。

【材料(2人分)】

 鶏胸肉  1枚(300g)

 白菜(ざく切り)  200g

 塩  小さじ1/3

<作り方>

 鶏肉はフォークで全体を刺し、塩をすり込む。耐熱容器に白菜、鶏肉の順に入れ、ラップをしてレンジで6分30秒加熱する。レンジの中に5分おいて余熱で火を通す。肉をスライスし、好みで万能ねぎを散らす。

 味付けが塩だけなので、少々不安だったのですが、作ってみれば鶏肉の旨味が生かされ、ちょうどいいお味。白菜の水分でいい具合に蒸され、鶏肉も絶妙なやわらかさです。油は一切使用しないので、とてもヘルシーですし、胃腸が弱っている時にもオススメ。

 あっさりした味付けなので、こちらをベースに辛みや酸味を足したり、いろいろ工夫できそうですよ。

 今回取り上げたのは3点ですが、本書には他に98ものレシピが登場。パスタやうどん、パエリアまで作れちゃうのです。困ったときのお助け本として、一家に一冊あると重宝しそうですよ。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<文/森美樹>

【森美樹】

1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx

関連記事(外部サイト)