『偽装不倫』仲間由紀恵は幸せになれる?不倫に失敗した妻たちの事情

『偽装不倫』仲間由紀恵は幸せになれる?不倫に失敗した妻たちの事情

写真はイメージです(以下同)

 婚活に疲れた32歳のアラサー独女、濱鐘子(はま・しょうこ)を杏が主演で演じているドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系、水曜午後10時〜)。

 鐘子は旅先で出会った25歳の伴野丈(宮沢氷魚)にふとしたことから「自分は既婚者だ」とウソをつきますが、6話目になっても鐘子が真実を伝えず、視聴者の中にはイライラとモヤモヤを抱えている人も多いようです。

 一方で注目度が高まっているのが、41歳の吉沢賢治(谷原章介)と37歳で鐘子の姉である葉子(仲間由紀恵)夫妻。葉子は23歳のプロボクサー、八神風太(瀬戸利樹)と不倫中です。6話では賢治が葉子の異変に気づき、2017年4月期放送のドラマ『あなたのことはそれほど』で渡辺美都(波瑠)の夫、涼太役で怪演を見せた、“東出昌大化”するのではないかと期待値が上がっているようです。

 いびつな夫婦関係がどう展開されるかは今後のお楽しみですが、今話で葉子は「風太に出会って本当の幸せに気づいたの」と言います。果たして、一生を誓い合った人以外と「本当の幸せ」を見つけることができるのか。筆者が取材した、既婚女性が不倫した3例をご紹介します。

◆経済的に満たされていて、パートナーは良き夫なのに不倫をした結果……

 冴子さん(仮名/48歳)の夫は、ある地方の地主の息子。経済的に何不自由ない生活を保障されていて、冴子さんは常にブランド品をさりげなく身につけているセレブ妻です。夫は賢治のように率先して夫婦で旅行をする旅館を予約してくれたり、旅先の情報を下調べしてくれるといったマメさはないものの、潤沢な生活費をわたしてくれるうえに妻の買い物に口を出さないだけでも、この不況下では良き夫と言えるでしょう。

 ですが冴子さんは、夫とセックスレス&刺激がない生活に飽きてしまい、バーで出会った独身男性の真島さん(仮名/42歳)に自ら声をかけて関係を持ってしまいます。結果、冴子さんは会うたび真島さんにハマッていき、「離婚してあなたと再婚したい」と伝えたところ…。

「お互い遊びの関係だったはずでしょう? 俺はあなたと結婚する気はないから」と、あっさりとフラれてしまったそうです。

「お互いに同じ熱量で愛し合っている」と信じていた冴子さんは打ちひしがれ、今も立ち直れないままだそうです。

◆夫とは真逆のタイプの男性に惹かれて

 結婚後、専業主婦になった彩さん(仮名/26歳)の夫はホワイトカラー職。結婚して2年目に不倫した竹田さん(仮名/28歳)は独身で、肉体労働従事のブルーカラー職でした。

 結婚2年目といえば、まだ新婚のうち。新婚なのに不倫。経済的に夫にすべて頼っているのに不倫。身近で見ていた筆者は、彩さんを軽蔑の目で眺めていました。筆者が嫌っているのが伝わったのか、彩さんは近づいてきませんでしたが、筆者の悪口を周りにかなり言っていたようです。

 話を戻しますが、夫とは真逆のタイプを好きになるのは、仲間由紀恵が演じる葉子との共通点でもあります。葉子は風太とつき合うことで、「ブランドの(結婚)指輪やマイホームのローンを組むのが一般的な女の幸せだと思っていたけど、風太と出会って興味がないと気づいた」と言っているのです。

 ですが、この感情は本物でしょうか。手に入れたからこそ興味がないと気づいただけで、葉子と彩さんは中国の哲学家・老子が唱えた「足るを知る」を忘れ、己の本能のままに突っ走っているような印象を受けました。

 後日談ですが、彩さんは30代前半で離婚。若いうちに専業主婦になったため仕事のキャリアが積み上げられず、今は独身でパートとして働き生計を立てているそうです。45歳になった今でもたびたび「あなたが一番よかった」とメールをすることがあるそうです。復縁を望んでいるのかもしれませんが、元夫はすでに再婚しています。

◆新たな価値観を教えてくれた年下男性にハマッて

 真希さん(36歳/仮名)は、仕事先で出会った独身男性の鈴木さん(仮名/30歳)と意気投合。

 2人で飲みに行く関係になりました。鈴木さんは近い将来、起業を目標としていて、「今の時代、起業は難しいことではない。あなたにもできる」と熱く語られ、子どもがいてできれば自宅で仕事をしたい真希さんに新しい価値観や夢を与えてくれました。話を聞くたび、真希さんは夢中になっていったのです。

 筆者はメールで経過を教えてもらっていましたが、メールラリーを続けていくと、真希さんが鈴木さんにお金を出していたことが発覚。2人の飲み代以外にも、鈴木さんがスマホを新機種に変更する代金も捻出していたとのことです。

 結婚しているのに別の男性とカラダの関係を持つというリスクを背負いながら、デート代やその他費用も負担。「そのお金をお子さんに使ったほうが建設的では?」「カラダとお金目当ての男性と一緒にいても不幸になるだけ」と返信したところ、関係は解消したようです。ですが、今も真希さんは鈴木さんへの思いを吹っ切ることができていないようです。

 他にも既婚女性が不倫に走るケースを知っていますが、恋心が燃え上がって不倫をしても、最終的には幸せになれる可能性は低いかもしれませんね。

<文/内埜さくら>

【内埜さくら】

恋愛ライター。これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『バラいろダンディ』『5時に夢中!』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

関連記事(外部サイト)