人前で緊張しちゃう人が「5分で楽になる方法」を、吉本興業トレーナーが伝授

人前で緊張しちゃう人が「5分で楽になる方法」を、吉本興業トレーナーが伝授

写真はイメージです(以下同)

 面接やプレゼン、はたまた環境の変化など、緊張する機会って無限にあります。そのたびにストレスがマックスになって、あげく人付き合いそのものが嫌になったり。

『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』は、緊張のメカニズムを解き明かし、私達の心をラクにしてくれる一冊です。著者の伊藤丈恭氏は、演技トレーナーであり吉本興業沖縄ラフ&ピース専門学校演技コース講師。ユニークな対応策が聞けそうですよね。

 本書によると、緊張とは「医学的には脳内ホルモンの一種、ノルアドレナリンが過剰に分泌されることで、自律神経のバランスが崩れてしまった状態」。こうなると、自分ではどうにもならない状態だと私は思いました。

 そう、自分ではどうにもならないので、「つまり、別人になってしまえば緊張しない」と本書。え? 別人? なんと「伊藤式・緊張撃退メソッド」とは「『素の自分』から『別の自分』に自動的に切り替えてしまう(役に入る)をことで、『緊張しない自分』になることができる」というのです。

◆伊藤式・緊張撃退メソッドとは

 タイムテーブルに緊張するイベントが組み込まれている日は、朝から憂鬱。そんな気分を一掃するために、「伊藤式・緊張撃退メソッド」では5つのパフォーマンスを勧めています。

 まず自宅でやるパフォーマンスが3つ。

 ひとつだけ紹介すると、「笑い方7変化(2分)」。

 さまざまな笑い方をすることで「脳を楽しくする」のが目的。ムリヤリにでも笑っていると、いつのまにか心まで楽しい状態に誘導されていきます。鏡の前で顔をゆがめたり、声質やトーン、スピードなどを変えながら大声で笑ってみましょう。とにかく大げさに行います。

 そして、現場・現場近くでやるとよいパフォーマンスのひとつは「その場ダッシュ(20秒)」。その場で駆け足をしているつもりでモモ上げダッシュします。体に意識を向け、心が緊張に向かわないようにするそう。

 その他のパフォーマンスは本書を見てくださいね。

 これらを私も実践してみました。自宅でやる3つは、自分というものを振り切らないとできませんでした。「笑い方7変化」が一番照れ臭くて難しかったのですが、一度顔が引きつれるくらい笑ってしまえば、あとは芋ずる式に笑いのバリエーションが出てくるから不思議。たとえば好きなお笑い芸人やアニメのキャラクターを設定すると、より別人になりやすいと思います。

 他はわりとすんなり入れました。朝からうっすらと汗をかいてしまったほどです。〆に「その場ダッシュ」をやりましたが、たかが20秒とはいえけっこう疲れてしまい、緊張などどこかへいってしまいました。

◆ネガティブ思考を利用しよう

 ここまで読んだあなた、もしかしたらバカバカしいな、なんて思っていませんか。ええ、私も最初は疑いました。でも、テレビや舞台で活躍する芸人さんや俳優さんだって、私達と同じ人間。嫌なことや辛いこと、緊張する場面など、山ほどあるはずなのです。それを、観ている人(私達)には一切感じさせないのは、別人になるスイッチのオンオフができているからではないでしょうか。

 私達も日々、日常というドラマの中で戦っているんです。バカバカしいな、と思いつつ、笑ったり踊ったりしているうちに、私も別人になりきり、緊張しないで過ごすことができました。

 とはいえ、「自分なんかうまくいくわけない」という風に凹んでいませんか。このネガティブ思考、一見して悪者っぽいですよね。しかし本書では、「『うまくやってやろう』などという向上心は、緊張感をあおるだけです」と、まさかのネガティブ思考推し。

 いくら準備を完璧に整えても、緊張がちらついてしまうのが人というもの。そんな時、本書は「『どうせ自分なんかうまくいくわけない』と考えるようにしました」と言います。確かに、ネガティブ思考を認めてしまえば、安心感がわいてきませんか。ただし、努力や練習を積み重ねた上での、ネガティブ思考推奨です。

 やるだけのことはやったんだ、という裏付けがあるからこそ、「どうせ自分なんかうまくいくわけない」から、うまくいったら儲けものかもしれない、というポジティブ思考も生まれるのかな、と私は思いました。

 生きていれば、緊張する相手や物事に出会ってしまいます。いちいちストレスだな、とあきらめる前に、「伊藤式・緊張撃退メソッド」を活用して、緊張を味方につけてみませんか。

 きっと、毎日がもっと愉快になりますよ。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<文/森美樹>

【森美樹】

1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx

関連記事(外部サイト)