女だらけの航空会社。地上スタッフはCAから見下される?

女だらけの航空会社。地上スタッフはCAから見下される?

女だらけの航空会社。地上スタッフはCAから見下される?の画像

 こんにちは。ライターの高木沙織です。

 かつてグラホ(グランドホステスの略、現在のグランドスタッフ)として6年間勤務していた私。みなさんも空港で接する、航空会社の地上職員です。

 前回は、私の初めての留学についてビビリな一面を晒してしまいましたね。続きはまたいつか、お楽しみに。

 今回の12話は、みなさん気になるところでしょうか? CAとグラホの関係性についてです。「ギスギスしてるんでしょ?」という疑問に私の経験からお答えしていきましょう。

◆花形はやっぱりCA?

 航空会社というと、やはりCAが一番の花形。そんなイメージがあるのではないでしょうか? 初めて会う人に職業を聞かれ、「航空会社で働いています」と答えると、ほほ100%の確率で、「え、CAさんなの?」と聞き返されますもん。特に、男性は目をキラキラさせてね。

 そこで、「いえ、地上職なんです」と答えたときの期待はずれみたいなガッカリした顔は、本当に何度目にしたことか。大げさではなく、100回くらい見たかも。グラホは二番手、みたいな空気を勝手に感じてイラッとしてしまっていましたね。「あーもう、仕事のこと話したくない」って。

◆憧れからの嫉妬があった

 でもこれって、私がCAになりたかったという気持ちや憧れがあったからなんだと思います。だって、グラホの仕事に誇りを持っていたら、「いや、グラホってだっていいでしょ?」と思えるから。

 チェックインカウンターやゲート、出発前の機内などでCAと顔を合わせることが常である仕事だから、就職したての頃は勝手にライバル意識みたいなものを燃やしていましたよ。私の場合は、恥ずかしながら嫉妬というやつ。ですがそれも、少しずつ仕事をこなせるようになり、業務への理解が深まってからは、私のなかでグラホであることに自信を持てるようになり、CAへのメラメラ感はなくなっていきました。

 ちなみに女性との会話では、男性よりも航空会社の仕事への興味・知識があるからか、「どっちですか?(CAとグラホの)」と聞かれます。男性のみなさん、私のような人もいるのでくれぐれも質問の仕方には気を付けて。聞いたあとの表情にもね。

◆グラホってCAから見下されてるの?

 うーん、これは難しいところですね。もしかしたら、世間一般にはCAは機内で優雅に接客している(実際には体力勝負のハードワークだと思います)のに対して、グラホはチェックイン時に愛想がないし空港内を声を張り上げて走っていたり、重い荷物を担いでいたり。なんだかガサツな印象(現役グラホのみなさん、お許しを)。

 文化系と体育会系、似て非なる職業だと思われていることも関係しているのかも。 CA=声をかけたくてもかけられないクラスの美人、グラホ=力持ちのアクティブ体育会系だと例えたとき、やはりCAが女として上に見えてしまうのかもしれませんね。それゆえのマウンティングされてるのかな、と感じたことはあります。

 今だから言えますが、チェックインだって時間が許すことなら一人ひとり丁寧に心を込めておこないたかった。けれど、何せ一日で4便。何百人もの乗客をチェックインしなくてはならないので、時間との勝負だったんです。グラホも優しく女性らしい人が多いんですよ、忙しすぎなければ……。

◆いや、でもギスギスしてるんでしょ?

 私たち外資系航空会社のグラホは、その支店をベースにするCAとロッカールームが一緒であることが珍しくありませんでしたが、顔を合わせてもあいさつや、「今日の〇〇便は大変でしたね」などフライトについて少し会話をするくらいしか接点はなかった。業務中に必要となる乗客リストの受け渡しなんかは、チーフパーサーと呼ばれる客室全体の責任者(男性の場合もある)としかしないし。

 もちろん、仲よし同士のグラホとCAもいましたし、そんなにバチバチした感じはなかった、はず。というか、そこまで関りがなくてバチバチしようがなかったかな。

 あ、たまにですが、機内で発生したクレームを怒りに任せて私たちに伝えてくるCAはいました。20代前半の私は血の気が多く、それに食ってかかりそうになったり。もちろん全員がそうではありませんでしたし、優しい人も多かったです。逆のパターンもあるだろうから、これはお互い様ですね。

 ほかの航空会社はどうだったのかはわかりませんが、これが私が勤務していたときのCAとグラホのざっくりとした関係性です。

―グランドスタッフの裏話 VOL12―

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi

関連記事(外部サイト)