奇抜ファッションで知られる英王女が婚約。お相手はバツイチ富豪

奇抜ファッションで知られる英王女が婚約。お相手はバツイチ富豪

ベアトリス王女(右)と婚約者のエドアルド・マペッリ・モッツィ氏(左)

 結婚式という晴れ舞台であえて手術痕が見えるウエディングドレスを着て、人々を感動させたイギリスのユージェニー王女の結婚式から約1年。今度は、ユージェニー王女の姉であるベアトリス王女(31)が幸せいっぱいの姿を見せた。

 英エリザベス女王の孫で、ウィリアム王子とヘンリー王子のいとこにあたるベアトリス王女がこのたび、以前より交際が報じられてきた男性との婚約を発表。これまで超奇抜ファッションで話題になることが多かったベアトリス王女の幸せ報告にお祝いムードが広がる一方、お相手男性について心配の声も上がっているという。

 エリザベス女王の次男アンドリュ―王子と、元妻セーラ・ファーガソンの長女として生まれたベアトリス王女。そんな生粋のプリンセスのハートを射止めたのは、ミリオネアの実業家エドアルド・マペッリ・モッツィ氏(34)。

 英王室は、2人の挙式が来年に予定されていることを発表している。

 2人は婚約にあたり、コメントを発表した。

「私たちは婚約のニュースを発表できたことが本当に幸せです。これから人生という冒険を共に歩んでいくことがとても楽しみです。結婚が待ちきれません。私たちは共通の興味や価値観を持ち合わせていますので、このことが自分たちの関係をこれからも、愛と幸せに満ちたものにすることを確信しています」

 王女の両親であるアンドリュー王子とセーラ元妃も声明を発表。

「ベアトリスとエドアルドが婚約したことに感激しています。誇りを持って2人の関係を見てきました。私たちは素晴らしい娘を持つ幸運な両親だと思っています。献身的な友人で一途な若い男性の中に娘は愛と親しみを見つけたのです。未来に素晴らしい家庭が待っていることを心から祈っています」

 また、モッツィ氏の両親も喜びのコメントを発表した。

「エドアルドとベアトリスの婚約に喜びでいっぱいです。我々家族は彼女のことを子供の頃からずっと知っています。エドとベアトリスは運命の関係にあったのです。2人の幸せな様子とお互いへの気持ちは誰の目にも明らかです。2人の間には信じられないほどの強固で揺ぎ無い絆がありますので、結婚によりその既に素晴らしい関係は更に強きものとなるばかりでしょう」

 イタリアでの休暇中にプロポーズされたといわれているベアトリス王女。英王室のインスタグラムには、幸せいっぱいのツーショット写真も。

 妹のユージニー王女が撮影したというこの写真では、フラワー柄のワンピースに身を包んだベアトリス王女が婚約者をウットリ見つめ、笑みを浮かべている姿が。幸せオーラが漂う、なんとも素敵な写真だが、かつてのベアトリス王女とはまるで雰囲気が異なっていることに気がつく人も多いのではないだろうか。

◆奇抜ファッションで知られるベアトリス王女に変化も?

 ベアトリス王女といえば、斬新かつ奇抜なファッションでたびたび話題になった人物。特に2011年のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式で着用した帽子で世界中の注目を集めた。

 下の写真右がその帽子で、これは有名ブランド「フィリップ・ トレイシー」デザインのもの。見て分かる通り、かなり奇抜なデザインのこの帽子は大反響を呼び、ロイヤルウエディングの主役である新郎新婦にも負けず劣らず大きなインパクトを残した。

 このベアトリスのファッションは「浮いてる」といった意見も多く、「便座に巨大なプレッツェルがのっているみたい」「便座ハット」などと茶化す人々が続出。SNSでも「ベアトリス王女のばかげたお祝いハット」と題するページも登場するほどだった。

 ちなみに、ちょうちょうのようなものがいっぱい頭にくっついている写真左の帽子は、2008年に行われた、いとこのピーター・フィリップスの結婚式に出席したときにかぶっていたもの。

 ベアトリス王女の目を引くファッションは、メディアで特集ページを組まれるほどだったが、最近変化が……。昨年くらいから、大人の女性らしいシックで洗練されたスタイルをするようになったともっぱらの評判だが、これはメ―ガン妃の影響が大きいのではないかといわれている。

 そんなイメチェンを成し遂げたベアトリス王女。昨年10月には、長年友人だった婚約者のモッツィ氏と交際を開始した。2人の関係は猛スピードで進展し、今年の3月にはロンドンのパーティーに初めて揃って登場。それ以来、別の場所でも数回一緒にいる姿がキャッチされていた。

 ところで、ロイヤルファミリーと一体どこで知り合うのだろう? と不思議になるが、実はお相手のモッツィ氏もかなりの名家出身。実の父親は、アレッサンドロ・マペッリ・モッツィ伯爵で貴族出身。モッツィ氏の義父にあたる母親の再婚相手も相当な資産家だったとのこと。

 また、モッツィ氏本人も不動産関連会社BANDA Propertyを設立し、経営している。亡くなった義父の遺志を継いで立ち上げたチャリティ団体を運営する一方で、本業の不動産関連事業も順調とのことなので、少なくともベアトリス王女の資産狙いで結婚するということはなさそう。

 ただ、モッツィ氏には離婚歴があり、元妻との間に子供が1人いるとのこと。離婚歴がある相手でも王室ファミリーとの結婚がすんなり許されるあたり、日本に比べだいぶ自由な感じがする。だが、モッツィ氏が俳優ばりのイケメンで「バツイチ子持ち」なうえ、ベアトリス王女とのツーショット写真でみせる笑顔がどうもわざとらしい……と好感度はあまり高くない模様。

 同じくバツイチで華やかな女優の世界から嫁いだメ―ガン妃が、結婚後に様々な騒動を英王室にもたらしていることもあり、モッツィ氏についても「大丈夫かしら……」といった不安の声が一部からあがっているという。

 幼いころに両親の離婚を経験したベアトリス王女。どうか幸せになってほしい。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)