食べログ頼みから卒業!ヤバい店を事前に見分ける方法が話題

ヤバい飲食店を避けるために見るべきチェックシートが拡散 食べログ評価巡り疑惑も

記事まとめ

  • 「年会費を払えば店の評価を上げると言われた」などの告発が相次ぎ、食べログに逆風
  • 運営元のカカクコムは、『食べログ』に関する報道について疑惑を否定している
  • ヤバい飲食店を避けるために見るべきチェックシートが、Twitterで拡散している

食べログ頼みから卒業!ヤバい店を事前に見分ける方法が話題

食べログ頼みから卒業!ヤバい店を事前に見分ける方法が話題

(画像:「食べログ」Twitterより)

 このところ、食べログに逆風が吹いています。

 Twitterでは「年会費を払えば店の評価を上げると言われ、断ったら評価が下がった」「お金を払えば悪い口コミを消せると言われた」といった飲食店経営者からの告発が相次ぎ、10月9日には公正取引委員会が「食べログ」や「ぐるなび」など大手グルメサイトを対象に、飲食店に不当な条件を押しつけていないかの実態調査を始めたと明らかにしました。

 これらに対して、運営元のカカクコムは「食べログとの何らかのお取引によって、お店の点数やランキングが変動するということは一切ございません」(10月10日発表「『食べログ』に関する一部報道について」より)と声明を発表しています。

 そんな食べログを始めとするグルメサイトへの不信感が広がりはじめているなか、Twitterで「アレな店チェックシート」というものが拡散されています。(記事執筆時点で、リツイート6,969件・いいね9,708件)

 それによれば、アレな店ことヤバい飲食店を避けるために見るべきは、「食べログの写真が出来すぎ」「口コミの点数が二極化」や「鳥貴族と同じビル」など、グルメサイトを真に受けないためのチェック項目が並んでいます。

 作成者の「へんてこグルメガイド 矢崎(@asobikikaku)」さんによれば、「チェックするだけで、薄い酒を飲んで驚きの額を取られるのを避けられるので店選びの際には使ってください!」とのこと。

 以下、「へんてこグルメガイド 矢崎」さんのブログ「へんてこグルメガイド」から、ご本人の承諾を得て、こちらのシートを作成した経緯や、その心得を紹介します!

◆ぼったくり店で涙を飲んだ悔しさがきっかけ

 新宿での友人3人との飲み会の2次会の店選びで大きな痛手をこうむったことがきっかけだそう。

<「グルメサイトで一番上に出てきた近くの居酒屋に行くことにした。

 お店の階に行くと看板が何度も変えられた跡があり、店名には「完全個室」の文字…

「オラ、なんかぞわぞわすっぞ!」と思いながらも入ったら案の定「アレなお店」だった。

 シロップを薄めたようなサワーやモヤシしか入ってないモツ鍋、レゴブロックのようなシャリにベーコンがのせられた肉寿司。

 完全個室とは名ばかりの薄いすだれにもかかわらず、席料と個室料、そしてサービス料にが加算されていた。

 そんな居酒屋で悔し涙よりも薄い鍋の汁を啜りながら僕は思ったのだ。

 …アレなお店はすべて排除せねばならぬと!>(「へんてこグルメガイド」より引用。以下角カッコ内は同)

 そこで「ヤバイ店を感知するアンテナ」を高くすることを説く「へんてこグルメガイド 矢崎」さんは、こう続けます。

<よくアレなお店を判断する方法として「お店の中に水槽があったらアウト」や「お通しがパスタを揚げたもの」と言われるけど、これはダメ。

 奴らのテリトリーに入ってしまったが最後、帰ろうとしても

「2オーダー制デス」「オーダーシナイトカエレマセン」とRPGの村人のように同じことを繰り返す外国人店員と押し問答になるだけだ。

 だから入る前に判断しなけらばならない。

 結論から言うと「アレなお店」は、ググれば一発で見抜ける>

◆グルメサイトにこのワードが入っていたら危険信号!

<グルメサイトのトップページを見たときに、以下のことに当てはまっていないかチェックしてほしい。

・店名に完全個室

・店名が創作〇〇

・高級そうなのに予算が3,000〜3,999円

・食べログに出来すぎた写真

・お店のジャンルが不明瞭

・食べログ、ぐるなびにそれぞれ別の名前で登録している

・チェーン店なのに無名

・謎の肉バル

 注意すべき点は「店名」「価格帯」「写真」の3つ。

 特に個人的には店名に完全個室と入っているのに、予算が3,000〜3,999円だとかなり危ない。また、写真がユーザーからの投稿が少なく宣材写真が貼られていると危険度がグッと高まる>

◆メニューページにも要注意!流行りもの食べ放題はヤバい

<ちょっとでも引っかかったらグルメサイト内のメニューも見てほしい。

 ここにもアレなお店を判断する要素が盛りだくさんだからだ。

・肉寿司食べ放題

・シュラスコ食べ放題

・チーズ系の流行り物(タッカルビ、チーズフォンデュ、パネチキン)の食べ放題

・ローストビーフ食べ放題

・生ハム食べ放題

 もちろん「韓国料理店でタッカルビ食べ放題を提供している」など理由のわかるお店は問題ないのだが、何の根拠もない居酒屋でこれを出しているとまぁヤバい。

 流行りもので若い子を呼んで不味いものを喰わせようって魂胆だ。

 十中八九「アレなお店」なのだ>

◆Googleマップのレビュー評価が低い店はヤバい

「へんてこグルメガイド 矢崎」さんによれば、危ないなと感じたお店の住所を、ネットで検索したら別の店名で出していて、名前を変えた形跡があるそうです。

 そこで、チェックすべきなのは下記の項目とのこと。

<・看板と店名が違う

・店名を何度も修正した形跡がある

・Googleマップのレビュー評価が3以下

・口コミサイトの評価が二極化

・キャッチ店舗だ

 ここら辺は言わずもがな「アレな店」なんだけど、なんでみんないっちゃうのかなぁ。

 ヤバいお店というのは、ネットの評価が悪くなると店名を変えて新しいお店として口コミサイトに登録する。

 そうすることでこれまでの悪評はチャラ。桃鉄で言う徳政令カードを使うわけ>

 Googleマップのレビュー評価が低い店がヤバい理由は、

<Googleの評価は食べログと違って消されることはない。

 また、下限がないため明確に評価が現れる。Googleの評価が3点以下は何かしらがあるので気をつけて!>と言います。

◆チェックシートで点数化するとわかりやすい

<とはいえ、「1つでも当てはまればアウト」というわけではない。

 シュラスコを日本で流行らせたバルバッコアのように優良店であっても、1つや2つ当てはまってしまうこともある。

 それを回避するために、点数化してみた。これを是非とも活用してほしい。

●1pt

シュラスコ食べ放題

生ハム食べ放題

新宿、渋谷などの繁華街

鳥貴族と同じビル

口コミの点数が二極化

予算3,000〜3,999円

食べログの写真が出来すぎ

●2pt

肉寿司食べ放題

チーズ系の食べ放題

ローストビーフ食べ放題

店名に完全個室

謎の肉バル

お店のジャンルが不明瞭

創作〇〇

●5pt

キャッチが案内

Googleの評価が3以下

看板が複数

看板を何度も変えた形跡

電話番号をググると別の店

1pt、おそらく大丈夫。

2pt、要注意!口コミを用心深く読んでみよう。

3〜4pt アウト!知った店以外は行かないようにしましょう。

5pt、確実な死>

 これから年末にかけて、外食や飲み会が多くなるシーズン。お店選びをする際に、絶対的にハズレない方法は難しいところです。

 その時に、こちらのチェックを使ってみたら一助になるかもしれませんよ?

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】

ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

関連記事(外部サイト)