『クレイジージャーニー』も打ち切りに…“不祥事で番組終了”がショックだったランキング

『クレイジージャーニー』も打ち切りに…“不祥事で番組終了”がショックだったランキング

「クレイジージャーニー」よしもとミュージックエンタテインメント

 過剰な演出や画像の加工など、いわゆるヤラセが発覚したバラエティー番組「消えた天才」(TBS系)と「クレイジージャーニー」(TBS系)。10月21日、TBSは両番組の放送終了を発表しました。

「消えた天才」は、天才野球少年の試合映像を早回し再生して、実際の投球よりもストレートの球速が速く見えるように加工していたことが判明。

「クレイジージャーニー」は、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探して捕獲する企画において、紹介した6種類中、4種類がスタッフが事前に準備していたものだったことが発覚しました。

「クレイジージャーニー」のMCをつとめていた松本人志は、放送終了が決定した際、自身のTwitterで、

<ひとつ お願いがあります。全てのクレイジージャーニーがヤラセだったと誤解しないで下さい。あの番組ではマジの素晴らしいクレイジージャーニー達とたくさん出会えました>と投稿しています。

 たしかに、ヤラセがあったことは事実ですが、スラム街や世界の秘境など、知られざる世界を見せてくれた当番組。たくさんの根強いファンが終了を惜しんでいます。

◆ヤラセで20年の歴史に幕「アフタヌーンショー」

 他にも、不祥事や事故で打ち切りになってしまった番組は過去にたくさん存在します。そこで女子SPA!では、不祥事で番組終了になってさびしかった番組について、30〜40代の女性200人に聞いてみました(※)。

======

Q.不祥事で打ち切りになったTV番組のうち「さびしい」「ショック」と感じたものは?(複数回答)

(回答:30〜40代の女性200人)

同率9位 年中夢中コンビニ宴ス(テレビ朝日系列)2.5%

同率9位 芸能★BANG+(日本テレビ系列) 2.5%

8位 超近未来遭遇!! どーなるスコープ(読売テレビ) 3%

7位 アフタヌーンショー(テレビ朝日) 3.5%

6位 消えた天才(TBS系列) 9.5%

======

 同率9位の「芸能★BANG+」。各界の芸能事情ツウが集結して、芸能界のゴシップネタで盛り上がるという番組でした。

 2012年5月4日に放送された特番で、オセロの中島知子と占い師女性の同居騒動を特集した際に、新聞のテレビ欄に「騒動の占い師が謎の同居生活全貌激白」などと、占い師本人がスタジオに来るかのように掲載し、番組内でも何度も煽りました。ですが実際に出演したのは、この占い師女性と同居したことがある別の占い師だったため、視聴者から苦情が殺到。番組は7月17日放送分をもって終了となりました。

 また、ヤラセという言葉を全国に広めた番組が、7位にランクインしたテレビ朝日系のワイドショー番組「アフタヌーンショー」です。

 1965年に放送を開始した長寿番組で、20年の長きに渡りテレ朝の朝の顔をつとめていました。けれども1985年8月に、番組スタッフが元暴走族リーダーに、東京都福生市の多摩川河川敷に不良学生約60人余を集めさせて、乱闘シーンを演じさせたことが発覚。

さらに、番組は「女のリンチ場面が欲しい」と、地元の女子中学生5人に対し殴る蹴るの暴行をさせてその模様を撮影していました。

 元暴走族リーダーに14万円の取材費を渡していたことも判明し、東京都福生署は暴行に関わった少女2名を暴行容疑、元暴走族リーダーとテレビ朝日ディレクターを暴行示唆で逮捕。

 このヤラセ行為の発覚によって放送は打ち切りになり、テレビ朝日の社長が謝罪し、テレビ朝日自体も放送免許を取り上げられる寸前にまで陥ったと言われています。

◆面白かった「筋肉番付」は負傷者が出て

======

5位 筋肉番付(TBS系列) 16%

4位 クレイジージャーニー(TBS系列) 21%

======

 収録中の事故で負傷者が出て打ち切りになったのが、5位の「筋肉番付」。プロのスポーツ選手から一般参加者まで、出場者がスポーツをもとにしたさまざまな競技で体力と技術の限界に挑戦するという人気番組でした。

 2002年5月5日、坂の頂上から転がり落ちる大玉を受け止めて、坂の上まで押し上げるという競技で、玉を受け止めきれず出場者の大学生が転倒して玉の下敷きになって負傷。また、大玉の上に乗って水路を渡るという競技では中国人留学生が玉から落下して、大怪我を負いました。

 これらの競技の他にも、安全性に疑問があることが判明して、番組全体の在り方を抜本的に見直すということで、打ち切りになりました。

 現在、番組終了はもったいないという声が多く寄せられているのが、4位の「クレイジージャーニー」。

 タレントの伊集院光も自身のラジオ番組で「クレイジージャーニー、俺はやめなくてよくない?って思うんだよね」と発言。

 クレイジージャーニーと同じく打ち切りになった「消えた天才」を比較に出して、「消えた天才は『今から、実際の映像を見せます』って言って、それ加工して早くしちゃってたら、もう何もなくない?っていう感じがする」と述べ、「クレイジージャーニー」については、「期間中に取れない生物もいるから。現地で取ったやつを、放して取るっていうシーンを撮りましたっていう」と、演出の差について言及しています。

◆3位 発掘!あるある大事典 22.5%

 主に、健康・からだ・食に関するテーマで暮らしにまつわる生活情報を発信していた、「発掘!あるある大事典」(関西テレビ)が3位にランクイン。

 1996年に放送を開始してから平均視聴率は15%前後と、安定した人気を誇っていましたが、2007年1月7日放送の納豆によるダイエット効果を特集した回で、検査データ、写真資料などについての問題が発覚し、打ち切りとなりました。

 番組で取り上げた食品が各スーパーで売り切れになるほどの大ヒット番組だっただけに、もう一度見たいという視聴者の声は多く寄せられています。

◆2位 ほこ×たて 23.5% 

 矛(ほこ)と盾(たて)に関する故事「矛盾」にちなんで、相反する「絶対に○○なもの」同士を戦わせて決着をつけて白黒はっきりさせるというバラエティ番組、「ほこ×たて」(フジテレビ系列)。

 2013年10月20日に放送された「どんな物でも捕らえるスナイパー」と「絶対に捕らえられないラジコン」という対決企画で、収録の順番や対戦の運営方法で問題が指摘されました。

 結果、番組は打ち切りになりましたが、これまで「本物のカニを見分ける職人 vs カニかま」「ユリゲラー vs 曲がらないスプーン」「ONE PIECEマニア vs 元担当編集者」など数々の名勝負を生み出してきた人気番組だけに、放送終了を悲しむ声がSNS上で飛び交いました。

◆1位 ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! 41.5%

 ダントツで1位に輝いたのは「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」(フジテレビ系)。

 1990年に放送開始した同番組は、「ナン魔くん」「マモー・ミモー」や「満腹 太(まんぷくふとる)」などたくさんの名物キャラクターを生み、CD発売やマンガ誌への連載などメディアミックスも大々的に展開。子どもから若者までに人気を博しました。

 しかし、人気コーナー「やるやらクエストII」の収録中の1993年6月24日未明、ゲストとして参加していた香港のロックバンドBEYONDのメンバー黄家駒(ウォン・カークイ)がセットから転落し、搬送先の病院で死亡。内村光良も転落して、全治2週間の打撲傷を負い、一時放送中止していましたが、結局番組はそのまま終了となりました。

 その後、ウッチャンナンチャンによる会見が行われ、内村は涙ながらに謝罪。人気絶頂だった番組での事故は当時日本中に衝撃を与えました。

 長いテレビの歴史の中で、繰り返される不祥事による打ち切り。しかし、松本人志がTwitterで述べたように、番組のすべてに問題があったわけではありません。視聴者を楽しませてくれた瞬間もたくさんあるからこそ、放送終了を惜しむ声も多いのです。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2019年10月22日

有効回答者数:30才から49才 女性200名

<文/満知缶子>

【満知缶子】

ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。

関連記事(外部サイト)