北乃きいは、なんと10人きょうだい。兄弟姉妹の多い女性芸能人5選?

北乃きいは、なんと10人きょうだい。兄弟姉妹の多い女性芸能人5選?

『 K』(エイヘ?ックストラックス)

 少子化が叫ばれる昨今ですが、大家族で育った芸能人は少なくありません。そこで今回は「兄弟姉妹の多い女性芸能人」を紹介します! あとやっぱり芸能人のきょうだいといえば美形揃いなのかも気になるところですが実際は…? さっそく見ていきましょう。

◆北乃きい

「きょうだいが10人いて、自分入れて。私、長女で一番下は0歳」。昨年4月10日放送のテレビ朝日系『世界の村で発見!こんなところに日本人』でそう告白したのは、女優の北乃きい。芸能界でも1、2位を争う大家族の出身です。

「誕生日、お年玉、クリスマスは結構(プレゼントが)大変!」と苦労することも多いようですが、妹や弟がとにかくかわいくて仕方がない様子。ブログでも度々、弟らとのエピソードを明かしています。

 プライベートでは面倒見のいいお姉ちゃんのようですが、それも相まって彼女の優しい雰囲気をつくり出しているのかもしれませんね。

◆仲間由紀恵

 女優の仲間由紀恵も大家族出身で、兄3人、5歳上の姉が1人います。

「木登りをしたりセミ捕りをしたり、結構活発に遊ぶほうだった」と言う小学生時代、仲間は兄たちと段ボールいっぱいにセミを捕り、家の中に放って遊んでいたそう。現在のクールビューティーな見た目からは想像もつきません。

 仲間が兄姉について語る機会はあまりありませんが、2番目の兄は自衛官で、東日本大震災の際には宮城県に派遣されていたことを『週刊ポスト』(11年4月15日号)が報じました。

 沖縄出身らしく彫りの深いイケメンだそうで、美男美女で有名なきょうだいだったんでしょう。

◆倉科カナ

 女優の倉科カナは5人きょうだいの長女。妹が3人、弟が1人います。幼い頃に両親が離婚し、高校卒業後は就職して母親を助けようと思っていたそうですが、一念発起して芸能界に飛び込みました。

 長女らしくしっかり者で清楚なイメージがある倉科ですが、昨年10月26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、「男みたいな性格で、部屋着がかわいくない。ズボンに穴が開いてることがある」と妹から暴露されたこともありました。

 ドラマの共演者からは「頼り甲斐がある」と評判だった倉科。だからこそ17歳も上の竹野内豊に見初められたのかもしれません。

◆森川葵

 昨年2月に俳優・高橋一生との熱愛を『フラッシュ』に報じられ、一躍有名になった女優の森川葵。5人きょうだいの2番目です。

 中学3年生のときに、女子向けティーン誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルオーディションでグランプリを取ったことがきっかけで芸能界に入った森川ですが、「モデルになりたかったというより、お小遣いが欲しかった」のがオーディションを受けた真意だそう。お小遣い制ではなかったため、中学生にして自分で稼ぐという意識がありました。

 ちなみに今年1月に破局報道が出た高橋とは、お互い5人きょうだいで甘党という点で意気投合したと言われています(高橋は5人兄弟の長男)。早くから自立していたからこそ、15歳上の高橋も惹かれるものがあったのでしょう。

 幼い頃は、母親が仕事帰りに買って来たスイーツをきょうだいで分け合って食べるのが何よりの楽しみだったという森川。素敵なエピソードですね。

◆平愛梨

 タレントの平愛梨は6人きょうだいの3番目(長女)。兄が2人、弟2人、妹1人がいます。平きょうだいといえば美形ぞろいで有名。当然芸能界にも進出しており、弟は『3年B組金八先生』(TBS系)に生徒役で出演したことがあり17年の都議選で当選した平慶翔議員、妹は女優の平祐奈です。また長男は一般人でありながら、ハッキリした顔立ちのイケメンだと話題になっています。

 きょうだい仲は良好なようで、度々SNSに登場しています。なんとも微笑ましいですね。

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】

ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

関連記事(外部サイト)