バカリズムが語る結婚後の変化「昔はモテたいとかあったけど」

バカリズムが語る結婚後の変化「昔はモテたいとかあったけど」

バカリズムが語る結婚後の変化「昔はモテたいとかあったけど」の画像

バカリズムさんと井浦新さんがダブル主演を務める『劇場版 殺意の道程』が2月5日、劇場公開&配信されました。WOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程」(全7話)を2時間の劇場版に再編集したもので、バカリズムさんは脚本も手がけています。

 本作は完全なる復讐殺人計画を立てる満(バカリズム)と一馬(井浦新)が、まず「どこで打ち合わせをするのか?」「必要な物資は?」など、普通の映画やドラマでは省略されるに違いない“どうでもいい部分”をやたら細かくリアルに描いたサスペンスコメディで、脚本家としても高い評価を得るバカリズム・ワールドが炸裂しています。

 第36回向田邦子賞を受賞した連続ドラマ『架空OL日記』など、脚本家としても多彩な才能を発揮するバカリズムさんですが、コントのネタもドラマの脚本も「同じ意識で書いている」と言います。お笑い芸人として、脚本家として多忙な日々を極めるなか、笑いの“絶対王者”がネタを書き続ける理由とは? 本人の口からは意外(?)なモチベーションが明かされました。

◆WOWOWは「やりたい笑いをそのままできた」

――地上波とは異なり、WOWOWはクリエイティヴ上の制約が少ないとよく聞きますが、今回の作品を制作するにあたっていかがでしたか?

バカリズム:まず感じたのは、お金あるなぁってことですかね(笑)。内容的にも、地上波よりも自由度が高いと感じました。地上波では「もうちょっとこうしてもらえませんかね〜?」みたいな注文が、普通はあるものなんですよ。視聴者向けにわかりやすくしましょうとか、その時間帯に観ているターゲットに優しい作りというか。そういうことがあまりなく、僕がやりたい笑いをそのままやらせてくれました。

 そもそも『殺意の道程』自体、地上波だったら無理だったと思うんです。ドラマ的な展開や次週に向けてのヒキがほしいとかなく、本当にお笑い最優先でやらせてもらえたので、いろいろな面でやりやすかったですね。

――生真面目な一馬役の井浦新さんも面白く輝いていましたが、笑いが本職のバカリズムさんとしては、いかがでしたか?

バカリズム:業種が違うので、嫉妬とかはないですね。本当に純粋に、すごいなって思います。やっぱり俳優さんと芸人の違いっていうのがもともとあると思うんです。

 笑いだけに関して言えば、専門である芸人のほうが得意でしょうけれど、フリの部分で関して言うと、やっぱり役者さんならではだなと。自分たちができないような、フリによる笑いがあるじゃないですか。現場でも井浦さんから質問をしてくれたり、逆にドラマという分野でわからないところはこちらが質問したり、そこはきれいに役割が分かれているような感じでした。

◆コント番組の感覚でドラマを作る

――単独ライブのみならず、今回のような脚本・主演など、いろいろな種類の仕事を手がけていると思いますが、それはデビューする前の、なりたかった姿なのでしょうか?

バカリズム:もともとは、お笑い芸人になってコント番組をずっと続けられたらいいなあと思い描いていました。ライブもやりながらテレビで自分のコントをやれることが一番の理想のカタチだったのですが、僕が20代か30代くらいのときに、テレビではコント番組がどんどん終わっていって、なかなか数字が獲れない感じになったんですよね。そのときに、テレビではコントは難しいのかなと。

 一方でトークバラエティーとかも好きなので、そういうことをやりつつ、自分の作ったものをライブを中心に吐き出していくことになるのかなと思っていたんです。そしたらあるとき、ドラマのお話をいただいて「あ、この手があったか」みたいな。そこでやりたい笑いを発表できるのではと。そうしたら思いのほか評判もよくて、これは誰もやっていないし、これもありだなと。だからコント番組の感覚で、今でもやっていますね。

――ご自身の中では、コントもドラマの脚本も同じなのですね。

バカリズム:そうですね。ただ、ドラマは“ドラマっていうフリ”が効いているので、より面白い。俳優さん女優さんが出てくれるので、こんな豪華なコント番組はないなって感覚ですね。コント番組よりも豪華な場所でやらせてもらっている感覚です。

――そのご自身の夢が実現している今、仕事の原動力って何でしょうか?

バカリズム:それは「面白かったです」と言われることですね。ライブはその瞬間に笑い声という評価を浴びることができるし、バラエティー番組も出演者、共演者が笑ってくれますが、ドラマや映画は笑い声が聞こえないから、多少不安にはなるんですよ。そうなると、いろいろと現場で言われることの確認しかないんです。原動力は「面白かった」とほめてもらえる、それくらいですかね。前はモテたいとかありましたけど結婚したから、面白かったと言われることが原動力ですね。それはずっと変わらないですね。

◆「俺、全然だな」と思った瞬間

――今の課題は何ですか?

バカリズム:理想は、もっと作品を量産していきたいですね。書くスピードを早くして、もっと数を書きたいなという感じです。現役の間にどれだけの数の作品が残せるか、みたいな。いろいろな種類の笑いが作れるか、というのもありますかね。振り返ったときに「わー作ったなあ」って思いたい。まだまだ全然だなって感じがしますね。

――その時のために頑張るという(笑)。

バカリズム:普段は意識していないのですが、頭のどこかにそれはあります。昔からマンガ家になりたくて、手塚治虫先生がすごく好きだったんですよ。手塚先生が生涯で描いた原稿の枚数が、とてつもない量だったんですね。それを知ったときに「俺、全然だな」って思って(笑)。しんどいとか言っていられないな、とにかくいっぱい描かなければいけないなと。

――ネタも脚本も芯は同じとは言われますが、ドラマでの仕事経験がお笑いにフィードバックしていることは?

バカリズム:ありますね。脚本を書くようになってから、単独ライブの長い尺のコントの書き方がちょっと変わりました。構成や組み立てが上手くなったというか、昔は長い尺のコントに苦手意識があったのですが、短いコントのほうが、時間がかかるようになった。長いほうが一気に書けちゃう。無意識なところでなんとなく物語の展開のさせ方とか、組み立て方は上手になったのかなと思います。

 あとはとにかく書くスピードが早くなりましたね。それはもう経験なんですけど、ドラマにしてもコントにしても書くスピードが年々上がっていっているような感じはしますね。

◆趣味はファミコンやジャンプを競り落とすこと

――今回の『殺意の道程』もそうですが、視点が独特ですよね。お笑いを追求するために努力していることはありますか?

バカリズム:努力する時間がないというか、仕事そのものが努力なんですよね。脚本を書くために、普段、ドラマをたくさん観ているわけでもないんです。結局、実践じゃないですか。よりお仕事をしている人がどんどん上手くなっていくものだと思います。現場で仕事をしている人がどんどん面白くなっていくものなので、普通に仕事をすることが努力になっているのかなって思います。現場で吸収です。たぶん、身につかないタイプなんですよ。

 一時期、いろいろと言葉を知っておいたほうがいいと思って、言葉の意味とかを調べるようにしていたんですけど、結局一個も覚えていないですからね。それよりも趣味で読んだマンガの言葉がふとしたところで出てきたりするし、それが面白かったりするから、意識していないほうがいいのかもしれないですね。

――ちなみにマンガ以外で最近ハマッていることは?

バカリズム:40歳過ぎてから懐かしいものにハマるようになって、小学校時代に買えなかったファミコン、当時の『週刊少年ジャンプ』とかをヤフオクで競り落としています。別にプレイするわけじゃないけれど、パッケージや表紙を見て“じわっ”としています。当時のことを思い出すものを集めていますね。そんなことばかりしています(笑)。当時買ってもらったという喜びを、もう1回呼び起こしてノスタルジーに浸るみたいな。それが一番楽しいですかね。

◆もっとクレイジーで不条理な設定をやりたい

――今後、追求してみたい笑いは何でしょうか?

バカリズム:難しいですね。いろいろとやったので、やりたいよりも逆にやったことない笑いを探すことになるのかな。医療モノをやっていないなとか。でもそれは全部笑いのためのフリなんですよね。

 言ってみれば今は、ドラマを隠れ蓑に笑いをやっている感じなんで、もっとゴリゴリの、笑わせにかかっているものをやってもいいかなと。もっとクレイジーで不条理な設定ですね。もともと不条理な設定ってライブではけっこう好きでやっているので、もっとぶっ飛んだ世界観のものをやらせてもらえる環境があればいいなあと思いますね。

――今日はありがとうございました。最後に作品を楽しみにしている読者にメッセージをお願いいたします。

バカリズム:この作品は、まず新感覚ではあると思います。あんまり観たことがない感覚になると思いますし、普通のサスペンスドラマでは描かれない、無駄な部分がひたすら続くので、「不思議なサスペンスなんだけど、何を見せられてるんだろう」っていう面白さですよね。

 あとはなんとなくドラマの温度的にずっと観ていられる感じのドラマではあると思います。意外と心地いいかもしれないです。サスペンスドラマなのに(笑)。だからサスペンスドラマに興味ない人ほど面白がってもらえると思いますし、逆にたくさん観てきた人も、それはそれでフリになるので、いろいろなところで裏切られるのではないかなって思っています。

<取材・文/トキタタカシ>

(C)2021「劇場版 殺意の道程」製作委員会

【トキタタカシ】

映画とディズニーを主に追うライター。「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。故・水野晴郎氏の反戦娯楽作『シベリア超特急』シリーズに造詣が深い。主な出演作に『シベリア超特急5』(05)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。現地取材の際、インスタグラムにて写真レポートを行うことも。

関連記事(外部サイト)