渡辺直美が“Matt化”したら…/斎藤工、わら人形に強いこだわり

渡辺直美が“Matt化”したら…/斎藤工、わら人形に強いこだわり

(画像:Matt Instagramより)

 毎年渋谷ハロウィン後のゴミが問題になっています。残念ながら、今年も商店街やボランティアの人たちは忙しかったようですね。ここはひとつ、参加者が自らゴミを持ち帰るのを確認するまで、鉄道各社は計画運休してみるのはどうでしょう?

 では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆@“Matt化”した渡辺直美に反響 「過去最高で最強」「もはや別人」

スポニチアネックス 10/29(火)ほか

 ここのところ、いろんな芸能人を“Matt化”させているMatt(25)。今週は渡辺直美(32)の改造に成功し、話題を呼んでいます。

 10月23日に行われた「オニツカタイガー2020年春夏コレクション」の発表会でいっしょになった際に加工してあげたそうで、ファンからは「過去最高で最強」とか「もはや別人」など、驚きの声が相次ぎました。

 これはアプリ化待ったなしですね。

◆A田中みな実&弘中綾香「ふざけて動画を撮りました」

日刊スポーツ 10/27(日)ほか

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(28)が、田中みな実(32)といっしょに食事をしたそうです。10月26日に更新した自身のインスタグラムに、そのときに撮った動画を公開していました。

 9月27日に放送された『あざとくて何が悪いの?』(テレ朝系)で初対面を果たした2人。番組タイトルにちなんで、“あざとい”コントに興じる様子をアップしたというわけ。ほっぺたをふくらませながら横ピースを決める田中さんと、カメラに向かってほほえみかける弘中アナは、相思相愛の仲なんだとか。

 お互いの実力を認め合うからこその友情。休戦協定のような緊張感がたまりません。

◆B斎藤工監督、わら人形に強いこだわり「200体作ってもらった」Q&Aがわずか1問で終了し苦笑い

ORICON NEWS 10/30(水)ほか

 現在開催中の『第32回東京国際映画祭』に、斎藤工(38)が登場。ケーブルテレビ局『HBO Asia』の作品「フォークロア」シリーズのトークイベントに出席しました。

 その中のホラー作品『TATAMI』で監督を務めた斎藤さんは、英語にはない“たたみ”という言葉の強さに魅了されたのだそう。また劇中で重要な役割のわら人形についても、「美術スタッフに200体作ってもらいました」と、相当こだわったと明かしていました。

 かつて、謎の覆面芸人・「人印」(ピットイン)として『R-1ぐらんぷり』にも出場した斎藤さん。わら人形バージョンでのリベンジに期待しましょう。

◆C辻希美、三男・幸空くんとジョーカー風写真を公開「happyハロウィン練習だぁい」

スポーツ報知 10/27(日)ほか

 辻希美(32)が10月27日までに更新した自身のインスタグラムで、三男・幸空(こあ)くんと映画『ジョーカー』の主人公風に加工した画像をアップしました。

「happyハロウィン練習だぁい」とのことで、昨年12月に生まれたばかりの幸空くんも怖いメイクなのにかわいい変身っぷりでした。

 幸空くんが物心つく前に、いったん削除しておくことをおすすめします。

◆D古市憲寿氏、千秋の誕生日に2ショット公開「肌綺麗すぎ」「素敵な関係」などの声

スポーツ報知 10/27(日)ほか

 社会学者の古市憲寿(34)が、10月27日までに更新した自身のインスタグラムで千秋(48)との2ショットを公開。前日26日がお誕生日だった千秋さんに、「何歳になったかまじで謎」と、お祝いのメッセージを送っていました。

 それでも、コメント欄はお誕生日のことより、「古市さんピンクのチーク塗ったみたいに見えます」とか「二人とも肌綺麗すぎ」と、どちらもつやつやの肌をしていることで持ち切りでした。

 お二人とも毛穴に恨みでもあるんでしょうか?

<文/沢渡風太>

関連記事(外部サイト)