兄にすすめられたダイエット方法で減量成功。が、口からでまかせだった

兄にすすめられたダイエット方法で減量成功。が、口からでまかせだった

兄にすすめられたダイエット方法で減量成功。が、口からでまかせだったの画像

ここ数年の暖冬傾向がウソのように大雪となった今年の冬。首都圏など雪がほとんど降らない地域に住む人には関係ありませんが、雪国に暮らす人にとって大きな負担となるのが雪かきです。

 大学在学中は親元を離れてひとり暮らしをしていた鈴木美奈さん(仮名・24歳)は、卒業後に生まれ故郷の北海道で就職。それに合わせて再び実家に戻ったため、当然冬場には雪かきをしなければなりません。

 しかも、自宅があるのは北海道でも積雪量が多い地域。特に大雪の日には、1日2〜3回作業をしなければならない日もあるといいます。

◆きっかけは兄の一言

「母は私が大学に通っていたころに大病を患い、父と兄が交替で家の雪かきをしていました。でも、父も持病の腰痛が悪化してしまい、それからは兄が1人でやっていたんです。そのため、私が実家に戻ってからの雪かきは、兄と替わりばんこで行うことになりました」

 ちなみに中高生のころは両親もまだ元気だったこともあり、除雪作業はほとんど家族任せ。当時は部活で忙しかったうえ、受験勉強などもあって親から手伝えと言われることもなかったそうです。

「地元で就職したのは親のこともあったからですけど、本当は雪も寒いのも苦手なんです。昨シーズンは雪が少なかったので助かりましたが、この冬は11月中から積もるような雪が降り始めました。ここまで大雪の年は、子供のころから数えるほどしか経験したことがなく、天気予報で雪のマークを見ては憂鬱な気分になっていました」

 ところが、お兄さんからの一言ですごく前向きに考えられるようになります。それは「雪かき有酸素運動だし、いいダイエット効果になるぞ」というものでした。

「兄は公務員なんですが昔から勉強ができる人で、同時にすごく雑学にも強かったんです。

 ウチの実家は目の前の道路から玄関まで10メートル以上離れていて、駐車場も屋根はないからボンネットの上や車の周りも雪かきしなきゃいけない。だから、すぐには終わらず30分くらいかかっちゃうんですよね。それだけの時間、身体を動かせば運動代わりになるのも当然だと思って納得してしまったんです」

◆冬場だけで3キロ以上の減量に成功!

 それにコロナ禍で仕事や買い物以外の外出を控えていた影響もあり、体重は春から4キロ近く増加。ただでさえ冬場は運動不足と食べ過ぎで太りやすい季節です。美奈さんもヤバいと感じていたそうで、お兄さんの言葉に発奮して積極的に雪かきをするようになります。

「小型の除雪機があるのですがそれだと作業はラクでも運動にならないため、あえてプラスチックのスコップを使っていました。いくら雪質の軽い北海道でもスコップいっぱいに盛った雪を庭の一角に作った雪捨て場と何度も往復すれば疲れて腕は筋肉痛になるし、氷点下10度を切るような極寒の中でも身体が汗ばむほどでした」

 12〜1月にかけては大雪の日も多く、お兄さんと交代しながらでも1日2回以上の雪かきが必要な日もあり、体重も少しずつ減っていったというから大したものです。

「12月下旬の段階で2キロ減っていて、体重計に乗るたびにヨシッ!って小さくガッツポーズをとっていました(笑)。

 年末年始はちょっと食べすぎたのでリバウンドが怖かったけど、ちょうどその時期も大雪の日が続いたことが幸いして、ほぼ横ばいでキープ。正月明けごろからはまた少しずつ体重が減り始め、最初から比べると3キロちょっと減っています」

 ただ、聞くところによると雪かきだけではなく雪中ウォーキングも実施しているとのこと。そちらの効果も大きいのかもしれません。

「以前は車で行っていた近くのコンビニまで歩いて買い物するようにしただけなんです。家から400〜500メートルの距離だし、ウォーキングってほど大層なものじゃないんです」

◆本当は雪かきを手伝わさせるために言ったウソだった

 それでも自宅からコンビニまでの道は雪が積もっているため、足を取られやすく1キロに満たない距離でも消費カロリーは多そうです。でも、そうして本人の意識が変わったことがダイエットを成功に導いたのかもしれません。

 しかし、先日になってきっかけを与えてくれたお兄さんからある事実を告げられます。

「『雪かきダイエットの話、本当はお前にちゃんと手伝わせるために言った作り話なんだ』って。申し訳なさそうに言ってたけど、最初に兄の話を聞いた後、私も気になってスマホで検索してみたんです。そしたら本当に雪かきでダイエットに成功したという人がいて、それもあって実践しただけ。いくらなんでも兄が言ったからって、その言葉だけを真に受けてやるほど私だっておバカじゃないですよ(笑)」

 お兄さんにとってはまさに“?から出たまこと”。ただし、動機はともあれ、彼女がダイエットできたわけですし、結果的にはよかったのかもしれませんね。

―シリーズ「トンデモダイエット・トンデモ健康法」―

<文/トシタカマサ イラスト/真船佳奈>

【トシタカマサ】

一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。

関連記事(外部サイト)