ユニクロのパクリかと思ったら…中国発プチプラ雑貨店「メイソウ」の使えるアイテム6選

ユニクロのパクリかと思ったら…中国発プチプラ雑貨店「メイソウ」の使えるアイテム6選

ユニクロのパクリかと思ったら…中国発プチプラ雑貨店「メイソウ」の使えるアイテム6選の画像

 みなさんはこのようなショップのロゴを見かけたことがありますか?

 一見するとユニクロかと見間違えてしまうデザイン。そしてMINISOという文字を見ると、100円ショップ「ダイソー」をもじったのでは?と疑いたくなってしまいます。

 これ、実は中国を中心に世界各国で雑貨の販売を行っている人気ショップ・メイソウ【MINISO名創優品】のロゴなんです。“名創優品”という言葉さえ、もう筆者には“無印良品”に見えてきてしまう。気になる…とにかく気になる。

 というわけで実際にショップへと足を運んでみると、意外にも(!?)おしゃれでハイクオリティなアイテムが充実していたんです。

◆気になることだらけ【メイソウ】って一体……

 メイソウは日本人デザイナーの三宅順也氏と中国の若手企業家・葉国富氏により東京で設立されたブランド。2013年に中国市場に進出し、2015年からは世界各国へと店舗を展開。5年の間に世界中でなんと3,500店舗以上をオープンするという驚異の成長を見せ、公式サイトによると現在も月平均80〜100店のペースで新店舗をオープンさせているのだそう。

 日本へも2014年に逆上陸し、現在では原宿店や渋谷店などの路面店だけでなく千葉県、福島県、宮城県のイオンモールにも進出するなど、着々と店舗数を増やしています。

 さて、今回は気になるアイテムを6つ購入して、その使い心地をレポートします(※価格は全て税抜です)。

◆シンプルに使いやすい【靴下収納ケース】400円

 まず目に止まったのは、靴下の収納ケース。「片方の靴下が見当たらない〜」と常に嘆いている子どもたちのタンスの整理整頓にちょうどいいと思い手に取りました。ケースの柄は全部で3種類あり、どれも可愛くて悩んだものの結局1番シンプルなものに。

 何より400円という価格は魅力的。もし失敗しても諦めがつきます。

 ぐちゃぐちゃだったタンスの中があっという間にすっきり!下着や子どもの細かいおもちゃ類など、靴下以外にもさまざまな物の収納に役立ちそうです。あと3つほど買えばよかったと、家に着いてから後悔しました。

◆モバイルバッテリーの充電もお任せ【Apple USBケーブル】1,200円

 USBケーブルは種類が豊富でパステルカラーのものやキーホルダー型などさまざまなデザインがあったものの、そのほとんどがmicro USBケーブルだったためiPhoneユーザーの筆者はがっくり。ですがmicroUSBとライトニングケーブルのどちらも使える2in1タイプを見付けたため購入。

 iPhoneの充電はライトニングケーブル、モバイルバッテリーの充電はmicroUSBケーブルと、使うケーブルが違うためその都度付け替えるのが面倒だったのですが、これなら端子部分を取ったりはめたりするだけなので便利。ケーブル自体も頑丈そうなので、長持ちしてくれる気がします。

◆小鼻にもフィット【ヒョウタン型スポンジパフ】300円

 ブラシやスポンジ、パフなどのコスメグッズもたくさん置いてあり、全体的にくすみカラ―を使っているのでスタイリッシュでおしゃれな印象を受けました。筆者が選んだのはヒョウタン型のスポンジ。こういったスポンジもカラーが数種類あるので迷ってしまいます。2個入りで300円とコスパも◎。

 くびれがあるため、よく見かけるひし形や涙型よりも握りやすくて気に入っています。先が細くとんがっているので、小鼻などの細かい部分にもきちんとフィットしてくれます。

◆カラバリが可愛すぎる【袋止めクリップ】200円

 100円ショップなどでも似たような商品を見かけますが、メイソウはカラーのチョイスがいちいちおしゃれ! クリップを押した時のバネの力が思いのほか強いため、袋をしっかり閉じてくれます。

◆香りも見た目もハイクオリティ【現代シリーズアロマ(赤緑)】700円

 一目惚れならぬ一嗅ぎ惚れしたディフューザーは、700円とは思えない香りのクオリティ。こちらもさまざまな見た目&香りのものが揃っているので、お気に入りを探すのも楽しいです。

 どんなテイストの部屋にもなじむシンプルなデザインもツボ。ガラスと木の組み合わせがかわいい!

◆普段使いも旅行先でも活躍間違いなし【洗面ポーチ】500円

 バッグのように提げて持ち運ぶことができる洗面ポーチ。カラーはピンクとグリーンの2色があり、どちらも少しくすんだような、大人が使っていてもOKの落ち着いた色みです。

 広げた状態でこのように吊るすことができるため、普段使いはもちろんのこと、旅先でも活躍してくれます。……どこかで見たことがあるようなデザインですが、何はともあれ500円とかなりリーズナブルなのは嬉しいところ。

 しかしポーチ類は縫製が少々雑なところがあるので、きちんとチェックすることをおすすめします。筆者も確認したところ糸がほつれていたり、ファスナーの持ち手のシリコン部分が微妙に変形していたりで、5個以上確認してようやくこれなら大丈夫だと思えるものに辿り着くことができました。

 店内の商品は日本っぽいというより、フライングタイガーのアイテムを彷彿とさせる品揃えで、どことなく北欧らしさを感じました。Bluetoothスピーカーなどのデジタル家電は見た目も洗練されているなぁ、と思っていたところ、どうやら北欧のデザイナーが手掛けている商品もあるようです。

 さまざまな企業やブランドの特徴を吸収しつつも、これはもう独自のブランドとして完全に確立されていると感じました。デザイン性が高くコスパも良い【メイソウ】。行ってみる価値は十分にありますよ!

<文/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】

雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。

関連記事(外部サイト)