トイレ後の手洗い「石けん使わない」が意外な多さ!コロナ対策の実際を調査してみた

トイレ後の手洗い「石けん使わない」が意外な多さ!コロナ対策の実際を調査してみた

トイレ後の手洗い「石けん使わない」が意外な多さ!コロナ対策の実際を調査してみたの画像

10都府県で3月7日まで延長された、二度目の緊急事態宣言。ですが長引く自粛生活の中で、前回の宣言発令時と比べて緊張感にも慣れが出てきてしまったという声も聞こえてきます。

 感染症対策について様々な情報があふれている中、一人一人が自分なりに取捨選択して“ここまでは(もう)しなくてもいいかな”という線引きをするようになっている気もします。

 そこで今回女子SPA!では全国の30〜40代男女各100人に「新型コロナウイルス感染症対策についての“本音”アンケート」(*)を実施。新型コロナウイルス感染症対策について「正直な実施状況」を聞いてみました。

※このアンケートでは、“毎回でなく時々でも、やってしまっていること”を尋ねています。

===============

新型コロナウイルス感染症対策について

「実はコレやっちゃってる」こと(時々でも)/複数回答

【女性】

9位 散歩など、人に会わない一人での外出ではマスクをしない 18%

9位 出先で洗っていない手で、目をこすったり、顔をさわったりする 18%

8位 外で床や地面に置いたカバンをそのまま部屋に持ち込む 20%

6位 マスクを洗わずに2日間以上使う 24%

6位 トイレに行ったときの手洗いで石けん類があっても使わない 24%

5位 (寒いので)頻繁に換気をしていない 27%

4位 お金を触った後、手洗いor消毒をしない 31%

【男性】

10位 外からの帰宅後にすぐ着替えない 15%

10位 トイレに行ったときの手洗いで石けん類があっても使わない 15%

9位 (寒いので)頻繁に換気をしていない 17%

8位 外で床や地面に置いたカバンをそのまま部屋に持ち込む 19%

7位 出先で洗っていない手で、目をこすったり、顔をさわったりする 22%

6位 買ってきたペットボトルやお惣菜パックを、そのまま食卓にあげる 25%

5位 散歩など、人に会わない一人での外出ではマスクをしない 28%

===============

◆外出先でのマスクやカバンの扱いは?

「散歩など、人に会わない一人での外出ではマスクをしない」「出先で洗っていない手で、目をこすったり、顔をさわったりする」が、女性は同率で18%で9位、男性はそれぞれ28%で5位と22%で7位でした。人通りがない屋外では、マスクをつける・外す判断に迷いますよね。ちなみに「マスクをしないで外出する」と答えた人は、女性で6%、男性で11%。

 マスクを着用することで、“うっかり顔を触ってしまう”ことをある程度予防でき、机やドアノブに付着したウイルスが手を介して口や鼻に直接触れることも防げます。感染予防のためにも外出時はできるだけマスクを着用したいものです。(厚生労働省新型インフルエンザ専門家会議の資料をもとにした、食の安全・安心財団「新型コロナウイルスとマスクの効果について」より)

「外で床や地面に置いたカバンをそのまま部屋に持ち込む」が、女性は20%、男性では19%でともに8位。以前は床や地面にカバンをそのまま置いていた人も、今は“ちょっと怖くて置けない”と思っているかもしれません。

◆マスクを洗わずに2日間以上使うことも……

 やや男女差が出たのが「マスクを洗わずに2日間以上使う」。女性は24%で6位、男性は32%で2位でした。3〜4人に1人が、時々でも“やっちゃってる”ということですね。これに関しては、改めたほうが良さそうです。厚生労働省と経済産業省が昨年3月に公開した、新型コロナウイルス感染症対策に対応する布製マスクの洗い方動画によれば、マスクは1日1回洗う(ただし汚れたらその都度洗う)ことを推奨しています。マスク着用の効果をきちんといかすためにも、こまめに洗いたいものですね。

◆トイレでの手洗い、石けんを使う? 使わない?

「トイレに行ったときの手洗いで石けん類があっても使わない」も、男女でトイレ(小)の使い方が異なるためか差が出ています。女性は24%で6位、男性が15%で10位でした。筆者はいまだに女性トイレで“水でちょろっと指先だけ洗う女性”を時々見かけますが、その後すぐに手指を消毒していると信じています。

 厚生労働省が公開している「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」によれば、手指に付着しているウイルス量は、流水による15秒の手洗いだけで100分の1に、石けんで10秒もみ洗いし流水で15秒すすぐと1万分の1に減らすことができるそう。100倍の差は大きいですが、石けん等が見当たらない場合は仕方がないですよね。水だけで洗う場合はせめて流水で15秒以上を意識して、丁寧に洗うことが大事なようです。

◆3人に1人が「お金を触った後、手洗いや消毒をしない」

「(寒いので)頻繁に換気をしていない」は、女性が27%で5位、男性17%で9位。この寒さの中、“わかっていても寒くて換気できていない”という場合もあるでしょう。また、“頻繁に”というのが、具体的にどれくらいの時間なのかもわかりにくいという点も不安になる理由かもしれません。

 換気の頻度に関しては、厚生労働省が「3つの密を避けるための手引き!」の中で、「窓を使った換気を行う場合、風の流れができるよう2方向の窓を1回数分程度全開に。換気回数は毎時2回以上」と示しています。寒さはツライですが、換気を前提に、自宅でも出先でも常に羽織れる防寒具を手元に置いて、対策をしておきたいものです。

「お金を触った後、手洗いor消毒をしない」については、女性が31%で4位、男性が32%で2位と、男女ともおよそ3人に1人が選択。不特定多数の人が触り、めったに洗われることのないお金ですが……コロナに関係なく普段から気にしていた人もいれば、意識したことがない人も意外といるのかもしれませんね。

◆男女の「コレやっちゃってる」上位3位

===============

【女性】

3位 買ってきたペットボトルやお惣菜パックを、そのまま食卓にあげる 34%

2位 外からの帰宅後にすぐシャワーを浴びない/入浴しない 37%

1位 スマホなど、外で触ったものを、帰宅後に消毒しないでそのまま家でも使用する 38%

【男性】

2位 マスクを洗わずに2日間以上使う 32%

2位 お金を触った後、手洗いor消毒をしない 32%

2位 スマホなど、外で触ったものを、帰宅後に消毒しないでそのまま家でも使用する 32%

1位 外からの帰宅後にすぐシャワーを浴びない/入浴しない 40%

===============

「買ってきたペットボトルやお惣菜パックを、そのまま食卓にあげる」は、女性が34%で3位、男性が25%で6位でした(ただし男女差は、単に食卓へ飲食物を上げる頻度の差もありそうです)。一度目の緊急事態宣言で“外で買ったもののパッケージは消毒しないと食卓に出せない!”と思っていた人も、その後さまざまな情報に触れてきた中で、“ここまではしなくてもいいか”となっているのかもしれませんね。

「外からの帰宅後にすぐシャワーを浴びない/入浴しない」は、女性が37%で2位、男性は40%で1位。水で洗い流すことでウイルスの数を減らせるのを理由に、厚生労働省は「新型コロナウイルスに関するQ&A」で帰宅後のシャワーを推奨しています。ですが冬は特に外での肌の露出が少なく、また寒さもあり、帰宅後すぐには浴室へ向かわなくなっているのかもしれません。

 女性の1位は「スマホなど外で触ったものを、消毒しないでそのまま家でも使用する」(38%)でした。男性は32%で2位。スマホに関しては“あるある”と思う人もいるのではないでしょうか。手洗いは意識するものの、手を洗う前に触ったスマホに関しては、つい忘れてしまうのかもしれません。コロナ対策はもちろん衛生面でも、スマホを触った手で食事をするのは控えたいものです。

◆9割の人が実施している対策は?

 換気や手洗いなど、ついつい油断しておろそかになってしまうことも多い中、このアンケートから9割以上の人がきっちり実施している項目もわかりました。「夜の会食に行く」(男女ともに2%で最下位)や、先述の「マスクをしないで外出する」、「外からの帰宅後にすぐ、手洗いor消毒をしない」「外食したあとすぐにマスクをつけない」を選んだ人は、男女ともに10%を下回っています。

 ちなみに“不織布より性能が劣る”などと話題になったウレタンマスク関連の項目も尋ねてみましたが、「ウレタンマスクやマウスシールドを使っている」と答えた人は、女性5%、男性6%にとどまりました。

 皆さんもこれを機に、「最低限これはやろうよ!」をアップデートしてみては。ただし、“やっていない人も多い”イコール“やらなくていい”ではありませんのでご注意を。

参考:

「新型インフルエンザ流行時の日常生活におけるマスク使用の考え方」 新型インフルエンザ専門家会議(平成 20年11月20日)

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」(“緊急事態宣言と政府の方針”問3 新型コロナウイルス感染防止を日常に取り入れた『新しい生活様式』とは何ですか。)

厚生労働省「3つの密を避けるための手引き!」

国立大学法人豊橋技術科学大学 Press Release データから見るマスクの効果(2020年10月15日)

*【調査概要】新型コロナウイルス感染症対策についての「本音」アンケート

アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代近畿地方在住女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間 2021年1月15日

調査対象 全国の30歳から49歳までの男性100名、女性100名

調査会社 リサーチプラス

<文/瀧戸詠未、女子SPA!編集部>

【瀧戸詠未】

ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

関連記事(外部サイト)