高橋一生、菅田将暉は何位?サイコパス役がうまいと思う俳優ランキング

高橋一生、菅田将暉は何位?サイコパス役がうまいと思う俳優ランキング

画像:TBSテレヒ? 日曜劇場『天国と地獄-〜サイコな2人〜』公式サイトより

今期、大反響を呼んでいるドラマといえば、綾瀬はるか主演の『天国と地獄 〜サイコな2人〜』(TBS系、日曜夜9時〜)です。2月7日放送の第4話の視聴率(世帯)は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。好調をキープしている要因は、やはり綾瀬と高橋一生の好演でしょう。

 警視庁捜査一課の刑事を演じる綾瀬と、サイコパスな連続殺人鬼役の高橋。魂が入れ替わった2人の演技に毎回ハラハラさせられっぱなしですが、この「サイコパス」という役は名優たちにより何度も演じられてきました。

 そこで女子SPA!は、「サイコパス役がうまいと思う俳優(男性)」を調査(*)。30〜40代の女性100人が選んだナンバー1は誰だ!?

===========

サイコパス役がうまいと思う俳優ランキング

(複数回答)

10位 森山未來 13%

7位 柄本佑 14%

7位 高嶋政伸 14%

7位 山田孝之 14%

6位 高橋一生 15%

4位 綾野剛 19%

4位 藤原竜也 19%

===========

 演技派がズラリと並びました。注目したいのは7位の高嶋政伸。2017年放送のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で大手予備校の理事長を演じた高嶋は、主人公の女性への粘着質なストーカーっぷりがいい意味でとっても気持ち悪い! 狂気と性欲に満ちた役は強い印象を残しました。

 同じく7位の山田孝之は、『闇金ウシジマくん』シリーズの印象が強いですね。死んだ魚のような目をした冷酷な闇金ファイナンス社長は当たり役でした。

 4位は、ともに“演技派”として評価の高い綾野剛と藤原竜也。綾野は、17年公開の映画『亜人』でテロリストとして大量殺人を企てる役を演じました。

 藤原はクズ役だけでなく、狂気的な役もお手の物です。映画『藁の楯』(13年)では、繰り返し犯罪を重ねる凶悪犯を怪演。メガホンを取った三池崇史監督の「あれは演技じゃない。割と素」というイジりに、藤原も苦笑するしかありませんでした。

 映画『デスノート』シリーズでは、世界を変えるために犯罪者を次々と葬り去る夜神月役に。共演の松山ケンイチからは「狂気じみた演技が忘れられない」とお褒めの言葉が出ていました。

◆2位 松山ケンイチ 20%

『デスノート』で藤原のライバルを演じた松山ケンイチ。猫背で変人の天才探偵Lはハマリ役で、世間にその名を知らしめます。09年放送のドラマ『銭ゲバ』(日本テレビ系)では、貧乏な出自ゆえ、お金だけを信じて生きている蒲郡風太郎を熱演。あの不気味な目が印象に残っている人もいるのではないでしょうか。

 連続殺人鬼などの典型的なサイコパス役はやっていませんが、演技派として認知されているからこそ2位にランクインしたのでしょう。

◆2位 菅田将暉 20%

 昨年放送のドラマ『MIU404』(TBS系)での演技が光った菅田将暉が2位。関西弁のフランクな青年久住は、実は警察を翻弄(ほんろう)するラスボスという役どころ。最終話で主人公たちと対峙した時の狂った言動は、菅田にしか出せない臨場感でした。

 19年のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)では、自身の教え子たちを教室に監禁する教師役、同年には舞台『カリギュラ』で“狂気の暴君”と言われたローマ帝国第3代皇帝を演じています。「イケメン若手俳優」という枠にとらわれない実力の持ち主です。

◆1位 佐野史郎 25%

 令和になっても「サイコな人=佐野史郎」の方程式は崩れず。1992年放送の伝説的ドラマ『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)。佐野演じるマザコンでオタクな冬彦さんはその気持ち悪さから社会現象にまで発展し、佐野のイメージを定着させることになりました。

 2018年には東海テレビ制作のドラマ『限界団地』で、同じ団地の住民を殺害しその秘密を知る父親を軟禁する寺内誠司を怪演。「冬彦さんを超えた」との呼び声も高い作品でした。

 約30年経ってもいまだに「冬彦さん」と呼ばれることについて、佐野は「誇りに思っている」「役者冥利に尽きる」と語っています。

 トップ10圏外を見てみましょう。中村倫也、松坂桃李、山田裕貴が12%を獲得し、同率11位となりました。中村は、18年のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で見せた男尊女卑思考の強い外資系コンサルタント役や、『闇金ウシジマくん』で女性を洗脳する役など“カメレオン俳優”の名に相応しい役が多数。山田は昨年のドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)で二面性のある教師役を演じました。

 14位はユースケ・サンタマリア。19年のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では、真顔でパワハラ発言を連発するブラック上司に。「サイコパス感が絶妙」と話題になりました。

「狂気的な役者」は、いまだ佐野強しの状態。今後その地位をおびやかす役者が現れるのか、注目です。

*【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2021年01月28日

回答者:全国の31歳〜49歳女性100名

<文/女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)