天皇皇后両陛下の「リアルご尊顔セーター」が爆誕。編み物作家に直撃した

天皇皇后両陛下の「リアルご尊顔セーター」が爆誕。編み物作家に直撃した

陛下の"ご尊顔セーター"反響

天皇皇后両陛下の「リアルご尊顔セーター」が爆誕。編み物作家に直撃した

天皇皇后両陛下のセーター

 大きな感動を呼んだ、天皇陛下の一連の即位儀式。

 11月9日、国民祭典で嵐が奉祝曲「Ray of Water」を披露し、雅子さまが涙を拭われたシーンは忘れがたいですね。祝賀ムードの中、こんなセーターがTwitter界隈を賑わせています。

どどーーん! 両陛下のご尊顔どアップの白セーター。

 作者は、編み物☆堀ノ内さん。両陛下セーターのほか、有名人(三億円事件の犯人とか! わっかるっかなー)をモチーフにしたセーターを制作しているんです。

 マイケル・ジャクソンにプリンス、デヴィッド・ボウイから、たのきんトリオ(わっかるかなー?)まで、映画は「シャイニング」「時計仕掛けのオレンジ」など、なんだかアラフィフがビンビンくるモチーフが多いんです。

 一体どんなかたが作っているのでしょう? さっそくお話を聞いてみました。

◆恥ずかしいので外で着たことはないです

 簡単なプロフィールを教えてください。ニットのモチーフを拝見していると、アラフィフなのかなという気がします。

「年齢は非公開ですが、そんな感じです。桑沢デザイン研究所というデザイン専門学校を卒業して、グラフィックデザイナーとして勤めた後、独立してフリーランスになりました。現在もグラフィックデザインの仕事をしています」(編み物☆堀ノ内さん、以下同)

 天皇皇后両陛下のニットの制作で一番こだわった部分を教えてください。

「とにかく上品にしようと思いました。だからベースカラーも白です。おふたりのご成婚のときに記念切手が出たんですが、そのデザインがすごくよかったので、デザインの参考にしています」

 反響はどうでしたか?

「今までで一番多かったですね。SNSを通じて、両陛下のニットで私の作品を初めて見たというかたが多かったです。『こんなの編めるんですか』といった素直な驚きの声をたくさんいただきました」

 天皇皇后両陛下のニットを着て出かけたことはありますか?

「これに限らず、自分で着たことは一度もないんです(笑)。作品だと思っているので、元から着ようと思っていないんですよ。出来上がりを試着したことはありますが、外に出たりはしません。恥ずかしいので(笑)」

◆編み物はまったくの素人でした

 たしかに三億円事件のモチーフは着て歩きたい感じではないかも……?「顔ニット」とでもいいますか、非常に印象的なデザインですが、作り始めたきっかけを教えてください。

「Tシャツにはグラフィカルなデザインのものがありますが、セーターにはあまりないので、編んでみようと思いました。図書館でたくさん編み物の教則本を借りてみたんですが、全くの素人には難しくて…。

 そんなとき出会ったのが、小説家の橋本治さんが1980年代に出版した編み物の本でした。それは、発想といいデザインといい、衝撃的でした。現在の私の編み物スタイルはそのまま橋本先生の影響といっていいと思います」

 最初に堀ノ内さんのセーターを見たときに、思い出したのは橋本治さんでした。やはり影響を受けていたんですね。

「私が衝撃を受けたんだから、みんなも受けるだろうと思ったんです。最初は『自分には到底できない』と思っていたんですが、橋本治さんの本を中古で入手して読んでみたら、初心者にもめちゃくちゃ分かりやすい解説がついていました。それから彼のセーターを参考にして取り組み始めたんです」

◆1着編むのに2週間かかります

 なるほど。作品は手編みなんですか? とても精巧なので時間も手間もかかりそうだなと思って…。

「橋本先生の作品は全て手編みだったので、私も最初は手編みだったんですけど、1着編むのに1カ月以上時間がかかるので、これはもうちょっと効率よくできないかと思って、家庭用の編み機を購入しました。ところがこれ、Youtubeにもハウツー動画がない、ググっても機械編みのハウツーはヒットしない、編み機自体にも取扱説明書がついていない。

 途方に暮れて、買った店に行って相談したら、編み機を教えているカルチャースクールを教えてもらいました。そこに週1〜2回、半年くらい通って編み機の使い方を習ったんです。かつてはたくさんのメーカーが販売してましたが、現在は1社のみとなってしまったんですよ」

 えぇっ、取扱説明書もついてないってすごいですね。編み機の使い方をマスターしてからは、1着編むのにかかる時間はどれくらいになりましたか?

「最初にパソコンで絵柄をデザインにして、それをさらに製図にするためにドット絵にします。ひとマスひとマスずつ色を置いていく感じの作業です。製図ができたら、それを元に編み始めますが、編み機を使っても絵柄編みの部分は、一段一段、編み機の針に糸を掛けていく手作業なのでとても時間がかかります。絵柄が複雑な分、最後の糸始末だけでも丸一日かかりますね。製図から編み上がりまで、だいたい2週間くらいかかります」

◆オーダーメイドの注文も増えてきました

 本業はグラフィックデザイナーとのことですが、いつからセーターを編み始めたんですか?

「手編みを始めたのは5〜6年前、機械編みはその1〜2年後ですね。最初はウケを狙うつもりで、面白いモチーフを選んでいました。三億円事件、横山やすしがそうです。一方で大好きな人たちも編みました。ブルースリー、クラフトワークあたりです。ここまでは手編みでした。

 作品を作り続けているうちにオーダーメイドの注文も増えて、今は仕事の半分以上を占めています。ベアブリックを販売してるメディコム・トイさんと一緒に、KNIT GANG COUNCIL(ニットガングカウンシル)というニットブランドをつくって、アイテムを販売しています」

 映画「シャイニング」や、デビルマンなどの有名作品とコラボしているんですね。 ありがとうございました。

=====

 昔は、多くの家庭に編み機があり、ジャッジャッとニットを編んでいたものです。「ファストファッションなどない時代、子どものセーターなら、編んだ方が安価でよいものができたのでしょう」という堀ノ内さん。

 筆者が学生の頃は、好きな男の子にセーターやマフラーを編むのが流行って、クリスマスやバレンタイン前には短大の学食で、大量の学生が編み物をしていました。筆者も、ものっすごいヨレヨレのセーターを編んであげたことがあります。黒歴史です。

 編み機もかつてほど使っている人が多くない今、編み物☆堀ノ内さんの活動は、古きよき文化を継承し、ニット人口を呼び戻す刺激になるのかもしれませんね。

【編み物☆堀ノ内さん プロフィール】

神奈川県相模原市生まれ。桑沢デザイン研究所卒業

ホームページ Twitter:@Amimono_Hori

メディコム・トイとのニットブランドKNIT GANG COUNCILから「シャイニング」「時計じかけのオレンジ」等のセーターやマフラーを販売中

<文/和久井香菜子>

【和久井香菜子】

ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「ブラインドライターズ」運営

関連記事(外部サイト)