ニッセンの「ふんどしショーツ」を穿いて感動、もう普通のパンツに戻れない

ニッセンの「ふんどしショーツ」を穿いて感動、もう普通のパンツに戻れない

ニッセンの「ふんどしショーツ」を穿いて感動、もう普通のパンツに戻れないの画像

先日ふと「ふんどしを締めてみたいなー」、と思いまして。というのも、普段穿いているショーツの脚のつけ根やらお尻まわりのゴムの窮屈さ。これ一度気になり始めたら、結構なストレスです。それに今って家で過ごす時間が増えたではありませんか。ふんどしデビューをするならこのタイミングしかないでしょう!、って。

 だけどふんどしって男性が締めるものとか、あの強烈な見た目のインパクトとか、諸々すさまじくて……、なかなか勇気が出なかったんです。

◆ニッセンのふんどしショーツがおすすめ!

 それでもやっぱり、ふんどしが気になる。

 ネットで「女性用」「ふんどし」と検索すると、例のあの形のものだけではなくて“ショーツタイプ”のものもあることが発覚しました。それも種類やデザインが豊富。それだけ多くの女性がふんどしを求めていた、ということなのでしょうか。

 話しは戻りますが、いろいろと見た中でもこれカワイイ!、と心惹かれたのは衣類やインテリア・雑貨のオンラインショップ〈ニッセン〉の【WEB限定】「まるでNOパン ゆったりストレッチで締め付けないふんどしショーツ2枚組」(M〜Lサイズ/税込1,995円)です。(※サイズによって価格が異なります)

 パッと見た感じでは普通のショーツ? リブがアクセントになっていてカワイイ。うん、サイドのヒラヒラとした感じも、ピンクとグレーの色味もただただカワイイ。これがふんどしショーツ、だなんて言われなければわからなくないですか?

 これなら洗濯物を干すときに家族に見られても「沙織のショーツ、どうした?」、と思われる心配もなくてちょっと安心。紐パンやTバックだって隠したいくらいなのに、ふんどしって……、ねぇ。

◆ゴムはお腹周りだけ

 そうそう、肝心なことを伝え忘れていました。このショーツ、よーく見てください。そ経部(脚の付け根)とお尻のラインにゴムが入っていないんです。

 ゴムが入っているのはお腹まわりの部分だけ。

 ふんどしと言ったらそ経部とお尻の解放という筆者のイメージに非常に近く、これは期待が高まります。

◆締めつけ感ゼロ、穿き心地のよさに感動

 それでは穿いてみましょう。

「え? 何この解放感!」これが第一声です。大げさではなく初めての穿き心地です。

 スルッと脚を通すともうそこには何もない、みたいな。Tバックやシームレスショーツとはまた違う。締め付けがないってこんなに気持ちがいいの、と気分まで解放的になっちゃう。座っているときに顕著に気になるゴムの締め付けがないのはまさに「まるでNOパン」、いい意味でスカスカです。

 とは言ってもパカパカとしているわけではなくて、下腹部やお尻はフワッと優しく包んでくれる。ただ、ショーツと身体には若干の隙間ができるため、そこは心に留めておいてください。つまりは……横から見えちゃう!、です。ですが、そこはふんどしショーツですから。これ一枚で家の中をウロウロするわけではないのでいいでしょう(見せないことが大前提ではありますが、着用時の見た目もまたガーリーでカワイイと付け加えさせてください)。

 締め付けがないことでもうひとつ嬉しいのが、色素沈着のリスクが減ること。これもポイントが高いですよね。

◆普段穿いてるサイズを選べばOK

 商品購入時にレビューを読んでいて気になったのが「サイズが大きい」、という書き込みの多さ。

 締め付けフリーでゆったりとした作りをしているからなのでしょうか。やや気がかりではありましたが、通常Mサイズのショーツを穿いている筆者はM〜Lサイズで問題ありませんでした。一般的なショーツとの穿き心地の違いがあるので、慣れるまでフワッと感が大きく感じさせるのかもしれません。

 Webサイトにも「ゆったりとしたはき心地のショーツですので、普段はいているショーツのサイズでの購入をオススメします」、と記載されています。詳しくはサイト内のサイズ詳細をチェックしてみてください。

◆しばらく生活してみて

 それと、お尻に食い込むというレビュー。これはどうだろう、主にほとんど動くことのない家での時間に穿いているので(デスクワーク中や就寝時など)気になりませんでした。ちょっと歩いたり、階段を上ったりする程度なら問題ナシ。

 綿95%の素材で肌に優しく、蒸れにくく暑い時期なんかは風通しもよさそうです。まだ3回洗濯をした程度ですが、今のところ着用感に変化はありません。

 気を付けることと言ったら、ナプキンやおりものシートがフィットしにくいのでそれらを使いたい日は普通のショーツがいいことくらいでしょうか。

 一度穿いたらその解放感に病みつきになる人が多そう、もちろん筆者もそのひとり。しばらくはふんどしショーツしか穿きたくありません。

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi

関連記事(外部サイト)