ユニクロ+GU 全身1万5000円で、彼氏をデート仕様にする4アイテム/バイヤーMB

ユニクロ+GU 全身1万5000円で、彼氏をデート仕様にする4アイテム/バイヤーMB

黒スキニー+エキストラファインメリノウールセーターのMBさん

 ファッションバイヤーのMBです。

 今回はいまいちパッとしないパートナーを簡単におしゃれにするアイテムをお教えします。ユニクロ+GUで上から下まで全て揃えてみましょう!

※価格はすべて税抜です。

◆高級レストランでも耐えられるユニクロ史上最高の「高見え素材」

UNIQLO エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖) 2,990円

 言わずと知れたユニクロ史上最高の素材「エクストラファインメリノウール」シリーズ。これが出てきたことで売上が落ちたニット屋さん、ブランドは数知れず。高級ニットブランドの需要がなくなるほど驚異的な質感を誇ります。

 羊毛の中でも最高級とされる「メリノ種」、その中でもさらに限られた極細ウールが「エクストラファイン」。百貨店などでも万単位の値付けをされていることが多い「エクストラファインメリノウール」を3000円程度の破格で史上破壊したのがユニクロの功績です。

 極細のウール糸から成る美しいツヤ感は他ブランドにニットを遥かに凌駕します。タグさえ見せなければ値段を当てられる人はいないでしょう。

 こうした高級ニットのメリットは何より「色を大胆に使っても許される」こと。安いニット素材で色を使うとどうしても発色が安っぽくなる上に、明るい色は素材の風合いが目立ちやすい。色を使うことで安さがバレバレになってしまうため黒などに傾倒してしまうことになる。

 しかしこうした高級素材なら明るめのカラーを使っても問題なし。ダークトーンの冬場にはちょうど良いアクセントになります。

 風合いの美しさから高級レストランなどでも舐められず、また家庭用洗濯機で洗えるイージーケア性も魅力。コスパで言えばこれ以上ないほど。まずは「冬のTシャツ代わり」におすすめです。

◆見た目もはき心地も完璧、ユニクロの「黒スキニー」

UNIQLO ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ 3,990円

 ボトムスは黒の細身でまとめましょう。

 大人っぽくドレスライクな黒の細身パンツは上半身にチェックシャツやパーカーなど「いつも通り」の服を持ってきてもなんとなくおしゃれに整えてくれる力があります。トップスは印象を変えるものですが、ボトムスは印象を整えるもの。印象を整えずにトップスを変えても「野暮ったいバリエーション」がただ増えるだけです。

 ボトムスを黒の細身で大人っぽく整えることで、買い集めた変なトップスも案外蘇るもの。ぜひ取り入れてみてください。

 おすすめはユニクロのスキニー。

 黒の細身、と聞くと男性はどうしても「そんな窮屈なのはけねえよ」と抵抗感を示すものですが……ユニクロのウルトラストレッチなら問題なし。ゴムのように伸びてフィットするためストレスレス、はき心地抜群です。

 しかもデニム素材やシルエットはブランド品顔負けレベル。こだわりのある男性でもこれなら受け入れてくれるでしょう。

 はき始めはムチっとしがちですが1週間も穿けば伸びてきて馴染みます。最初だけ我慢。

◆トレンドライクなロングコートが、GUで「5000円ほど」!

GU コーデュロイビッグコートCL+E 5,990円

 そしてアウターはGUがおすすめ。

 ロングコートは今年のメンズのトレンドでもありますが、どうしてもブランド品やセレクトショップのアイテムは値段が高い。そこでGUがおすすめです。

 GUは安っぽい素材使いも多く大人が着るにはちょっと…と思うものも多いですが、こちらは厚手のコーデュロイ生地で安っぽさはありません。しかも固めの素材感なのでハリがあり体の線を拾わない。お尻まわりもすっぽり隠してくれるため体型に難を感じている人にもおすすめです。

 なによりこの手のコートが5000円程度というのがありがたい。見た目の印象だけでいえば数万円する高級ブランドクラス。騙されたと思って手を出してみてください。防寒性だけが少し頼りないので真冬はインナーダウンを入れてあげると良いでしょう。

◆「革靴は高い」を変えてくれたGUアイテム

GU アクティブスマートダービーシューズ 2,990円

 最後は足元。

 こちらもGUの革靴でOK。合皮ですが見た目は本革レベルです。合皮の場合なじみにくいので履き心地だけが問題ですが、今年のGUのモデルはインソールにクッション性の高い素材を採用しておりストレスレス。

 ビジネス用としてもギリギリ使えるのでONOFF兼用でこの値段は安すぎる!

 以上4アイテムでコーディネートは完成です。

 まずはここから初めてみてください。普段おしゃれに興味のない人でも十分「ぽく」見えるはずです。

<文/MB>

【MB】

ファッションバイヤー。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」、著書は『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など多数

関連記事(外部サイト)