ジャニーズから2組がなんと同時デビュー。期待の新星とは?

ジャニーズから2組がなんと同時デビュー。期待の新星とは?

ジャニーズから2組がなんと同時デビュー。期待の新星とは?の画像

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 2020年1月22日、ジャニーズJr.の人気グループSixTONESとSnow Manが同時CDデビューすることになりました。

 各グループのデビューCDには、それぞれ相手方のデビュー曲も収録、たがいに刺激し合い、切磋琢磨していく意思を表明するものとなるようです。

 また、明日27日放送の『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2019』では両者のデビュー曲の初お披露目が決定、SixTONESのデビュー曲はX JAPANのYOSHIKIさんが手がけることも話題となっています。

◆なぜ同時デビューさせたのか考察してみた

 ところで、SixTONESとSnow Manは、なぜシンメよろしく同時デビューすることになったのでしょう?

 また、SixTONESと同じく6人組だったSnow Manは、なぜメンバーを増員し9人になったのでしょう?

――それは、「もしかしたらSnow Man、SixTONESによる“鮮やかな陰陽(おんみょう)”を完成させたかったからではないか?」と、私は勝手に読んでいます。さすれば、滝沢秀明さんは聡明なる陰陽師。

 陰陽とは“宇宙の万物を作り、支配する二つの相反する性質を持つ気”のことで、陰陽のマーク・太極図は数字の“6”と“9”を組み合わせたような形をしています。それぞれは“光”と“闇”を表し、この世は光と闇がともに影響しあい形づくられている、ということを意味しています。

◆無限の可能性を秘めたジャニーズに期待!

 両グループを融合させることで、無限の可能性を秘めた新しいジャニーズが生まれる。その運命を彼らに授けたのではないか? そう思えてならないのです。

 Snow Man――世界で最も熱い雪。なんでも知っている気でいたけれど、炎のような雪があること、彼らが初めて教えてくれた。九曜の星の強さと彩り。

 SixTONES――人を高まらせもすれば、鎮めもする。それこそは音色の魔力で、身をまかせる嬉しさも怖さもある。六つもの音を操り、五感を責めてあやす愛すべき誘惑者たち。

 両者はただまばゆいだけの王子でなく、むしろ漆黒の闇も手懐ける黒騎士の属性。砂糖菓子のように汚れを知らぬ少女たちはもちろん、生きる傷みや険しさにうつむく大人の女性をも強く癒せる男たち、なのだと思います。

 陰陽の宿命を背負った15人の雄が、いかに新たなジャニーズを、日本のエンタメ界を拓くのか?

 期待に震えて、見守りたいと思います。

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

関連記事(外部サイト)