コロナで育休後に復帰できず…失業したママが、手に職をつけた方法

コロナで育休後に復帰できず…失業したママが、手に職をつけた方法

コロナで育休から復職しそこねた石井恵(仮名)さん

仕事がないーー!という叫びが世界中にあふれています。

 新型コロナウイルスの感染拡大に関連する解雇・雇い止めは、日本で8万4773人(2021年1月29日、厚生労働省)。特に、女性は深刻で、幼い子を抱えながら職を追われてしまった人もいます。

 夫と2歳の男の子と3人で都内に暮らす石井恵さん(仮名・33歳)は、4人しか社員がいないベンチャー企業に在籍して育児休暇を取得していましたが、復帰目前で職を失いました。

◆復帰1カ月前に突然の失職

「去年の4月に職場復帰予定でした。共働きだったので保育園に息子を送るのは夫、私は時短で働いて…と夫婦でシミュレーションし、着替えやおむつ替えなど仕事前の動き方もすり合わせして準備していました。復帰の1カ月前、急に社長に呼ばれて会社で面談をすることになり、そこで『職場に戻ってきても以前と同じ仕事がない。復帰しても給与が大きく下がってしまう』と言われてしまいました。

 留学する人にキャリア支援をしたり企業に出向いてセミナーをしたりする仕事だったので、コロナの影響を直接受けてしまいました。4月からは夫も新しい職場に転職することが決まっていたので、最初は時短で働きながらそれをサポートしようと思っていましたが、計画が完全に狂いました」

 突然のことでしたが、コロナ禍で次々と会社が倒産するニュースを見るなかで、ある意味覚悟はできていたと言います。

「人数が少ない会社でしたし、安定していないとわかってはいました。息子を第一希望の保育園に入れられることが決まっていたので、失業して保育園に入れられなくなるのではという不安が一番大きかったです」

 一度は職場復帰しないと保育園に入れられない事情から、会社は2週間だけ復帰したという形に。石井さんはセミナーのテキスト作成など、自宅でできる仕事をしたあと退職しました。

「最後に一度職場に寄って挨拶はしました。『コロナがおさまったら送別会を』と言ってもらいましたが、まだ集まれない状況ですし、できていません」

◆ベビーシッター付き講座で、WEBデザインの勉強

 石井さんは育休中に、復帰を目指して会社のために始めたことがありました。

「私は2017年に結婚して翌年出産したのですが、生後すぐ息子に腎臓の病気あることがわかり、大学病院に通院していました。薬のおかげで体調が落ち着いてきたので、思い切って前から興味のあったWEBデザインの勉強をしようと思いました。

 きっかけは自社の更新が止まった古いホームページでした。育休を取る前、私は就活イベントを主催していてイベントのランディングページを作ろうとしましたが、他の会社と比べてとても古かったので、復帰後に変えようと自主的に計画をたてました。

 子育てしながら学べる『Famm(ファム)ママ専用スクール』というところをたまたま見つけられたので、自分のスキルアップのためにも自己負担で入会して、すぐに受講を始めました。そのスクールは、受講中は託児スペースで子どもをベビーシッターさんにみてもらえるんです(コロナ下の現在、講座はライブ配信で、自宅にベビーシッターを無料で派遣)」

「ウェブの知識がほとんどなくて、出産後はPCを開くこともなかったぐらいなのですが、初めて使うMacになんとか慣れていきながら、いろいろなバナーを真似て作りながら練習しました。子育てしながら勉強できるとは思っていなかったので、ママ受講生の仲間から刺激を受けながら短期集中の1カ月で収益につながる実践的なスキルを身に付けることができてよかったです。

 息子を保育園に預けるのであればその前に他人とコミュニケーションをとることにも慣れた方がいいと思っていたので、シッターさんにみてもらいながら勉強できるのは私にも息子にもプラスになりました」

◆転職活動で子育てママに壁「ハンディキャップ」とも

 退職後、転職活動を始めましたが、時短で働けて自宅から近いなど条件に合う職場は見つかりませんでした。

「過去に人材系の仕事をしていたので、ウェブデザインや人材業界など業界をしぼらずに受けようと、ママ向けの求人サイトに登録しました。幼い子をみながら1日に2、3時間サイトで求人情報を探して、4カ月ほどで10数社受けました。子育ての合間にウェブデザインの勉強も続けながらだったので、両立が大変でしたね。

 何社か面接を受けて、1社だけ最終面接まで進みました。自分がそこで働くイメージもできていました。人材派遣のコーディネーターの仕事だったのですが、最後に『もし派遣先からクレームがあれば夜でも謝りに行く場合もありますが、対応できますか?』と聞かれ、言葉につまってしまいました。『年に1度か2度、事前に母や義母にもサポートを頼めたら…』と答えましたが、『大丈夫です』と言い切ることはできませんでした」

 次第に転職活動に身が入らなくなり、フリーランスで個人事業主として開業して働こうと気持ちが切り替わっていきました。

「最終面接で落ちたのはショックでした。でも生活に苦しむような状況ではありませんでしたし、仕事が好きで業務内容で妥協したくないという思いがありました。

 転職サイトに広告やメディア関係の求人登録をした時、男性のエージェントから『業界的に20代の求人が多く、33才だと難しい。子供がいることもハンディキャップ』と悪気なく言われたこともありました。30代が企業に転職しようとすると、子どもがいることが足かせになってしまうんですね。

 フリーで働こうと決意し、進んだ面接もキャンセルするようになりました」

◆フリーランスで、今の収入は月9万円ぐらい

フリーで働こうと思ったきっかけは自分の父親だったと言います。

「父は私が小学生の時にサラリーマンを辞めて起業しました。現在もその会社を経営しており、その父の姿を見て私も自分で事業を起こし経営者になりたいという夢を抱いたため大学も経営学部に進学しました。

 これまでの会社員生活でも多くの学びがあり、それに不満を持っていたわけでもないですが、どこかでいつか起業をしたいという想いがふつふつとわいていたのは事実です。そして”コロナウイルスによる失業”という予期しないきっかけではありましたが、それがある意味では起業を決心させてくれた良い機会だったと思っています」

 現在は、知人から仕事の依頼を受けながら、少しずつ収入を得られるようになってきました。

「いまは毎月9万ずつぐらいの収入です。主にYouTube動画のサムネイル(静止状態のとき動画一覧などに表示される画像)作成の仕事で、毎月20件受注しています。例えばスポーツ系のチャンネルの対決企画のサムネイルなどですね。

 夫はYouTubeの企業案件で依頼を受けてチャンネルをつくる仕事をしているので、夫からいつも『ここはデザインを少し変えた方がいい』『YouTubeだとそれはクリック数が稼ぎにくいかも』などフィードバックをもらうこともよくあります。

 サムネイルを差し替えたら閲覧数やチャンネル登録者数が伸びたり、収益率が上がったりするので、そういった反応があるとうれしいですね。今後はまず今年中に月の売上を20万円にできるようがんばっています。フリーランスでがんばっているママや女性の起業家のホームページを作るお手伝いもしていきたいです」

◆育休中に学んだことが「心のお守り」に

「育休復帰を目指してWEBデザインを学び始めましたが、職を失っても働き方の選択肢としてフリーで働くというカードを1枚持てたことは『心のお守り』になりました。将来安泰な会社なんてないと思いますし、コロナ失業はピンチでしたが夢をかなえるチャンスでもありました。

まだまだ売り上げは少ないですし、個人事業主として活動しているので会社を経営している父とは立場が違いますが、今は少しだけ父に近づけたような気がしています」

 新型コロナの感染拡大により在宅で働きたいママがさらに増え、WEBデザインのように自宅でできる仕事はますます人気が高まっています。

 石井さんが受講した「Fammママ専用スクール」のほか、女性向けのクリエイティブスクール「SHElikes(シーライクス)」や、デジタルハリウッドの「主婦・ママ」クラスWEBデザイン講座など女性のキャリアップの選択肢を広げられる環境は広がってきています。

<文/女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)