肌のアラを隠すトーンアップクリームの色を選ぶコツ&おすすめ4選

肌のアラを隠すトーンアップクリームの色を選ぶコツ&おすすめ4選

mowSHIRO(モウシロ)「トーンアップクリーム ミルクホワイト」30 g 1,500円(画像:BCLカンパニー公式サイトより)

 くすみやシミ、ニキビ跡などの肌悩みを解消し、“元から肌がきれいな人”を演出してくれるコントロールカラーやトーンアップクリーム。今回は現役ヘアメイクさんに聞いたコントロールカラーの選び方やトーンアップクリームの使用レポ、おすすめのアイテムを紹介。

 気にはなっていたもののよくわからず購入に踏み切れずにいた、という方必見です!

◆コントロールカラーの使い分け方

 コントロールカラーは色が数種類あるため、自分の肌悩みにはどの色を使えばいいのかわからない人も多いはず。そこでカラーによってどのような効果があるのか、雑誌などで活躍されるヘアメイクの松岡奈央さんに伺ってみました。

「コントロールカラーはブルー・グリーン・ピンク・パープル・アプリコットなどがありますが、ニキビ跡や頬の赤みが気になる方はグリーンやブルーを気になる箇所にポイント使いすると◎。ただ、ニキビ跡が赤からさらにくすんできた場合にはベースの肌色にもよりますが、イエローやパープルを使ったほうがいいでしょう。パープルやピンクはくすみを飛ばして透明感を与えてくれる効果があるので、顔全体はもちろんのこと、ハイライトとして目の周りにだけ使うのもオススメです。アプリコットやピンクにはクマを消してくれる効果がありますよ」

 また、シミなどの肌トラブルを目立たなくする役割を担ってくれるのがコンシーラーですが、つい明るいカラーを選んでしまいがち。肌よりほんの少しだけ暗い色をチョイスして、完璧に消しすぎない気持ちで乗せるのがナチュラルに仕上げるポイントだそう。

◆話題のトーンアップクリーム、その使用感は……

 最近店頭で見かけることが増えた、肌を明るく白く見せてくれる「トーンアップクリーム」。使い心地や仕上がりが気になったので試してみることに。

●mowSHIRO(モウシロ)「トーンアップクリーム ミルクホワイト」30 g 1,650円(※以下、価格は全て税込みです)

 数あるトーンアップクリームの中で筆者がセレクトしたのは、プラザなどでよく見かけるモウシロの「トーンアップクリーム ミルクホワイト」。

 牛乳タンパク質エキス(乳タンパク)と、カミツレ花エキスやプラセンタエキスなどの12種類の美容液成分を配合したクリームで、スキンケアにもメイクにも使うことができます。

 クリームは弾力がありつつもふわっとした不思議な感触。

 こちらは手の甲の右半分にクリームを塗った画像。どの部分にクリームを塗ったのか記述する必要がないくらい一目瞭然です。

 顔にも塗ってみたところ、塗った直後は白すぎ! と思ったものの、なじんでくると思いのほか自然な仕上がりに。ですが筆者の場合この時期は全顔に塗るのは乾燥の面で抵抗があるので、目の周りにハイライト代わりに仕込んでいます。肌を1トーン明るくしてくれるうえに毛穴もぼかしてくれるので、思っていた以上に活躍してくれています。

 その他に使っている箇所は「首」。夏が終わり完全に油断して10月頃から顔以外には日焼け止めを塗っていなかったのですが、気付けば首だけ黒くなってしまい顔と色が合っていない悲惨な状態に……。ですが首にクリームを塗ればその色の差を埋めてくれるため、かなり重宝しています。

◆おすすめコントロールカラー&トーンアップクリーム4選

@エクセル「グロウルミナイザーUV」35g 1,870円

 化粧下地・ファンデーションのツヤ足し・ハイライトと3WAYで使えるグロウルミナイザー。色や大きさの異なる6種の微細パールが光を乱反射し、肌からあふれ出すような発光感を実現。アルガンオイル、ローズヒップオイル、シアバターの3種の植物由来美容オイル配合で乾燥の季節も安心して使うことができます。

 色はピンクグロウ、ベージュグロウ、ブルーグロウの3色です。

◆Aインテグレート「エアフィールメーカー」30g 990円

 インテグレート史上最軽量のパウダーを使用した、素肌のように軽い付け心地の化粧下地。透け感エアパウダーが毛穴や凸凹をふんわりとカバーし、透明感のある美肌へと補正してくれます。

 ラベンダーカラー、レモンカラー、ミントカラーの3色展開で、あらゆる肌悩みに対応。

◆Bイニスフリー「チェリーブロッサム トーンアップクリーム」50ml 2,530円

 2019年9月に発売したイニスフリーのトーンアップクリームはキュートなパッケージも魅力。ほんのりピンク色のクリームを化粧下地としてメイク前に仕込めば、透明感たっぷりの明るい肌へと導いてくれます。

◆C明色化粧品「Instawhite トーンアップクリーム」50g 1,210円

 シワや毛穴を目立たなくするソフトフォーカス機能を持つクリームが、毛穴はもちろん、くすみや色ムラなどの肌悩みをカバー。牛乳由来成分などの美容液成分が肌の角層までうるおいを届けます。スキンケアクリームなのでクレンジングも不要。メイク前のトーンアップやスッピン時の肌補正、首やデコルテ、手などのボディケアにも。

 知れば知るほど奥が深いメイクの世界。

 使いこなすのが難しそうと敬遠しがちなコントロールカラーやトーンアップクリームですが、効果や取り入れ方をきちんと知ればとっても頼れる味方になります。是非みなさんも試してみてくださいね。

 今回、コントロールカラーの基礎を教えてくれたヘアメイクの松岡さんが、実際に使われているオススメのトーンアップ/カラーコントロールコスメを番外編としてご紹介します!(以下、コメント松岡さん)

―――――――――

◆@アルジタル「ブライトニング ローズ フェイスオイル」50mL 4,730円

 このオイルはブースターに使っています。アベンヌウォーターをたっぷりとシューした後、マッサージをしながらオイルをなじませていき、その後普通にスキンケアします。

 肌がすごく柔らかくなり、くすみを明るくしてくれて保湿力もバッチリ! ローズの香りにも癒されます。

〇「アベンヌ ウオーター」300mL 1,447円

◆ACosmeKitchen【m.m.m】「カラーチューナー PI」3,190円

 こちらはBBに混ぜて使ったり、ハイライト部分にポイント使いしたりします。

 混ぜる割合は肌色だったり、ツヤに仕上げたい場合やお肌のくすみ具合によりですが、基本的に半々ぐらいで!

〇松岡さん使用のBB:ランコム「UV エクスペール BB N」30mL 6,380円

◆Bナチュラグラッセ「メイクアップ クリームN 01(シャンパンベージュ)」3,080円

 ナチュラル派や朝めんどうな方には、コレ一本で保湿、ツヤ、トーンアップ、UV、肌補正してくれるのでオススメしています。セルフメイクでも愛用しております!

◆Cジョルジオ アルマーニ「ネオヌード ハイライター 11」5,720円

 とっても品のあるツヤ感。ナチュラルメイク派の方にオススメです! ピンクベージュの程よい色味が目の周りのくすみも補正してくれて、アイシャドウとしても使えます。

◆Dクリニーク「チャビー スティック スカルプティング ハイライト 02」3,850円

 程よいパール感でツヤが出る上、トーンアップもしてくれて、ほうれい線も目立たなくしてくれます! こちら「もう何本目だろうか〜」という長年の愛用品。

◆ESUQQU(スック)「リタッチ プレスト パウダー 02 グロウ」7,150 円

 とっても軽いつけ心地でトーンアップできます。ツヤ感があるので、乾燥の気になる季節にぴったりのパウダー。

 お顔全体的にはもちろんですが、Tゾーンや目の周りなど崩れやすい場所に部分使いしたりもします。

―――――――――

 以上、日々誰かの顔と向き合っているヘアメイクさんの愛用アイテムでした! プチプラとはいきませんが、気になるものがあれば、ぜひトライしてみてくださいね。

<文/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】

雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。

関連記事(外部サイト)