お家でぽかぽか…あったかグッズ3選<目・お腹・お布団用>

お家でぽかぽか…あったかグッズ3選<目・お腹・お布団用>

お家でぽかぽか…あったかグッズ3選<目・お腹・お布団用>の画像

 冷え性&寒がりの筆者にとって、自宅で手軽に使うことのできるあったかグッズはこの時期の救世主。

 今回はドラッグストアに並んでいるあったかグッズの中から代表的な3アイテムをピックアップ。アイテムの詳細や実際に使ってみた感想などを紹介していきたいと思います。

◆花王【めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ローズの香り】

 あったかグッズの代表的存在とも言える、めぐりズムのアイマスク。約40℃の心地よい蒸気が疲れた目元をじんわりとほぐしてくれる癒しアイテムです。筆者がセレクトしたのはローズの香りですが、他にもカモミールやラベンダー、完熟ゆずの香りなどもあります。5枚入りで500円ほどでした。

 1枚ずつ個包装になっているので持ち運びにもかさばらず便利。袋からアイマスクを取り出すと徐々に温かくなっていきます。使い捨てタイプのうえに電子レンジやお湯なども必要ないので、いつでもどこでも気軽に使うことができるのが最大のメリットです。

 今回初めてローズの香りにしてみたのですが、天然エッセンシャルオイルを贅沢にブレンドしているだけあって、香りが本格的なアロマそのもの! 筆者は寝る前や仕事の休憩中に使っていて、目のコリをほぐしてくれる目薬をさしてしばらくしてから使用するのがお気に入り。

 欲を言えばもう少し密着感が欲しいところですが、手軽に目元をほぐせて蒸気で潤すこともできるので愛用しています。マツエク中はまつ毛の形が崩れてしまったり、もちに影響が出てしまう可能性があるので要注意。

◆桐灰【あずきのチカラ おなか用】

 こちらは100%あずきを使用した、電子レンジで加熱するタイプのあったかグッズ。1,000円ほどで購入したのですが、なんと250回も繰り返し使うことができるんです。元々目元用には数年前からお世話になっている筆者。

 買い換えずにずっと同じものを使っていますが、全体的に毛玉っぽくはなってしまっているものの、まだまだ機能的には現役なのでコスパも抜群。あずきの適度な重みと温かさが何とも心地よく気に入っているのですが、いつの間にかおなか用が登場していました。

 まず言いたいのは、あずきのやさしい匂いがもうとにかく最高なんです。その匂いを嗅ぐだけでも十分癒されます。おなか用のすごい所は、なんと辛さに応じて両面を使い分けることができる2wayタイプだという点。こちらのフワフワ面は生理の時などに使うとやさしい低温でじんわりと温めてくれます。

 花柄面はフワフワ面に比べて高温。便秘などでお腹が張って辛い時に使うと◎。もちろん生理や便秘の時に限らず、身体が冷えていると感じたらコレの出番。お腹を温めると不思議と体全体がポカポカしてきます。目元用同様、冬場の手放せないアイテムになりました。

◆白元アース【レンジでゆたぽん】

 レンジで温めて繰り返し使うことのできるジェル湯たんぽ。布団の中で使用した場合、温かさが約7時間も続くという優れた持続性も魅力です。

 中には本体とカバーが別々で入っていて、本体を温めてからカバーを装着して使います。カバーは洗えるので衛生的なのも嬉しい。

 かわいいリラックマバージョンは子どもたちにも好評! もちろん無地のタイプもあります。布団に入っても足だけは温まらずなかなか寝付けないこともあったのですが、寝る前にゆたぽんを仕込んでおくだけで驚くほど快適に眠りにつけるようになりました。ジェルタイプでやわらかいのでさまざまな場所に使うことができ便利です!

 かなり昔に購入した首・肩用の旧タイプは全体が均一に温まらず温度にムラができてしまうのが難点でした。しかし久しぶりに購入したこのゆたぽんは温めムラの起きにくい新構造を採用しているらしく、きれいに全体が温まってくれます。

 筆者が購入したカインズホームではリラックマデザインは通常のものに比べて100円ほど高く販売していたものの、それでも700円以下でした。繰り返し使えるタイプなのにとてもリーズナブルです。

 仕事中や家でのリラックスタイム、子どもの習い事の付き添い、就寝時など、これらのあったかグッズがあれば冬場の快適さが格段にアップします。

 どれもドラッグストアなどに置いてあり価格的にも気軽にGETできるので、気になった人は是非手に取ってみてください。寒い季節の頼れる相棒になってくれますよ。

<文・写真/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】

雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。

関連記事(外部サイト)