浜崎あゆみも…未婚のシングルマザーが15年間で3倍になったわけ

浜崎あゆみも…未婚のシングルマザーが15年間で3倍になったわけ

浜崎あゆみも…未婚のシングルマザーが15年間で3倍になったわけの画像

こんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 結婚をせず、子を一人で育てていく女性達を「選択的シングルマザー」と呼びます。前回、前々回記事では、選択的シングルマザーとして生きる女性たちに、その経緯や現在の生活について聞きました。

 選択的シングルマザーとは、自分で計画・選択して未婚の母になる人たちのこと。

 今回はご自身も選択的シングルマザーであり、同時に女性の支援事業やコメンテーターとしての活動もおこなう株式会社アタラシイヒ代表やまざきひとみさんに、ご自身のこと、そして選択的シングルマザーが増える社会背景について聞きました。

◆なぜ選択的シングルマザーが増えているのか?

 国勢調査によると、未婚のシングルマザーは、2000年(約6.3万人)から2015年(約17.7万人)と、15年で約3倍に増えました。これだけでは、やむをえず未婚の母になったのか、自ら選んだのかはわかりません。

 ですが、少し前には元アイドルの最上もがや、歌手の浜崎あゆみが選択的シングルマザー宣言をするなど、実感としては「選択的」な人が増えている印象があります。生き方にも多様性が見られるようになりましたが、とはいえ選択的シングルマザーはマイノリティであり、賛否両論集まることも多いです。

「選択的シングルマザーになる理由の1つは、少子高齢化の流れが根底にあると思います。少子高齢化により女性の労働力が上がった結果、女性の自立が進みました。それにより、結婚意識にも様々な変化が起き、シングルマザーという選択を取る方がいるのだと思います」(やまざきさん。以下同)

 やまざきさんは、「少子高齢化→女性が働く→経済的に自立した女性の増加→結婚への柔軟な選択→未婚率上昇→選択的シングルマザーに」という仕組みがあると説明します。

 結婚するしないに関わらず、今は女性も男性と変わらず働き稼いでいる人が多く存在します。女性の自立や、結婚・出産について選択が広がるのは納得です。

◆国の標準世帯は今や5%未満に

「ちなみに、国の統計などで使われる『標準世帯』(夫が働き、妻は専業主婦、子は2人の4人世帯)というモデルは、現在日本の総世帯数の5%にも満たない状況です。女性も働いて経済的に自立した結果、『結婚しなくても良いんじゃないかな』と考える人が増えるのは当然の流れではないかと思います。こうなった時に、『結婚しなくても良いけれど子は持ちたい』と考える人が増えてもおかしくはないのです」

 だから今後も選択的シングルマザーが減る要素はないと、やまざきさんは言い切ります。一体どうなる令和の女性! どうなる今後の家族のカタチ!

◆選択的シングルマザーはタフじゃないと無理!?

 今回選択的シングルマザーの方々をインタビューして感じたことは「とにかくタフだ!」という女性として、母としての強さでした。

 でも、そのタフさが際立ってしまい、普通の女性では難しいようにも感じました。そこで、今後選択的シングルマザーを人生の選択肢の1つとして考えた場合、必要な条件について聞きました。

「選択的シングルマザーがタフだと感じるのは、選択と責任がセットだからだと思います。強そうで自分には無理と思う必要はありませんが、自分の気の向くままに子供を一人で生んで良いと言うことでは当然ありません。経済的な自立をしているor自立しようとしながら子育てをする覚悟、すなわち責任は必須です。選択的シングルマザーになるということは、責任を果たす覚悟とセットなのです。その強い意志や行動力に対して、タフな印象を持つのかもしれません」

◆「父親を探す」意識がある人は選択的シングルマザーを避けるべき

 やまざきさんは、一人での出産を選んだとしても、将来的に父親を探すことを前提とした意識がある人が、選択的シングルマザーになることは避けるべきだと言います。

「選択的シングルマザーは『結婚を前提にしないで子を持つ』という選択です。それは個人的には、将来的に結婚をしなくても極論はひとり親として子を育てていくという選択だと思います。

 シングルマザーの方の中には再婚を望む理由として『父親を探す』ことが強い方もいると思います。その考えを否定するつもりはありませんし、パートナーや結婚相手に巡り合う可能性はもちろんありますが、選択的シングルマザーになる以上は『いつかこの子には父親が必要』といった、父親になる人が現れることを前提にした将来設計は持たない方が、自立した親としてシンプルに生きていけるように思います」

 今回選択的シングルマザーについて記事を書いていると、どうしても批判的な声を耳にする機会も多く、まだまだ理解が進んでいない実情を肌で感じることもあります。しかし当事者の方に聞くと、みなさん「周りの人たちが心配し、物理的に手を貸してくれることが多い」といいます。

 核家族化が進んだ結果、家族としての新しいカタチの1つである選択的シングルマザー。それを身勝手で衝動的な選択と取るか、柔軟な選択の1つと取るか、みなさんはどう感じるでしょうか。

【お話を聞いた人】

株式会社アタラシイヒ代表取締役 やまざき ひとみ

サイバーエージェント入社後、「アメーバピグ」立ち上げプロデューサー、ママ事業部部長などに従事。その後、女性向け動画メディアC CHANNEL編集長などを経て、2016年独立。動画プロダクション事業や、働く女性向けのリカレント(学び直し)事業を手がける。自身も選択的シングルマザーで1児の母。

<取材・イラスト・文/おおしまりえ>

【おおしまりえ】

水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter:@utena0518

関連記事(外部サイト)