ボロボロの髪を抜け出した私が、大人女性にどうしても伝えたいこと

ボロボロの髪を抜け出した私が、大人女性にどうしても伝えたいこと

ボロボロの髪を抜け出した私が、大人女性にどうしても伝えたいことの画像

髪は、第一印象の約8割を決めると言われています。だから、髪がキマると、見た目もキマります。

 何歳になっても、鏡の前で笑顔になれること。それは、誰もが願ってやまないことだと思いますが、そのためには、「髪」です。シミやシワの有無、メイクのうまい下手よりも、圧倒的に「髪」の影響は強い。私はそう確信しています。

◆毛髪診断士で髪オタクの元井里奈です

 申し遅れました。女子SPA!の記事をお読みの皆様、はじめまして。毛髪診断士の元井里奈(もとい・りな)といいます。

 毛髪診断士??? 聞きなれない資格だと思いますが、つまりは「髪オタク」であります。毛髪そのものや、頭皮をマイクロスコープ等で観察し、日常のケア方法などをアドバイスする仕事です。

 私の場合、女性の薄毛や抜け毛に関するお悩み相談が多いため、髪そのものの知識だけでは事足りないと、サプリメントアドバイザーや、メノポーズカウンセラー(更年期カウンセラー)といった勉強も続け、オトナ女性の髪の悩みを、体の外側&内側から総合的にカウンセリングしています。

 また、傍らでは、サプリメントの研究開発メーカーでも仕事をしており、専門知識を活かしてヘアケアサプリメントの開発を行っています。

 プライベートでも、とにかく、「髪の毛」にこだわりがありまして。朝起きてから、夜寝るまで(いえ、寝ている間も、かもしれません)、24時間髪の毛のことを考えているといっても過言ではありません。

◆癖毛・剛毛・多毛、かつてはボロボロの「汚髪」に悩んだ

 そんな私ですが、数年前までは髪のことでとても悩んでいました。それは長い歴史で、おしゃれが気になり始めた思春期から、30歳過ぎまで、ずっとです。

 わたしの髪質は、もともと、癖毛、剛毛、多毛、という三重苦。とにかく格好がつかないのです。安室奈美恵さんが人気絶頂だったころ、そのサラサラのロングヘアには到底手が届かない、自分の髪質を恨みました。

 校則を犯してまで、ストレートパーマ、ウェーブパーマ、カラーリングをしてみたり、それに失敗してショートカットにするも、ただのマッシュルームヘアとなり、なけなしのお小遣いで購入した高い育毛剤を使うも、髪はなかなか伸びず。

 ようやく伸ばしても、度重なるスタイルチェンジで、髪はボロボロ。髪が肌に触れるとチクチクして痛い! かゆい! そんな「汚髪」でした。

◆妊活での生活改善を機に、美髪にめざめる

 転機は30代前半の妊活でした。赤ちゃんのために生活習慣を整えるのであれば、そうだ、この機会に、徹底的に美髪作りを実践しよう、と。

 やるからには、持てる知識を全て具体的な行動に落とし込み、まさに24時間、髪にとってのベストを尽くす生活を始めました。その後二人目の出産もあり、二度の産後抜け毛も経験しましたが、それでも私は、今の自分の髪が一番好きです。

◆オトナ女性に、シャンプーの選び方が重要な理由

 これから先、この連載で「髪に大切なこと」をご紹介していきますが、中でも特にお伝えしたいのは、「美しい髪は、健康な頭皮が作る」ということです。草花に例えると、美しく咲き誇る花を育てるのは、栄養素たっぷりの土壌ですよね。髪は花、頭皮は土壌、というわけです。

 だから、健康な頭皮を保つために、シャンプーの選び方と洗髪方法はとても大切。特に最近のオトナ女性は、洗浄力の強すぎるシャンプーを使いすぎてしまい、乾燥して不健康になった頭皮の方が多いです。

 シャンプーの成分で一番大切なのは、その洗浄成分(界面活性剤)です。代表的なものとしては、高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系、ベタイン系などがありますが、皮脂の分泌量が落ち着いてきているオトナ女性にオススメなのは、アミノ酸系や、ベタイン系のものです。

 まずは、ご自分のシャンプーを見直してみてくださいね。シャンプーの成分表示を見て、「ココイルグルタミン酸Na」「ラウロイルメチルアラニンNa」などとあったらアミノ酸系、「コカミドプロピルベタイン」「ラウラミドプロピルベタイン」などとあったらベタイン系です。

 といっても、シャンプーの見極め方って難しいと思います。今回はワンポイントだけ簡単にお伝えしましたが、詳しい選び方などは今後もご紹介していきたいと思いますので、お楽しみに。

 これからお届けしていく情報が、あなたの髪悩み解決の糸口になることを祈っています。

―オトナ女性の美髪講座―

<写真・文/元井里奈>

【元井里奈(もといりな)】

東栄新薬株式会社/取締役。毛髪診断士?/サプリメントアドバイザー/メノポーズ(更年期)カウンセラー。慶應義塾大学卒。髪に悩む女性のためのサプリメント「美ルート」をプロデュース。毛髪、栄養学、女性ホルモンに関する専門知識をもとに、ヘアケアコラムの監修や執筆も行う。2児を育てるワーママでもある。Instagram:@rinam.0922、Twitter:@rinamotoi、ブログ「ワーママ毛髪診断士が教える、35歳から始める育毛・美髪ケア」

関連記事(外部サイト)