ショーツ選びで足長効果だって手に入るかも。種類別オススメポイント

ショーツ選びで足長効果だって手に入るかも。種類別オススメポイント

ショーツ選びで足長効果だって手に入るかも。種類別オススメポイントの画像

 みなさま、ブラジャーを選んだら、ショーツは1枚。さらに「ノーマルで」って言ってしまっていませんか? 実はショーツは、ブラジャー1枚に対して2枚がおすすめなんです。

◆ブラジャー1枚に対してショーツは2枚がオススメ

 ショーツはブラジャーに比べると摩擦が多く、ブラジャーより先に使用期限がきてしまいます。なので、お気に入りのブラジャーはショーツを2枚にしておくと長くセットで着ることができるのでオススメです!

 さらに、気分によってショーツを変えられるので同じブラジャーでも違った楽しみ方ができます。

 ブラジャーとショーツをセット販売しているものは、基本ノーマルショーツです。別売りの場合、いくつか種類を選べることが多いのですが、ノーマルを選ぶ方がとっても多いと思います。ですが、ノーマル以外にも下着を楽しめる素敵な形がたくさんあるのでご紹介していきます!

◆ノーマル以外のお揃いで多いもの

 ノーマルショーツの他にデザインが出ている場合は、

・Tショーツ(ソングとも言います)

・ボーイレングス(ヒップハング)

・サイドリボン

・サニタリー

の中のいくつかが出ていることが多いです。

【Tショーツ(ソング)】

 バックスタイルがT字になっているものです。ショーツラインが出にくいのがポイントで、好きな方は「Tショーツしか履かない!」と言うくらいです。ブラジリアンやチーキーなど、ものによってバックスタイルが違うのでぜひ後ろまで見てみてください!

【ボーイレングス】

 腰履きで少し浅くなっていて、ボクサーのような形になっているものです。パンツスタイルの時にかがんでも、浅履きなので後ろからショーツが見えにくいのがオススメポイントです。

【サイドリボン】

 最近増えているサイドリボン。ほどけるタイプが多いので、腰回りのサイズを調節できます。ただ、パンツスタイルだと腰に結び目が当たって痛いことがあるので注意です。

【サニタリーショーツ】

 ブルーになってしまう生理中も、可愛いブラジャーとお揃いのショーツを履ければ気分も上がりますよね! そんな時におすすめなのがサニタリーショーツ。防水加工してある布がクロッチについていたり、お尻を包み込む部分はレーヨンや綿になっていたりするものが多く、お肌にも優しいです。

◆シチェーションに合わせてショーツを選ぶ

 履きなれているノーマルショーツ、実はショーツラインが出やすいです。「でもTショーツは苦手!」という場合にはヘムショーツやバックが総レースになっているものなど、ノーマルと同じ面積でもラインが出やすいもの・出にくいものがあります。

 他にも、フレアタイプはガーターベルトと一緒に履くとよりランジェリーファッションを楽しむことができたり、サイドフレアで腰回りにボリュームを持たせ、ウエストを細く見せたりなどメリットがたくさんあります。

◆サイドが細いと足が長く見える

 Tショーツやサイドリボンなど、腰の部分が細くなっているショーツは脚の見える部分が縦長になるので、足長効果があります。他にも、動く際ショーツが邪魔になりにくいので足さばきが良く、動きやすいです!

◆「可愛い!」はブラジャーだけで終わらない

 ブラジャーを見て「可愛い!」と購入することは多くても、ショーツはどうしてもついでになりがちです、せっかくお揃いで買うのなら、ショーツにもぜひこだわってさらにお気に入りの下着にしちゃいましょう!

<文・イラスト・写真/ちーちょろす>

【ちーちょろす】

下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitterで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り

関連記事(外部サイト)