1500円のカシミアタッチニットが着心地◎と話題。実際に買ってみた

1500円のカシミアタッチニットが着心地◎と話題。実際に買ってみた

神戸レタス「カシミアタッチニット」1,354円(税別)

 皆さんこんにちは、アパレルのフリー販売員をしています、kusumaです。

 最近Twitter上で「神戸レタス」のカシミアタッチニットが話題になっていました。なんでも、肌触りがよく、形も豊富で、ワンシーズンで着倒せる驚きの価格なんだとか……。そこで、今回は噂のカシミアタッチニットについて正直レビューしていきたいと思います。

◆そもそも神戸レタスとは

 まず、神戸レタスって何? という人もいるかと思いますが、レディース通販ファッションサイトです。以前は、どちらかというとヤング向けのデザインが多い印象でした。

 ですが、近ごろは大人が着るにも申し分ないデザインや質感のアイテムを数々取り扱っています。何より価格帯が特徴で、ファストファッションの代名詞のGUやH&Mより安いです……。噂のカシミアタッチニットも、税込みで1500円以下というびっくりプライスです。

◆噂のカシミアタッチニット

●神戸レタス「カシミアタッチニット」1,354円(税別)

 ただそんなに安いと商品もたかが知れてるのでは? と心配になりますよね。そこで、まずは「カシミアタッチニット」の商品ページをチェックしてみました。見た目も軽やかで着用レビューを見る限りでは「肌触りが良く、形が豊富なのがいい」と絶賛の声ばかり。

 ニットの丈の長さは、トップス丈、チュニック丈、ミニワンピ丈の3種類。首の形はUネック、Vネック、タートルネックの3型あり、カラバリは21色と圧巻の豊富さです。

 しかし、なによりの魅力は、まるでカシミヤのような質感なのに、自宅の洗濯機で洗えることではないでしょうか。

 ただ、トータル189通りと迷いそうなくらいの組み合わせがあるのに、なぜかサイズはワンサイズ(M)。普段はトップスボトムスともにSサイズを選ぶ、155cmの筆者には果たして合うのか……。気になるサイズ感からレビューしていきます。

 ちなみに私は、Vネックトップス・モカブラウン、Uネックチュニック・アイボリー、タートルミニワンピ・ブラックをセレクトしてみました。

◆サイズ感

■トップス丈

 緩すぎず、どちらかというとタイトに近いシルエットなので何にでも合わせることができる万能型タイプ。高身長な人だとぴったりしたサイズ感になりそうです。ただ、ジャストサイズを着ることできちんと感を演出できるので、ジャケットスタイルの仕事着のトップスとして着用するのも良いかと思います。

 袖口が3型の中で若干小さいのでアウターを着る際に袖が通しやすく感じました。

■チュニック丈

 トップス丈より10p長い着丈なので、身長がある人にはチュニック丈の方が安心して着用できるでしょう。反対に低身長な人では中途半端な着丈になるので着太りしてしまう場合があり、あまりオススメはしません。

 トップス丈よりウエストや胸周りにゆとりがあるので、カジュアル感が欲しいときにはトップス丈ではなくチュニック丈を選ぶといいでしょう。

■ミニワンピ丈

 シルエットは胸まわりにゆとりがあり、裾に向かうにつれ、すぼまった形のコクーンシルエットです。

 お尻がスッポリ隠れるので150cm台の身長なら一枚でも安心した長さで、160cm以上だと膝上になるのでタイツと合わせて着用することでセクシーさとのバランスが取れるでしょう。

 程よいゆとりがあることでワンピースだけの着こなしだけでなく、パンツを合わせたスタイリングを楽しむのもおすすめです。

◆首回り

 続いては首回りです。

 Uネックは開きすぎず閉まり過ぎずな、絶妙な開きが使いやすく、Vネックは少し深めでありながら縦のラインが綺麗なので顔周りがすっきりと見え小顔効果もあるでしょう。

 タートルネックは頭を通すときに窮屈に感じてしまう場合がありそう。ゆとりがある方ではないので着脱には十分注意したいところです。

◆気になる着心地や保温性は

 ふわふわと肌に当たる感覚は優しくちくちく感など不快な事は一切ありません。そして何より驚いたのが触った感じは薄くて寒そうな印象でしたが、初めてユニクロのヒートテックを着たように腕をとおした瞬間からあったかい!! 冬場でも厚着が苦手な人にもいいかもしれません。

 洗濯をしてみましたが大きく変化はなく、暖かさも変わりません。実際、本物のカシミアに比べ少しチープに見えてしまうかもしれませんが、お値段以上の使い心地です。ただ、洗濯する前に新品を日中から夜も含めて、実験がてら24時間着てみたところ、毛玉が軽く出来たのでそこがとても残念でした。

 お正月もすぎ、冬物の買い足しをしぶりがちな今からでも手を出しやすいプチプラニット、試してみてはいかがですか?

<文・写真/kusuma>

【kusuma】

これまで、古着屋、109系ブランド、某セレクトショップ、都内百貨店5店舗にて勤務。今は、「コンプレックスを武器に」をモットーにフリー販売員、飲食、美容のコーディネートなども行っている。instagram:@KUSUMA1116

関連記事(外部サイト)