吉田鋼太郎「藤原竜也の“領土”でやってやるぞ」。『カイジ』で真剣勝負

吉田鋼太郎「藤原竜也の“領土”でやってやるぞ」。『カイジ』で真剣勝負

吉田鋼太郎さん

 渋い大人の魅力に、母性本能くすぐる可愛らしさもプラスして、いま大人気の吉田鋼太郎さん。昨年末、ドラマ『おっさんずラブ -in the sky-』が好評のうちに終了したばかりですが、今度は映画『カイジ ファイナルゲーム』で、藤原竜也さん演じる主人公カイジの前に立ちはだかる最強の敵、黒崎義裕役で、人気シリーズの最新作にして最終回に初参戦。本領を発揮しています。

 舞台、ドラマ、映画と絶好調の吉田さんに単独インタビュー。意外にも映像では初共演となった藤原さんについて聞きました。また、吉田さんが大切にされていることを伺うと、吉田さんがいつもパワフルな理由が伝わってきました。

◆藤原竜也との映画初共演にやってやるぞ!

――人気シリーズの最終回に参加ですね。主演の藤原竜也さんとは舞台で幾度も共演されていますが、映像での共演は初です。

吉田鋼太郎(以下、吉田)「そうなんです。考えてみたら映像では初めて。今回は、藤原のカイジの作品じゃないですか。彼の領土。作品自体も人気ですし、原作も素晴らしいし、そこに藤原のカイジが君臨していると。僕としては、かつて天海(祐希)さんや香川(照之)君がやったポジションに入らせてもらうわけで、自分が何を持っていけるだろうと、緊張感とやってやるぞ!という気持ちの両方でした」

――実際に、現場での藤原さんはいかがでしたか? 舞台のときとは違いました?

吉田「それが何一つ変わらないんですよ。逆に驚きましたね。舞台のときと全く一緒。マイペースで、ただ、『俺の芝居にみんなついて来いよ』という自信がみなぎっている。有無を言わさず進んでいく藤原竜也の姿があって、それは舞台のときと一緒でした」

◆何を持つ者が役者として生き残る?

――吉田さんは、藤原さんをはじめとして、年下の役者さんたちとの交流が多いイメージです。世代を超えて仲間になれるワケは?

吉田「藤原君にしろ、小栗(旬)君にしろ、年齢的には中堅的なところに入ってきましたが、こういう芝居をすれば楽だとか、こうすれば乗り切れるといった感じは一切なくて、いつも必死なんです。僕が映像の世界で活躍させてもらえるようになったのは、ここ10年くらいのことですし、年齢は60歳になりますけど、気持ちとしては彼らと対等、一緒なんです。

 まだまだ分からないこともたくさんある。彼らはみんなやんちゃでわんぱくで、常に切磋琢磨している。一緒にいると純粋に楽しいですし、僕も一緒に切磋琢磨しているんです」

――カイジの世界では、「金を持つ者が生き残る」と言われますが、吉田さんは「何を持つ者が役者として生き残る」と思いますか?

吉田「難しいなぁ。体力と気力は絶対だけど、やっぱり好奇心ですかね。まず役者には、人に見てもらいたい、目立ちたいという気持ちが絶対にあるはずで、表現したいという欲がある。その欲がなくならないための好奇心が必要。それと同時に、目立ちたい、だけではだめで、その先になにがあるのかへの好奇心も大事。だからやっぱり好奇心ですね」

◆大人の女性として魅力的なのはこんな人

――吉田さんから見て、大人の女性として魅力的だなと感じられる人は?

吉田「男性でも女性でも一緒だと思うんです。自分の意見をきちんと持って、人の意見をちゃんと聞けて、感情的にならず、でもとっても情緒豊かで。戦うときは戦う。その言葉をちゃんと持っている。そして服装のセンスがよくて……。すべてのセンスがいいことかな。服装でも持っている車でも、行く場所でも。ちゃんと読書もしていて、文学の話も映画の話もできる。そんな人がいいかな」

――そ、それはなかなか求めるところが高いですね(汗)。

吉田「ははは」

――吉田さんご自身も、そうした人になろうと心がけていると。

吉田「もちろん! そうした人になりたいと、心がけていますよ。現時点で、すべてを持ってはいなくてもいいんですよ。でもそこに向かおうとする努力が大切。そうなろうとしている人はステキじゃないですか。ちょっと本の話をしたときにも、少しでも知っていると嬉しくなりますよね。だからやっぱり好奇心のある人がいいですよね」

◆本編での藤原竜也との真っ向勝負に注目!

――どんな仕事をしていても、何をしていても、好奇心は大切だということですね。

吉田「そう思いますよ。この間、1971年のシトロエンという車を買ったんです。女性で『あぁ、シトロエン。こんな形の車で、高圧油圧制御のサスペンションが……』とか言われたら、『おお!』となりますね」

――シトロエンという名前だけは聞いたことがありますが……。

吉田「ですよね。でも有名なんですよ。独自のサスペンションが。特別な知識ではないので、知っている女性がいてもおかしくはないんです。だからそういうのを知っていてさらっと言える女性には『おお!』となりますね」

――なるほど。いろんなアンテナを持てるように努力します。では最後に、映画公開へのメッセージをお願いします。

吉田「僕も『カイジ』に参加するのは初めてなので、とてもワクワクドキドキしながら撮影に臨みました。しかも、共演も多く、年下ですが非常に尊敬している藤原竜也との真っ向勝負の絡みがある。映画自体、ファイナルということでみなさん相当に気合が入っていますし、素晴らしいものに仕上がっていますが、僕としては、僕と藤原カイジが真っ向勝負をするゲーム“最後の審判〜人間秤〜”のシーンがおすすめです。ぜひ映画館で楽しんでください」

(C) 福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

<文・写真/望月ふみ>

【望月ふみ】

70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。

関連記事(外部サイト)