無料で肌質・肌年齢がわかるAI診断アプリを試してみた。精度はいかに?

無料で肌質・肌年齢がわかるAI診断アプリを試してみた。精度はいかに?

写真はイメージです

 昨年、資生堂「マジョリカ マジョルカ」の肌や瞳のスマホ無料診断が話題になりました。この診断では、自分が「イエローベース(イエベ)」か「ブルーベース(ブルベ)」か、ぴったりのアイテムやメイクのテクニックが分かります。ただ、スマホでできる無料診断は何もマジョマジョだけではありません。

◆AIの診断で、約2万アイテムからオススメが分かる?

 今回は、12月にリリースされたばかりの「肌測定AI」を搭載した美肌診断アプリ「viewty」を調査! なんと、スマホで写真を撮るだけで、肌状態を診断し、約2万アイテムの化粧品から、あなたにオススメのものを分かりやすく表示してくれるそう。

 化粧品販売員や研究者、メイクアップアーティストなど、美容のプロ200名以上が協力して開発された「肌測定AI」。とは言え、スマホの写真でどのくらい分かるのかな……と思ってしまうところもありますよね。

 早速使用してみましたので、実際使えるアプリなのか、美容ライター視点で正直なレポートをしていこうと思います。

◆「viewty」の機能は……

 最大の特徴は、自分の顔写真を撮ると、アプリが肌診断をしてくれるというものです。そして、その肌診断をもとに、約2万アイテムの中からオススメのものをピックアップして表示してくれます。自分に合う化粧品を探している人は、参考にしやすいですよね。

 そのほか編集部のオススメなどがトップページにあり、プチプラ特集や美白コスメ特集など、今まで出会ったことのない化粧品を発見する機会にもなります。

 自分の持っている化粧品を登録して、管理することができ、コスメ検索も可能。ざっくりとした製品説明もあります。

 また、アプリ内課金で、肌測定を豪華声優陣のボイスガイドにすることも可能なようです。梶裕貴さん、諏訪部順一さん、福山潤さん、鳥海浩輔さん、柿原徹也さんなど……、イケボ揃いです。

◆写真を撮るときの注意点

 肌診断をしようとすると、顔写真を撮るエリアが画面の中心に枠線で表示されます。枠内に写るようにして、正面を向いて撮りましょう。

 光が当たる加減で測定値が変わってくるのが難点。ここが少し難しく感じるかもしれません。肌がきれいに撮れる場所で撮影すると「これはいくらなんでも……」という好結果が出てきてしまうことも。

 推奨の撮影方法は、公式に問い合わせてみたところ

・明るい場所で顔に光が当たるようにすること

・自宅で撮影する場合、できるだけ同じ時間帯に同じ場所で撮影すること

だそうです。

 撮影するごとに撮影環境やデバイスごとのカメラ差異を学習するようですが、最初にどこで撮るか、これがちょっと迷いどころかもしれません。

 明らかに肌質と異なる結果が出てきた場合や、数値が悪すぎたり良すぎたりする場合は、場所をちょっと変えてみてください。

◆肌診断はいかに……

 写真を撮ると、肌スコアが表示されます。シワ、キメ、シミ、透明感、うるおい、毛穴の6項目から成っています。肌質と肌年齢も表示され、参考になります。ちなみに、筆者は肌質は乾燥肌で、肌年齢は18歳と診断されました。

 プロフィール画面に飛ぶと、その日に撮影した結果の詳細がそれぞれ記録されていきます。六角形のレーダーチャートと、各項目にA~Fのアルファベットが通知表のようにつけられており、日々の細かい変化を確認できますね。

 また、同世代との比較もできます。私の毛穴の数が52が診断されたのに対して、同年代平均は7。毛穴の数なんかが具体的に出てくるのは、スキンケアでどこに力を入れたら良いかが分かりやすいですね。毛穴の開きがかなり多いので、毛穴ケアしようと思います。

 このページで持っているコスメや気になるコスメも管理できるので、便利です。

◆オススメのアイテムは……

 肌診断をもとに、オススメのコスメが表示されます。クレンジング、洗顔料、化粧水、保湿クリーム、導入液と、多彩なジャンルで紹介してくれるのが嬉しい。高級な化粧品をオススメされるのかと思いきや、肌ラボやビオレなどプチプラアイテムも結構多かったです。ブランドの枠を超えて自分に合いそうなアイテムが出てくるのは良いですね。

 ただ、使い始めは、多少肌スコアに変動があっても、オススメで出てくるアイテムは比較的変わらない印象です。乾燥肌と診断したら乾燥肌向けのアイテムが表示される感じがあります。

 1週間以上使い続けていると、少しずつオススメアイテムに変化がありました。使うごとに、自分向けのものを探してくれているのかもしれません。

◆今後期待したいのは…

 個人的には、「乾燥肌で肌状態の良い人が使用中となっているアイテム」の項目が気になります。これはぜひとも参考にしてみたいところ。

 筆者も愛用しているプチプラアイテムちふれ「ウォッシャブルコールドクリーム」が出てきました。使用中の人数が28人とまだ少ないため、ユーザーが増えるとより良いアイテムに出会えそうな予感がします。

◆コスメ検索機能が便利

 気になるコスメを探すこともできます。こちらはブランドで検索してみたのですが、自分にオススメのものにマークがついているんです。

 よりオススメのものは「ゴールド」マークがあるもの。ゴールドのみに絞って表示させる機能は、月額980円で使えるようになります。ユーザーが増えて、精度が上がったら試してみたいなというのが正直なところ。

 自分自身もユーザーになるので、無料会員のまま使用し続けていると、アプリ自体も使いやすくなる気がします。急いでプレミアム会員にならずとも、まずは毎日の肌診断用として使用してみても良いかもしれません。

◆ちょっとした日課程度に取り入れてみると良いかも

 自撮り写真なので、気軽に肌診断できるのが便利。ただ、裏を返せば写真の撮り具合が難しいというのが正直な感想です。同じ場所で撮れば、だいたい同じ結果が出てきます。肌のちょっとした変化には気付きやすいと思うので、神経質にならず、気軽な日課程度に自撮りをパシャリ、といった感じで良いのかもしれません。

 また、リリースされたばかりでユーザーが少ないので、ここら辺は仕方がないところでもあるかと思います。ユーザーが増えるともっと便利になりそうなので、ゆったりと使ってみるのが良い気がします。

 スキンケア後などのちょっとした習慣にしてみると、自分の肌変化に気付きやすいかもしれません。そんな中で、気になるアイテムがあれば試してみる……くらいが、今はちょうど良いのではないでしょうか。

 精度が上がるのに期待しつつ、筆者も気楽に使い続けてみようと思います。

<文/西田彩花>

【西田彩花】

美容ライター。美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバイザー検定資格保有。マスコミ系企業に在職中美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして独立。ブログ

関連記事(外部サイト)