松坂桃李系の男子を職場の美女と取り合って…結果「冬ありがとう!」のワケは?

松坂桃李系の男子を職場の美女と取り合って…結果「冬ありがとう!」のワケは?

松坂桃李系の男子を職場の美女と取り合って…結果「冬ありがとう!」のワケは?の画像

 あなたはスゴくモテる相手に恋をしてしまった事はありますか?

 みんなの憧れである“高嶺の花”的男子にアプローチをするのは勇気がいりますよね。

 今回は、そんな男性とひょんな事から仲が発展した女性のエピソードをご紹介しましょう。

◆松坂桃李系の同僚男性が気になるけどアプローチできない

 佐竹博美さん(仮名・24歳・書店員)は、同じ職場で働くFさん(25歳)の事が気になっていました。

「仕事で私がミスをすると、さりげなくフォローしてくれたりして、とにかく優しいんです。私服もいつもモコモコした可愛いらしいものを着ていて、私好みなんですよね〜」

 しかもFさん、見た目が松坂桃李系のイケメンなので、絶対に物凄くモテていそうだからと腰が引けてしまい、なかなかアプローチ出来ない博美さん。

「げんに、うちの職場の一番の美女・E美さんと、この間の飲み会の後一緒に帰って行ったという噂もあったのでガックリしちゃって」

 ですが先日、職場の飲み会で運良くFさんの隣に座る事ができた博美さんは、話がはずんだ勢いで「今、彼女はいるの?」と聞いてみると…。

◆彼に気がある美女に、のけ者にされた

「はにかみながら『いないよ。だから今寂しくて』って言ったんですよ!これはダメ元で押してみるしかないって思いましたね」

 そしてお手洗いに立ち、メイクを入念に直した博美さんがFさんの隣の席に戻ってみると…。

「なんと私の席にE美さんが座っていて、Fくんにグイグイ迫っていたんですよ!しかも、私と目が合うと『向こうのテーブル、席空いてるよ』って言いながらあっち行けみたいな顔されてイラッとしましたね」

 仕方なくFくんから離れて、空いている席に腰掛ける博美さん。

「とりあえずFくんの前だったので、大人しくどきましたが、めちゃくちゃ腹が立って離れた席からずっと2人を見張っていました」

 数分後、今度はE美さんがお手洗いに立ったので…。

◆彼を連れて帰ることに成功

「すかさずFくんの隣の席を奪い返してやりましたよ!でも、もしFくんがE美さんを気に入っていたら悪いので一応確認したんです」

 するとFくんが「実は、前回の飲み会の帰りにE美さんがどうしてもと言うので部屋に行ったけど…何にもないよ。1時間位で帰ったし。おれ寒がりだから」とコソッと教えてくれました。

「どうもE美さん部屋は天井が高く、エアコンの暖房のみでスースーしていて、フローリングにクッションを置いて座っていたら身体が冷え切って体調を崩してしまい、すぐにタクシーで帰ったらしいんですよ」

「快適な室温は人それぞれ違うし、勝手にE美さん家の設定温度を変えたりできないしね」と苦笑いするFくんを見て…だからいつもモコモコした服装だったのかと腑(ふ)に落ちたそう。

「これはチャンス!と思ったので『私も部屋に帰った時に寒いのが嫌で、オイルヒーターのタイマーセットしてきたの。だからポッカポカだよ〜』とFくんを誘ってみたんですよ」

◆お付き合いすることに…「冬ありがとう!」

 ひょんな事からFくんを連れて帰る事に成功した博美さん。

「あからさまに2人で帰った訳ではないですが、バレていたみたいでE美さんに痛いぐらいニラまれてしまいましたが…まぁいいやと思いました(笑)」

 博美さんの部屋に着いたFくんは「すげ〜暖かい〜最高!」と目をキラキラさせて喜んでくれたそう。

「Fくんにソファーに座ってもらって、ひざかけを渡し、お茶をいれて戻ってきたら…Fくん、寝落ちしていました(笑)めちゃくちゃ気持ち良さそうに」

 その日は何もありませんでしたが、それがきっかけでグッと仲良くなり、お付き合いする事になりました。

「まさかこんな事になるなんて、自分でもビックリです。でもこれが夏だったら上手くいってなかったかもしれないので…冬ありがとう!って感じですね」

 それから職場でニラまれても、ある意味キューピッド的な役割を果たしてくれたE美さんには感謝しかないと思える博美さんなのでした。

―シリーズ「冬の恋愛悲喜こもごも」―

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。

関連記事(外部サイト)