成城石井の“義理&友チョコ”にちょうどいい商品。800円以下で買える

成城石井の“義理&友チョコ”にちょうどいい商品。800円以下で買える

成城石井の“義理&友チョコ”にちょうどいい商品。800円以下で買えるの画像

 こんにちは。ライターの高木沙織です。

 そろそろバレンタインですが、地味に頭を悩ませるのが義理チョコ・友チョコの準備です。正直めんどくさいけど、自分だけ渡さないわけにもいかない…そんな大人の事情をかかえる人も多いことでしょう。

 そこで今回、成城石井で見つけた話題性も味も◎、それでいて1,000円以下で購入できるチョコレートをピックアップしてみたので参考にどうぞ。

◆話題性抜群・ピンクのチョコ!

 最初に紹介するのは昨年から引き続き注目を集めているルビーチョコレートを使用した「ルビーチョコレートのポルボローネ」(450円)。

 ルビーチョコレートの特徴はなんと言ってもこのキレイなピンク色。ダーク、ミルク、ホワイトチョコレートに次いで約80年ぶりに開発され、酸味とフルーティーな味わいが感じられる第四のチョコレートと言われているのだそう。

「ルビーチョコレートのポルボローネ」は、口の中でホロホロとほぐれる食感のクッキーとそのまわりをコーティングするルビーチョコレートにラズベリーの顆粒が使われており、甘酸っぱさと爽やかさが際立っていることに加えて上品さも感じられます。この風味は男性よりも女性ウケしそうな印象でなので、女性同士の友チョコの候補にしてみてはいかがでしょうか。

◆カシューナッツ×ルビーチョコレート

 今年の成城石井はルビーチョコレートでピンク色! ……これは言い過ぎですが、ルビーチョコレートを使った商品がズラリと並びます。その中でもひときわ目を惹くのがカシューナッツをルビーチョコレートでコーティングした「ルビーチョコレートカシューナッツ」(690円)。

 もともと甘味のあるカシューナッツにルビーチョコレートの酸味は間違いのない相性のよさです。カシューナッツの歯ごたえにしっとり感のあるルビーチョコレートといった異なる食感もあとを引くでしょう。

 チャック付きの袋が使われているので、ちょっと小腹が空いたときの間食にもいいですよね。こちらも女性ウケしそうな一品です。

◆一味違うオトナチョコなら…

 高級感漂うパッケージの「トリュフ香るハイカカオチョコレート」(590円)は、ちょっと衝撃的でした。まず個別包装のパッケージを破ったとき。カカオの甘い香りの中にトリュフをしっかりと感じられます。これは、香り高いことでも知られるイタリア産白トリュフオイルが製品中に0.6%使われているからこそ成せるのでしょう。

 実際に口にすると、口内がトリュフの存在感で満たされます。チョコレート自体もカカオ70%とややビターなので、トリュフの風味とベストマッチ。まさにオトナチョコといった感じです。

 この味わいでこの価格、これはばらまき用にいくつか購入しておいてもよいかも。

◆リピーター続出の人気商品!

 最後は、北イタリアの老舗チョコレートメーカーから成城石井が直輸入している「ナポリタンチョコレート スタンドパック」(690円)。ザ・海外のチョコレートです。主張のある甘さがたまりません。

 一口サイズなのでパクパクと食べられてしまうなんて、罪です。リピーター続出というのにも納得。万人受けするチョコレートなので、男性、女性、お子さんにも喜ばれるでしょう。

 カカオ32%のミルクチョコレートと52%のダークチョコレート、1袋で2つの味を楽しめますよ。

=====

 気になるチョコレートはありましたか? 義理チョコも相手によってどのようなものがいいのか迷うところですが、豊富な種類、流行、確かな味、求めやすい価格が揃った成城石井なら「これ!」というものがすぐに見つかるかもしれませんね。

※価格はすべて税抜です。

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi

関連記事(外部サイト)