意外と安い“床ふきロボット”ってどう?使ってわかった長所と短所

意外と安い“床ふきロボット”ってどう?使ってわかった長所と短所

意外と安い“床ふきロボット”ってどう?使ってわかった長所と短所の画像

 友達や恋人からの「今日家に遊びに行っていい?」という言葉に、即答できる女性は意外と少ないのではないでしょうか。時間に追われるなかで、常にきれいな部屋を維持するのはなかなか難しいもの……。限られた時間内で効率的に家事をこなすためには、家事負担を減らす便利家電の導入がマストなのです。

 今回は、掃除下手さんを救う神家電『ブラーバ ジェット250』の使用感を正直レビュー。使って分かったメリット&デメリットを詳しくご紹介します。

◆3万円台で購入できる『ブラーバ ジェット250』のスペックは?

 ロボット掃除機・ルンバを展開するアイロボット社が開発した床拭きロボット『ブラーバ』は、便利さと需要の高さから発売当初から大きな話題を呼んでいました。ただ、どうしても5万円オーバーのモデルは購入を躊躇してしまう価格帯……。筆者も何度となく家電量販店に足を運んでは、購入を見送っていました。

 そんななか、床拭きロボットの“お試しモデル”として選んだのが、2019年6月発売の『ブラーバ ジェット250』。同社の他モデルよりも安価な3万円台で販売されています。女性の手でもしっかり持てる本体は高さ84mm幅178mm、1.2kgと非常にコンパクト。リビングルームや寝室などはもちろん、キッチンやトイレなどの狭いスペースの掃除にも適したサイズ感です。

◆使い方はシンプル。水を入れて、スイッチオン!

 購入後、早速ブラーバを使ってみることに。初期設定や操作がややこしい家電も多いなか、ブラーバは本体に水を注いで専用パッドを装着するだけで簡単に使用できます。専用パッドは使い捨てタイプと洗濯可能タイプがあり、カラーによって床拭きモードが異なります。

 まずは、ホコリやペットの毛などをからめ取る「ドライスウィープモード」から装着。

 こちらは水の噴射がなく、ドライタイプの床拭きシートのような感覚です。

 次は、オレンジ色の「ダンプスウィープモード」を装着。

 噴射される水の量は少なめですが、同じ場所を2度拭きするのでホコリや髪の毛を吸着しながら集めてくれます。

 最後は、ブルーの「ウエットモップモード」を装着。

 同じ場所を入念に3度拭いてくれるので、ベトッとついた汚れもしっかり拭き取ってくれます。こびりついた汚れにも対応できるので、飲み物や食べ物をこぼしたときにも活躍してくれるシートです。

 ちなみに、カーペットやラグを敷いている場合には、センサーの反応によって乗り上げを回避します。広範囲にカーペットが敷かれている部屋には不向きですが、一部分のみ敷いている場合にはなんの問題もなくフローリング部分のみを清掃してくれますよ。

◆肝心の満足度は? 床拭き後の床の汚れをチェック

『ブラーバ ジェット250』の効果を検証するため、清掃前と清掃後の床の状態を比較してみました。床にこぼれてしまったのは、ねっとりとしたハチミツ……。少量でもベタつきが強く、手で拭き取ろうとしても苦戦します。

 洗浄剤を含んだダンプスウィープモードで拭いてみたところ、本体を振動させながらしっかり二度拭き。ハチミツをこぼしてしまった箇所も、ベタつきは一切ありません。手でゴシゴシ拭かなくても、あっという間に床汚れを落としてくれました。

◆使って分かった! 床拭きロボットのメリット

 これまで「掃除機だけでも十分なのでは?」と、床拭きロボットの必要性に疑問を感じていた筆者ですが、実際に使ってみることで“床拭きロボットだからこそ”の魅力を発見。生活の質を向上させるメリットに気付きました。

メリット1.とにかく時短。帰ってきたら、部屋中がピカピカに!

やはりロボット掃除機同様、ブラーバを導入することで日々の暮らしに“ゆとり”が生まれました。スイッチひとつで部屋中をキレイにしてくれるので、これまで最低でも30分以上割いていた床拭きの時間をカットできるように! ちょっとしたお出かけの間に掃除してくれるので、時間を有効活用できます。

メリット2.部屋の整理整頓にも繋がる

ブラーバを使って部屋中をキレイにするためには、床になにもない状態が理想的です。ブラーバの効果を高めるために、無意識のうちに「とりあえず床に置いておこう」から「とりあえず棚やクローゼットに片付けよう」とシフトチェンジ。置きっぱなしや脱ぎっぱなしを避けることで、スッキリとした部屋を維持できています。

メリット3.自拭きではできない、入念な掃除が可能

もちろん自分で床拭きをする場合にも効果はありますが、1度拭いただけでは完璧にホコリや髪の毛を取り除くことは不可能。「掃除したはずなのに、足の裏にホコリが……」なんてこともしょっちゅうでした。シートによって最大3回まで繰り返し拭いてくれるブラーバは、自拭きではなかなか実現できない入念な掃除を行えます。素足で歩いても、床のホコリや汚れが気にならないほどに磨き上げてくれますよ。

◆ちょっと気になる、デメリットもチェック

 基本的には大満足な『ブラーバ』ですが、使っていくなかでいくつか気になってしまうポイントもちらほら……。購入後に後悔しないためにも、メリットだけでなくデメリットもあわせて確認しておきましょう。

デメリット1.使い捨てシート、高すぎ問題

ご紹介したように、『ブラーバ ジェット250』を使用する際には専用のシートを使用しなければなりません。汚れをしっかり取り除いてくれる優秀なシートなのですが、1セット968円(同種10枚入り)とかなり高めの価格です。1日1枚消費すると想定した場合、1ヵ月3,000円近いシート購入代がかかってしまいます。ランニングコストを考えると、最大50回まで使用できる4,400円のクリーニングパット(3種各1枚入り)の方がおすすめです。

デメリット2.『ブラーバ ジェット250』は最大15畳まで

コンパクトサイズの『ブラーバジェット250』はウエットモップモードで最大12畳、ダンプスウィープモードとドライスウィープモードで最大15畳までの清掃を想定されたモデルです。広いリビングスペースや家中の部屋の掃除をしたい場合には、シートを交換したうえで本体を再稼働させなければなりません。より広範囲の清掃を望むのであれば、家中の間取りを記憶して最大60畳まで対応できる『ブラーバジェットm6』(実売価格76,868円)を購入するのも一案です。

◆床拭きロボットはQOL爆上げの時短家電だった

 便利家電やサービスを上手に活用することで、家事負担は大幅に減少させられます。趣味や息抜きの時間を作り出すためにも、時短家電は欠かせないアイテムなのです。これまでに一度でも拭き掃除を面倒だと感じたことのある方は、ぜひブラーバの導入を検討してみてくださいね!

<文/山本杏奈>

関連記事(外部サイト)