高速バス「福岡〜阿蘇」「熊本〜阿蘇」休止へ 運行わずか1年半 新型コロナ影響

高速バス「福岡〜阿蘇」「熊本〜阿蘇」休止へ 運行わずか1年半 新型コロナ影響

運行を休止する「ASOエクスプレス」。左が西鉄、右が九州産交バスの車両(画像:九州産交バス)。

インバウンド需要の対応で新設されましたが……。

 熊本県の阿蘇に発着する高速バス2路線、福岡〜阿蘇線「ASOエクスプレス号」と熊本〜阿蘇線「Aso-go」が、2020年10月12日(月)、同時に運行を終了します。

 いずれも2019年4月に新設された路線で、前者は西日本鉄道と九州産交バスが共同、後者は九州産交バスが単独で運行しています。増加していたインバウンド需要へ対応するために開設されたものですが、西鉄、九州産交バスとも、新型コロナウイルスの影響により利用者が伸び悩み、運行継続が困難になったとしています。

 西鉄は6月にも、新型コロナの影響により運休していた福岡〜鹿児島線および福岡〜延岡・宮崎線の夜行便をそのまま廃止しています。同様に新型コロナの影響から高速バス路線の統廃合を行うケースが相次いでいます。

関連記事(外部サイト)

×