東京「補助72号線」全通へ 山手線/西武新宿線にほぼ並行 都市計画から74年越し

東京「補助72号線」全通へ 山手線/西武新宿線にほぼ並行 都市計画から74年越し

補助72号線の概要。職安通りから大久保通りまでの区間が開通する(画像:新宿区)。

埼京線の車窓からも見える道路です。

 東京都新宿区が整備を進めてきた都市計画道路補助第72号線の未開通区間およそ350mが、2020年9月20日(日)に開通します。

 補助72号線は、西武新宿駅前の靖国通りから、高田馬場駅北側の新目白通りまでを南北に結ぶ2510mの路線で、JR山手線および西武新宿線のすぐ東側に並行しています。今回開通するのは、西武新宿駅北側の職安通りと、新大久保駅に近い大久保通りまでの区間です。

 また、この区間を含む職安通りと諏訪通り(高田馬場駅南側)までのあいだは、つつじの名所にちなむ道路愛称を要望する地元の声があることから、「つつじ通り」と命名するそうです。

 補助72号線は1946(昭和21)年4月15日に都市計画決定がなされ、新宿区内の1244m区間(職安通り〜諏訪通り)については1990年代から事業が始まりました。今回の開通により、補助72号線は全線開通となります。

関連記事(外部サイト)

×