北陸新幹線「金沢〜敦賀」できてきた「線路」 長〜いレール 敷設の様子を動画で

北陸新幹線「金沢〜敦賀」できてきた「線路」 長〜いレール 敷設の様子を動画で

レール敷設が進む北陸新幹線 金沢〜敦賀間(JRTT鉄道・運輸機構の動画より)。

陸揚げ時は1本25mのレールですが……。

 延伸工事が進む北陸新幹線 金沢〜敦賀間。高架橋が完成した区間などでは、レールの敷設が進められています。その様子を収めた動画を、JRTT鉄道・運輸機構(独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)が2020年9月27日(日)に公開しました。

 動画は、2019年9月に敦賀港で行われたレールの陸揚げシーンから始まります。1本25mのレールの束をトレーラーにて福井市の軌道建設基地まで運搬、そこでレールを溶接し、1本250mの長尺レールにしたうえで、高架橋上に敷設していく一連の様子が収められています。

「レールのないところから、はじめてレールが進んでいく風景を、この動画で眺めることができます」(JRTT)。

 なお北陸新幹線 金沢〜敦賀間の開業は2022年度末の予定です。125kmの途中に、小松、加賀温泉、芦原温泉、福井、南越(仮称)の5駅が設けられます。

【動画】事業車両からにゅ〜んと伸びる長尺レール 敷設工事の様子(該当シーンは47秒付近〜)

関連記事(外部サイト)

×