「ポーランド侵攻」迫るドイツ機甲師団! 対するポ軍の切札 知られざる「7TP」とは?

「ポーランド侵攻」迫るドイツ機甲師団! 対するポ軍の切札 知られざる「7TP」とは?

ポーランド軍の7TP戦車(画像:Hiuppo/CC BY-SA[https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0])。

「戦車相手に騎兵で突撃した!」などと語られることのあるWW2開戦時のポーランド軍ですが、当時は東欧の大国と目され、工業技術もなかなかで、自国で量産した戦車も保有していました。その名は「7TP」、どんな戦車だったのでしょうか。

大戦開始時には先進的戦車のひとつだった「7TP」

 1939(昭和14)年9月1日、ドイツ軍がポーランド領内に侵攻したこときっかけに第2次世界大戦が始まりました。

 翌月の10月初旬まで続いたこの戦いでよく話題に出るのが、「ポーランド騎兵がドイツの戦車部隊に突撃をかけた」という話ですが、これは公式の記録では確認できず、ポーランド騎兵がドイツ軍に急襲をかけたことや、ポーランド戦終了後にドイツが仕掛けたプロパガンダが強く影響しているのではといわれています。

 実際には、侵入してきたドイツの機甲師団に対抗したのはポーランドが保有する戦車だったケースが多いのです。その当時のポーランドが保有する戦力中でも強力視されていたのが、単砲塔搭載型の「7TP」軽戦車でした。

「7TP」は「7トンポーランド戦車」の略で、元は1930年代前半にイギリスのヴィッカース・アームストロング社が開発した「ヴィッカース 6トン戦車(6-Ton Tank)」をライセンス生産したものです。1931(昭和6)年、ライセンス権取得と同時にヴィッカース社から購入した最初の50両は、タイプAと呼ばれる機関銃搭載の双砲塔型という仕様でしたが、後に改造され20両程度が47mm戦車砲を搭載するタイプBとなり、7TPの原型になります。

 ポーランドで生産した7TPは、ヴィッカース製のものとくらべ各部に改良が加えられており、一番特徴的なのが、ガソリンエンジンからディーゼルエンジンに換装した点でした。戦後の戦車や軍用車両を考えれば、引火点が高く、炎上しにくいディーゼルエンジンを用いることは常識となっていますが、戦中にメインでディーゼルエンジンの戦車を使っていたのは、主要参戦国でソビエト連邦と日本だけでした。その面では同戦車は世界で最も早くディーゼルエンジンを採用した戦車のひとつでもあります。

 戦車砲は、スウェーデンのボフォース社製37mm対戦車砲を砲塔用に改造したものを搭載することになりました。1936(昭和11)年にはこの砲のライセンス生産権を購入し、国内量産も行いましたが、砲塔搭載火砲の開発は手間取り、単砲塔搭載型7TPの生産は1937(昭和12)年頃から始まったといわれています。

ドイツはまだI号 II号戦車が主力で十分に戦える状態だった

 ドイツによるポーランド侵攻が始まった際、ポーランドは約120両の7TPを保有しており、ほかにもルノーR35軽戦車、オチキスH35軽戦車など、戦車、装甲車合わせて500両から600両の戦力があったといわれています。そのなかでも37mm対戦車砲を装備した7TPは徹甲弾を使用した場合、ドイツのIII号、IV号戦車にも状況によっては損傷を与えることができるため、一番優秀な戦力と見られていました。

 対するドイツ軍は南部軍集団に4個、北方軍集団に2個の機甲師団が配備されていました。当時ドイツ軍が保有していた戦車は約3000両といわれており、装甲兵力では圧倒的にポーランド側が不利でした。しかし、計画よりもかなり早く戦争を始めてしまった関係で、後に主力となるIII号、IV号戦車はそれぞれ200両に満たなかったといわれており、数の上ではI号、II号戦車と、チェコスロバキア軍から接収した38(t)軽戦車が主力でした。

 I号戦車やII号戦車が相手ならば、7TPは戦闘で優位に立つことができました。実際にI号戦車を数両撃破したという記録があるようです。

ドイツ機甲師団の強さは「航空支援」と「車両数」

 しかしポーランドは、ドイツのような戦車の集中運用はできず、各部隊に少数ずつ配備される形になったため、7TPは一時的に戦況を好転させるような、大きな力は発揮できませんでした。戦車戦の逸話としても、首都ワルシャワ西方のシェラクフの戦いでエドモンド・ローマン・オルリック見習い士官が、TKSという豆戦車で38(t)戦車7両を撃破した話の方が有名なため、当時期待されていたわりには、現在の7TPは影の薄い存在になっています。

 このように一部戦車では、ドイツ軍戦車の優位に立っていたものもありましたが、ドイツ軍は機甲師団のほかに航空支援もつけた、空陸一体の三次元的な戦術で圧倒していました。また、9月17日からは東部よりソビエト連邦も侵攻を開始し挟み撃ち状態になったため、7TPなどの戦車も満足な力を見せる前にポーランドは占領されることになってしまいました。

関連記事(外部サイト)

×