観光地「北海道」のいま ホテル側も「多種の工夫」… コロナ禍から回復しつつある現状

観光地「北海道」のいま ホテル側も「多種の工夫」… コロナ禍から回復しつつある現状

2020年9月の札幌駅の様子(2020年9月、乗りものニュース編集部撮影)。

「Go To」の東京追加など、国内旅行の推進が図られている昨今、一大観光地の北海道はどう変わったのでしょうか。それを受け入れるホテルでは、アナログ&デジタルの両面でさまざまな工夫を凝らしていました。

9月連休は賑わいを見せる北海道

 2020年10月から、政府主導の「Go To トラベル」に東京発着が加わり、旅行に行くコストが大幅に下がるなど、日本では新型コロナウイルスの感染拡大と戦いなから、全国的に国内旅行については推進されることになります。これにともなって、9月19日の4連休からは国内線航空便の搭乗率が大幅に回復するなど、「旅行機運」が高まっていることは明らかです。

 そのなかで全国でも「5本の指」に入る旅行先としてあげられるのが、北海道でしょう。4連休中の様子について、とある道内の温泉旅館のスタッフは「日帰り入浴で駐車場にクルマが入れないほど、お客様に来ていただけました」と話します。

 とはいえ、国内旅行のハードルが下がったとはいっても、まだまだ平時の賑わいに完全に戻ったわけではありません。

 札幌市内のタクシー運転手は「人は多くなってきたが、まだ休日前と平日の差が激しいです。あと、まだ外国人の観光客がいないので、まだまだかつてのようにはいかないです」とも。道内の観光産業を支えていたいわゆる「インバウンド需要」がなくなった影響は大きいようです。また「どちらかというと今は、若いお客さんが多い」というのも、札幌市内の特徴と話します。

 そして道内のホテルでは、新型コロナウイルスの感染対策を万全にしつつ、観光客の受け入れ準備を進める動きも見られました。

多方面に凝らされたホテルの工夫も見てきた

 札幌市内の繁華街、すすきのにあるビジネスホテル「プレミアホテル-CABIN-札幌」では、ロビーの出入り口に除菌剤を含んだ靴底除菌マットを敷いています。館内に入ると、床に「ソーシャルディスタンス」を確保すべく「足跡マーク」、カウンターには仕切り板が設置。入館時に利用者の検温も実施されます。また、「足跡マーク」はロビーだけでなく、2基のエレベーターの四隅にも貼り付けられています。

 なかでも、もっとも衛生上のリスクが懸念されるポイントのひとつ、レストランでは、より入念な衛生策が採られていました。同ホテルでは2020年9月26日(土)の取材時、バイキング形式の朝食スタイルをとっていましたが、レストラン入館時にはアルコール消毒にくわえ、ビニールの手袋を着用します。バイキングで食べ物をとるときは手袋を付けて行います。

 並べられている食事についても、いわゆる一般的なバイキング形式ではあるものの、皿ごとにラップがかけられ飛沫感染を防ぎます。調味料も同様で、たとえば「しょうゆ」は袋詰めで、「ケチャップ」はお弁当に入っているような個別容器に詰められたものを使っています。

 また、チェックイン時に渡された紙に印字されたQRコードをスマートフォンで読み取ることで、レストラン内や大浴場の混雑具合を把握できるようにしているほか、チェックイン時には朝食を食べるおおよその時間を申告してもらうことで、密集度合いを調整するなどの「密」を防ぐ工夫も見られました。

 このほか、同ホテルでは清掃時における換気を徹底、連泊者以外の部屋の連続使用を可能な限り禁止することなど、「見えないところ」でも感染防止策を実施しているとのことです。

関連記事(外部サイト)

×