「駅での停車時間ちょっと延長」そのワケは? 大阪メトロ御堂筋線&北急ダイヤ改正

「駅での停車時間ちょっと延長」そのワケは? 大阪メトロ御堂筋線&北急ダイヤ改正

御堂筋線の30000系電車(画像:photolibrary)。

御堂筋線の駅では5〜10秒、北大阪急行では10〜30秒延長です。

 大阪メトロが2020年10月31日(土)に、御堂筋線および四つ橋線のダイヤ改正を実施します。また御堂筋線と直通する北大阪急行も同様に行います。

 今回のダイヤ改正では、御堂筋線の終端部を除く各駅での停車時間を5〜10秒延長します。これは、ホームドアの設置にともなう乗降時間を考慮したもの。北大阪急行では江坂駅にホームドアを新設することにともない、ほかの駅も含めて10〜30秒延長するということです。

 また御堂筋線と北大阪急行では、停車時間の延長にともない、一部の駅で初発時刻が繰り上がります。このため、大国町駅で御堂筋線と接続する四つ橋線の初発時刻も繰り上がります。

 このほか、御堂筋線の変更点は以下の通りです。

・夜間時間帯で現行の中津行き(4本)を、江坂行き(1本)および新大阪行き(3本)に変更し、運行区間を拡大。新大阪駅での天王寺・なかもず方面行きの列車も増便。
・土休日の6時台から9時台に11本、および16時台から18時台に7本ある中津行きの列車を新大阪行きに変更し、運行区間を拡大。
・現行の江坂発なかもず行き最終列車を北大阪急行線と相互直通運転とし、千里中央発なかもず行きに変更し、江坂駅での乗り継ぎをなくす。

 このほか、利用状況に応じて列車の運転本数、運転間隔、時刻などの見直しを行うということです。

関連記事(外部サイト)

×