アイスクリームと空母パイロットの意外な関係 「命の対価」の交換レートはどのくらい?

アイスクリームと空母パイロットの意外な関係 「命の対価」の交換レートはどのくらい?

1944年3月、中部太平洋エニウェトク環礁の飛行場でアイスクリームをもらうアメリカ海軍パイロット(中央)。後方は「アヴェンジャー」雷撃機(画像:アメリカ海軍)。

第2次世界大戦中、アメリカ海軍の大型艦にはアイスクリーム製造機が搭載されていました。一方、駆逐艦などの小型艦には製造機のないものもありましたが、それらの乗組員は意外な方法でアイスクリームを手に入れていました。

アメリカ軍艦にはアイスクリーム製造機が必須?

 アメリカ人は、老若男女を問わずみんなアイス(アイスクリーム)が大好きといいます。お祭りや休日のみならず、ビジネス街などでも、ダークスーツにネクタイ姿のビジネスマンたちがアイスを食べているのをよく見かけます。

 これは軍人も同じ。実は、アメリカ海軍の大型艦の多くには昔からアイスクリーム製造機が搭載され、海での任務のあいだの息抜きとなっているのです。

 アメリカでアイスが普及したきっかけは、1846年に手回しのアイスクリーム製造機が発明され、これを用いてボルチモアの牛乳販売業者が1851年にアイスの大量生産に着手したことでした。

 アメリカ軍艦で初めてアイスクリーム製造機を搭載したのは、1906年の戦艦「ミズーリ」(日本の降伏調印が行われたのとは1代前の同名戦艦)。第1次世界大戦前から、すでにアイスクリーム製造機を搭載していたとは、さすがアメリカ海軍というべきでしょうか。なお、後年の海軍料理書にも「アイスクリームはアメリカ人がもっとも好むデザートのひとつであり、栄養価も高いので海軍のメニューの定番にすべき」と記されているほどです。

 一方、1914年にアメリカ海軍は艦艇上での飲酒を原則禁止としました。厳しい軍務後のいちばんの楽しみを奪われた将兵は、その捌け口をスイーツのアイスに向けます。しかしここで大問題が生じました。設備上の関係で、アイスクリーム製造機は重巡洋艦や空母、戦艦などの大型艦にしか装備されなかったのです。

 こうした事情で、航行中の駆逐艦など小型艦艇の乗組員がアイスにありつける機会は、艦隊内における報奨などで旗艦のような大型艦から特別に提供された場合などに限られており、基地で食べるのが基本でした。この状況は、第2次世界大戦が勃発しても変わらなかったのです。そのため小型艦艇の乗組員は、意外な方法で上記以外にもアイスを入手する機会を得ようとしました。

アイスの量=体重だった「命の対価」の交換レート

 第2次世界大戦で、太平洋熱帯域における長期間の洋上作戦が繰り広げられるようになると、蒸し暑く体力の消耗著しい環境下、艦艇の乗組員たちは心と体のリフレッシュを求めてアイスを渇望するようになります。

 しかし前出のとおり、アイスクリーム製造機は陸上基地を除くと、戦艦や空母、重巡洋艦などの大型艦に限られます。駆逐艦などの小型艦艇がアイスを手に入れるためにできた「ある習慣」、それは海軍機パイロットを助けたときでした。

 駆逐艦は、空母や戦艦などと比べて、小型であるがゆえに小回りが利き、足も速いのが特徴です。対潜水艦戦闘や対空迎撃戦闘など艦隊の外側の防備にあたるだけでなく、空母搭載機などのパイロットが、パラシュートで脱出したり、不時着水し海面を漂ったりした際にも彼らを救出するのに重要な役割を果たし、大海原に投げ出された数多くの「空母機乗り」たちが、駆逐艦によって九死に一生を得ています。

 命を救ってもらったお礼。それは、救われた仲間の体重と同じだけの重さのアイスを駆逐艦に無償で提供する、というものです。

 空母に乗っている彼らは、アイスに不自由することはありません。しかし、小さな駆逐艦などにアイスクリーム製造機は積まれておらず、駆逐艦乗りたちが「アイス日照り」になっていることを、救助されて初めて知った空母機乗りもいました。このような経緯で、「救われた命と同じ重さのアイス」が、感謝の意を込めて当該の空母と駆逐艦の間で交換されるという習慣が生まれたのです。

パイロットとアイスの「交換」はどうやった?

 空母からの「甘くて冷たい救命のお礼」は面白い方法で行われました。まず駆逐艦に救助されたパイロットが空母に戻る際、空母と駆逐艦が並走し、両者のあいだには「ハイライン」と呼ばれる人員や小荷物を移送するための簡易式ロープウェイのようなものが渡されます。

 このハイラインを用いて、救助されたパイロットが人員移送用ゴンドラに乗って駆逐艦から空母に移ります。そして駆逐艦に戻されるゴンドラに、今度は銀色に輝く大きな金属製容器が載せられるのです。金属製容器のなかには、空母に戻っていったパイロットの体重分のアイスが入っており、この「甘くて冷たい救命のお礼」に駆逐艦の乗組員たちは大いに元気づけられるわけです。

 戦争の進捗にともなって、さすがのアメリカでも乳製品の不足でアイス製造が極端に縮小される状況となりましたが、それでも将兵の士気を維持するためのアイスの供給は、軍の重要事項とされていました。

関連記事(外部サイト)

×