9月も鉄道は客戻らず 運輸収入は前年比50% JR西日本

9月も鉄道は客戻らず 運輸収入は前年比50% JR西日本

JR西9月運輸収入 前年比5割

9月も鉄道は客戻らず 運輸収入は前年比50% JR西日本

山陽新幹線は利用の落ち込みが続いている(画像:photolibrary)。

厳しい状況は続いています。

 JR西日本は2020年10月6日(火)、9月の運輸実績について速報を発表しました。前年と比べた運輸取扱収入は次の通りです。

・近距離券:64.8%
・中長距離券:39.4%
・定期券:59.7%
・収入計:49.6%
※消費税含む駅などでの取扱高。旅行会社での発売分などを除く。

 また、各線区の利用状況は次の通りです。

・山陽新幹線:39%
・北陸新幹線:37%
・在来線特急:36%
・近畿圏:69%

 新型コロナウイルスの影響で鉄道利用の落ち込みが続くなか、通勤などの需要はある程度戻ってきているものの、新幹線や特急など、中長距離の移動ニーズが依然として低いことがうかがえます。

関連記事(外部サイト)

×